« パブリックシアターも3階から! | トップページ | 落語の世界はもはや年末 »

2012.11.02

お江戸の顔見世、波乱の2日目

11月2日(金) 「吉例顔見世大歌舞伎 昼の部」11:00~ 於・新橋演舞場

双蝶々曲輪日記」井筒屋・難波裏・引窓 梅玉、時蔵、扇雀、竹三郎、翫雀、左團次ほか 「人情噺文七元結」菊五郎、時蔵、菊之助、團蔵、松緑、東蔵、魁春ほか

 昨夜12時近く、ツイッターで仁左衛門さんが今日から休演というのを知った。そういえば、初日を見にいらした方の感想に「なんだか声が弱々しかった」とあったっけ・・・。朝になって、昼の部、与兵衛の代役は梅玉さんと知った(夜の部、熊谷は松緑さん)。
 そんな2日目のチケットを取ってたんですわ。しかも「かぶりつき」! どうせなら夜の部の熊谷も見たかった、という気もしてるけども。

 「双蝶々」といえば「引窓」しか見たことがない。まあ、確かになんで濡髪がお尋ね者になったのか、「難波裏」わかるんだね~。でも、濡髪と放駒は「井筒屋」では争ってたのに、「難波裏」では味方になってるよ。まあいいや。

 相撲取りの濡髪=左團次がちょっと不気味な感じ(笑)なのに対して、放駒=翫雀ってば妙に輪郭と鬘が似合ってて、お人形さんのようですわ(むかーしの、ね)。小指を食いちぎるの切り落とすのと、ひゃぁぁなことも。

 それはともかく。急な代役の梅玉さん。そういえば、先月も代演でしたよね・・・。いや、危なげのない与兵衛でした。たまーに台詞のあやしいところはあったけど、それは2日目と思えば(他の人もね)全く問題ない範囲。
 かぶりつきでもあり、ついつい母親・お幸=竹三郎を見てしまう、この熱演があってこそ、「引窓」がびしっとしまったというか、代演云々は頭から飛んじゃう感じだった。見応えのある幕でした。

 そうそう、今日はなんと高校生の団体が入ってて、1階席の後ろや2階(サイドなど。他は見てない)に大勢! 開演前や幕間はどうなることかと思うくらい賑やかだったけど、お芝居に入ったら気にならなかった。せいぜい(それは高校生とは関係ないかも)、引窓でまだ定色幕が開く前にけっこう拍手があったのが珍しかったくらい。

 「文七元結」は話はわかってるはずなのに、頭の中には長兵衛じゃなくて(髪結)新三の顔が浮かんでて・・・舞台が明るくなると、菊五郎・長兵衛のマヌケ顔(失礼!)が目の前に。あー、ビックリした。

 1列目の中央にいると(花道七三の姿があまり見えないから)、長兵衛が「死ぬんじゃねえぞ」と文七に言う台詞があんまり響かないんだな・・・。でも、長兵衛のコミカルな中にしっかとある「情」の部分はたっぷり受け取ったと思う。

 落語ネタで、最近も談春「文七元結」のDVDを見た。やっぱり彼はいろいろ説明がくどすぎるな、なんて思い出したりして。やっぱ、音羽屋型(?)でいきましょう。

 せっかく顔見世でかぶりつき席でもあるし、と着物を着てみた。周囲には訪問着の大奥様(仁左衛門夫人のようなきちんとしたヘアスタイル)やら、大振りの菊の総模様の方などもいらしたけど、私は気楽な紬で。着ることに意義がある、ってことで。

|

« パブリックシアターも3階から! | トップページ | 落語の世界はもはや年末 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パブリックシアターも3階から! | トップページ | 落語の世界はもはや年末 »