« 週末はこんなでした | トップページ | よろよろと狂言を見に行く »

2012.10.25

倉橋由美子が好きなので

10月25日(木) 「夜の入り口 ~村岡希美と池谷のぶえ、倉橋由美子を読む~」 19:30~ 於・新世界

(第1シーズン「大人のための残酷童話」)
出演/村岡希美、池谷のぶえ ゲストミュージシャン/鈴木光介

 最近、(ずっとアカウントだけ持ってて放置してた)ツイッターを、ひよっこながらもやっている。この企画も、ツイッターで知ったもので、そうでなければ存在すら知らないままだったと思う。

 そんなわけで、会場は六本木通り沿いのわかりやすそうな場所だし、と一人で行ってみた。あ、木曜日は7時までの仕事の日だから(残業がないとはいえない)、7時半~は賭けみたいなものだったけど、だからといって10時~の回にするのもね、と7時半~で決行。麹町から六本木はタクシーなら10分くらいだから、余裕でした。
 1階の入り口で料金とドリンク代(白ワインにした)を支払って、地下に降りる。うむむ、椅子がぎっちり。でも、ちょうどいい場所があいててラッキー!

 村岡希美さんも池谷のぶえさんも、舞台は何度も見てる。それこそ池谷さんは「浮標」では美緒の母だったし、村岡さんは・・・「楽屋」なんかが特に印象に残ってるかな。ミュージシャン鈴木さんは全く知らず。

 そうしたら、この鈴木さんがユニークな方でした。最初に登場されてトランペットを・・・あれれ? 右手はトランペットで左手はピアノですか その後、リーディングの伴奏として、ピアノのほかに、名前のわからない楽器(仏具の「りん」のような大小とか、手作りっぽいのとか、口にくわえるのとか)を駆使して、不思議な世界を作り出してた。

 今日のリーディング作品は「白雪姫」と「鏡を見た王女」。私は一時期、とても倉橋由美子にはまってたんだけど、最近はとんとご無沙汰。特に「残酷童話」は10年以上、読み返してもないと思う。そんなあわーい記憶が、お二人のリーディングで上手い具合に刺激されて、ちょっと不思議な気分。

 なんていうんだろ、お二人とも「やさしい」読み、なのね。地の文のところはあくまで自然に、台詞の部分も特に芝居がかるというわけでもなくて。だから、読んでる中身は実はブラックなのに、とても穏やかに届いて、だけどイマジネーションは広がる、というのかな。いや~、珠玉の1時間でしたわ。

 3ヶ月連続の企画なので、もちろん続けて行きますわよっ。

|

« 週末はこんなでした | トップページ | よろよろと狂言を見に行く »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末はこんなでした | トップページ | よろよろと狂言を見に行く »