« 珍しく演舞場に昼夜おりました | トップページ | 今頃「エッグ」のことを »

2012.10.03

コクーンシートから「ボクの四谷怪談」を見る

10月3日(水)「騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談」 13:00~ 於・シアターコクーン

脚本・作詞/橋本治 演出/蜷川幸雄 音楽/鈴木慶一 出演/佐藤隆太、小出恵介、勝地涼、栗山千明、三浦涼介、谷村美月、麻実れい、勝村政信ほか

 これ、チケット取らなきゃと何度も思いながら後回しにしてて・・・。松也くんが出るんだし、豪華キャスト!なのにね。それもこれも、蜷川演出とは、時に相性が悪くて、今回はなんとなーくそんな予感がしてたから。←それは外れた。
 で、初日があいてから、むぅぅ、と考えた末、コクーンシートで見ることに。得チケがあったのに失念していて、文化村のサイトで購入。

 結果として、見てる間、すっごく楽しんだ。やっぱり1階のセンターブロックで見ればよかったかな、なんて思ったりして(別に前の方じゃなくていい)。ところが、帰宅してから、ずんずん疲れていっちゃったのよ。なんか、最近にない疲れ方。別に、理解しようと頑張ったわけでもないし、変なの。まあ、騒音歌舞伎=ロックミュージカル、と銘打たれてるだけあって、いまだに耳の奥で音がぐゎんぐゎんしてる、という感じかも。

 ところで今日は、チラシの中に1枚のお知らせが挟み込まれていた。キャストのうち、新川將人さんが2日の公演中(「フィナーレ」で)に、アキレス腱断裂のケガをされて、今日から妹尾正文さんがご出演とのこと。
 舞台の左右の電掲板に、各場のタイトル(や歌詞)が出るから、終盤「フィナーレ」と出た時に、どこでそんなケガを?と思って見てしまった。確かにみなさん激しく踊ったりしてましたが。
 と、一瞬はそんなことに気が飛んだけど、なんたって金髪、Tシャツ・ジーンズで踊る松也くんをつい目で追ってしまう。

 松也くんはオープニングでの綺麗な女形と、第2幕の「顔が・・・」のお岩、それで終わりかと思ってたけど、とんでもなかったね。ちょっとムチっとしてる?と思ったけど、歌もうまいし、3時間半ほどの長丁場(の後半)を飽きさせなかった一つの要因と思う。

 あ、私がくたびれた理由には、小出恵介があるかも。言われてみれば朝ドラの竹夫だけど、竹夫は歌わないからね(爆)。私はミュージカルをほとんど見ないんで、歌がどうこうといのは基本的には気にしない・・・でも、なんかくたびれるタイプであった。

 昭和51年に書かれた戯曲だから、とうぜん当時の時代、風俗を色濃く反映していて、それをそのまま舞台に表現している。個人的にツボだったのは、(あらら誰が言ったんだっけ)「倉敷アイビースクエアから萩へ行って」という台詞。アンノン族の頃ですかしら。アイビースクエアもオープンして間もない。
 あと、出版物だったら「現在から見れば差別表現も含まれていますが云々」というエクスキューズが入りそうな台詞とか(自閉症など)。

 まあ、あれもこれも、エネルギッシュで猥雑で・・・それはいつものことと思ってもいいんだけど、「四谷怪談」という芯があった分だけ頭の中の別な部分が働いた、ということで、今日の疲れを自分なりに解釈。イヤ、単にパワーにやられたのかもね。

 

|

« 珍しく演舞場に昼夜おりました | トップページ | 今頃「エッグ」のことを »

演劇」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
すっかりご無沙汰しちゃって…。
松也クン、よかったですね!! 確かにちょっとムチっとしていましたが 初めて聞いた歌がうまいのにはびっくり。これからはミュージカルもいけるんじゃないか、なんて思いました(私も「顔が…」のお岩で終わりかぁと思っていました)。
与茂七はおっしゃるように他人を疲れさせるタイプですね。でも小出クン好きなので(えへへ)私はそういう面も含めてにやにやしてしまいました

投稿: SwingingFujisan | 2012.10.26 09:24

SwingingFujisanさま
こんばんは。お返事がおそくなりました。いつのまにか富士山がすっかり雪化粧をして、もうすぐ11月ですねぇ
松也くんはほんとミュージカルもOK?と思わせるものがありましたよね。でも、歌舞伎にもどんどん出てほしいし。
我々の年代にはちょうど懐かしい(ファッションなども含めて)感じもあり、意外と楽しめました。疲れたけど

投稿: きびだんご | 2012.10.26 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珍しく演舞場に昼夜おりました | トップページ | 今頃「エッグ」のことを »