« 倉橋由美子が好きなので | トップページ | テレビと私 »

2012.10.26

よろよろと狂言を見に行く

10月24日(水) 「ござる乃座 47th」 19:00~ 於・国立能楽堂

舞囃子「班女」宝生和英 大鼓・亀井広忠、小鼓・鵜澤洋太郎、笛・松田弘之
狂言「「花子 行ノ形」萬斎(夫)、万作(妻)、三宅右近(太郎冠者)
--休憩--
狂言「茸」遼太(山伏)、幸雄、裕基ほか(茸)

 今回の「ござる乃座」は萬斎さんの「花子」! しかも小書が各回(含・名古屋、京都公演)違うとのことで、私が見た24日は「行ノ形」だった。あとは常(小書なし・28日の東京公演)と、「真」「草」らしい。
 28日のチケットに外れて24日に回ったんだけど、28日は仕事が入っちゃったんで、ちょうどよかったと言えるかな(結果的に土日も仕事なんだけどね)。

 とはいいながら、この日、ややこしい仕事を片付けたその足で、正直ヘトヘト状態で国立能楽堂へ行ったのでした。
 中正面4列目の右ブロック左端。ぼんやり開演を待ってたら、ひとつおいた右(すぐ隣はこの時点では空席)から「あらっ!」という声が。狂言、落語などが趣味で、大阪の落語会のスタッフでもあるYさんではありませんか。いや~、こんな近くの席だったとは。

 舞囃子の「班女」は、24日は宝生流、28日は観世流(梅若紀彰)で。能「班女」は見たことがないんだけど、シテは花子なんだね。

 ところで、宝生流の宗家・和英さんは、私の友人が彼の母親と同僚だった縁で、時々話題に出る。不幸な亡くなり方だったこともあり・・・。実際に舞台を拝見するのは初めて。意外にも童顔といいましょうか。実際まだ26、7歳くらいだと思うけど、思ってたより華奢だったし私は他の誰かと思い違いをしてたのかしらん。
 と、余計なことを考えてたのは、早くもこの舞囃子での危険があったから。大鼓&笛の鋭さは好みだったんだけど、いかんせん、舞はあんまり動きがないんだもの。謡のお声はやはり素敵、とは思ったよ。前出の友人に伝えるほどの感想がない自分が情けない。

 「花子」の「行」の演出は、装束に大きな違いがあると解説にあった。前シテは「縫箔の着付に狩衣の表着と指貫(さしぬき)の袴に翁烏帽子」で貴族的な装い。後シテは「狩衣を脱ぎ縫箔を白綾に替え笹を持って登場」し、狂乱のさまを強調するのだそう。
 その前シテの狩衣が、落ち着いた朱色で七夕飾りの笹と短冊の模様に見えた。やっと一夜、会いに行くから、よね。

 とはいえ、何年か前の万作さん(妻が萬斎さんだから今回とは逆)が、すごく記憶にありすぎたらしい。特に後シテ。それぞれの年代で演じる「花子」と言ってしまえばそれまでだけど、面白みの部分がね・・・。

 それでいうと、「茸」は萬斎さんで何回も見てるから、今回、初めてシテを演じる遼太くんだとまたゆったり見られなくて・・・。そんなふうに、ちょっと頑なだったのは、仕事疲れということで。
(28日の「茸」はシテが野村又三郎さん)

 「茸」では萬斎さんが後見を! すごく厳しい視線が飛んでたみたいに、つい思ってしまう。あと姫茸の裕基くんの着付がうまくいってなかったのか直したり、最後は全員の笠を一人でまとめて片付けたり、ご活躍(?)。あんなに後見が注目を浴びる終演もなかったでしょう。

 能楽堂から新宿駅まで、Yさんとお喋りしながら。来月の万作の会も同じ日らしいし、末広亭の余一会に行けるかなぁとか、田中哲司さんのこととか、話題は尽きなかった。こうして観劇友が増えるのは、ほんとに嬉しいことですわ。

|

« 倉橋由美子が好きなので | トップページ | テレビと私 »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

昨日でしたか→ござる。
今年の秋は先の予定が読めなくて(先行予約ってもんのすごぉく早いんですもの)、ござるも万作を観る会もとっていません。一般で、と思っているうちに逃してしまうというパターン(涙)。そっか、花子だったのかぁ。

後見の鋭い視線、目に浮かびますわ。私もついそちらばかりを見てしまいそう(^_^;

先日来ていた来年1月のはたしか申し込んだような気がする。。。。

お能や舞は撃沈してしまう←未熟者、からつぎでした。

投稿: からつぎ | 2012.10.26 07:40

からつぎさま
からつぎさまは日曜にご覧になるのかな~、などと思ってたんですが。確かに先行はものすごく早いから、躊躇しますよね。私も取れなかった日曜は一般発売で、などと思ったりしましたが、仕事を入れちゃいました!
で、来年1月のは申し込んでないんです。それこそ様子を見て、忘れずに一般発売かしら。

お能とかなかなか難関、ですよね。派手だったりなじみがあるのはまだしも、ですが。でも心地よくα波が出ればヨシ、と思いましょうよ


投稿: きびだんご | 2012.10.26 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉橋由美子が好きなので | トップページ | テレビと私 »