« コクーンシートから「ボクの四谷怪談」を見る | トップページ | 二つ目クンをよろしく »

2012.10.04

今頃「エッグ」のことを

9月19日(水) 「エッグ」 14:00~ 於・東京芸術劇場プレイハウス

(NODA・MAP 第17回公演)
作・演出/野田秀樹 音楽/椎名林檎 出演/妻夫木聡、深津絵里、仲村トオル、秋山菜津子、大倉孝二、藤井隆、野田秀樹、橋爪功ほか

 ずっと放置してたのは・・・もう1回、10月10日に見る予定があったから。しかも9月に見たのはセンターとはいえQ列、次回はG列だから、見え方も違うだろうと思って。
 でも、友人が「当日券に並ぶ余裕はないけど見たい」というので、譲ることにした。まっ、いいか、という気分。

 チラシの絵柄や、スポーツの熱狂を扱ってるという情報からイメージしてたのと、スポーツとしての「エッグ」は全く違ってた、というか、そもそも競技の名前とは思ってなかったし。

 というところから始まって、あらゆる「思い込み」に気をつけろ、というのが見終わってまず思ったこと。それは公演パンフの巻頭言(←いつもこれを読むのが楽しみ)、「知った気になっている過去」にもつながっている気がする。
 
 何重にも張り巡らされた壮大な虚構の中に身を置きつつ、展開に息をのみ、言葉をある意味楽しむ。私にとってはそんな2時間余。まあ、妻夫木・深津コンビが、それほどインパクトなかった感じで・・・。久しぶりに見た大倉さんが、やはりよいわね~

 常に「これぎり」と思って見なくちゃ、と、ちょっと反省。いや、見てるときはもちろん集中してたけど、観劇後に流しちゃったかな。

|

« コクーンシートから「ボクの四谷怪談」を見る | トップページ | 二つ目クンをよろしく »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

きびだんご様は私より絶対早くご覧になっているはず、と思っていましたが、やっぱり、でした
「知った気になっている過去」にはが~んとやられた気分です。私にとってもそれは「知った気になっている過去」ですが、「知らないと言える過去」になってしまっている世代にとっても、それは「どうでもいい過去」ではありませんよね。
私の席はきびだんご様よりもっと後ろ…U列でした。この芝居を見るにはちょっと後ろ過ぎたかな、という気がしました(言い訳かな)。

投稿: SwingingFujisan | 2012.10.06 21:48

SwingingFujisanさま
野田秀樹をあまりご覧になってないのが、少し意外でした。…なんていう私も遅れてきた野田ファンなんですけど。同世代ということもあるのか、彼が考えてることの基本部分はわかるような気がするんですよね。
もっと!を求められるのも、フロントランナーの宿命。見続けたいと思ってます。

投稿: きびだんご | 2012.10.07 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コクーンシートから「ボクの四谷怪談」を見る | トップページ | 二つ目クンをよろしく »