« 落語の世界はもはや年末 | トップページ | 奈良みやげは「JANU」 »

2012.11.06

こんばんは、父さん zzz

11月5日(月) 「こんばんは、父さん」 19:00~ 於・世田谷パブリックシアター

 先週水曜日に3階から見て、2回目の今日は1階のちょっと前よりの右端から・・・と思って席に行ったら、右隣に人がいて、あれっ? 終演後にそこは補助席とわかったよん(お手軽椅子)。
 あ、開演前も終演後も、パンフレットや本などを売ってるところに永井愛さんがいらっしゃいました。そして帰宅してみたら、来年早々に東京芸術劇場(地下)で上演される永井愛の作・演出「片付けたい女たち」(グループる・ばる)の案内が来てた。これ、「片付けられない」女の話なんだけどね。

 いやはや。わたくし月曜日は大変だったのですわ。このところの〆切仕事に加えて、お習字があったもので、寝る間も惜しんで、泥縄の清書・・・。←自己嫌悪。
 そして無事にお習字が終わってから・・・手抜きご飯の日々を取り戻すかのように・・・キャロットタワーの展望レストランで松花堂弁当をいただきまして・・・白ワインも飲んじゃいまして・・・大変よくきいたのです

 ええ、3階からはあんなに真剣に見てたのに、あ゛~睡魔が。

 てなわけで、息子=蔵之介がスーツ姿になり、父親=平幹がアロハでゴルフ、っていう回想シーンがいずれも、う~む。我ながらガックリ。

 でも、まあ近かっただけに、親子が互いを見る視線とか、その微妙な揺らぎ、みたいなものにハッとしたり。あと、近くで見ても、溝端淳平くんはなかなかよろしゅうございましたです。彼がちょっと不安だったんだもん。
 さてキャストのうち、父親がもっと生活感あふれるというか、しょぼくれタイプだったらどうなってたかな、なんてちょっと思ってしまう。あ、でも曲がりなりにも経営者だったんだけど。平幹二朗だとハッタリで生きていけそうよ。

|

« 落語の世界はもはや年末 | トップページ | 奈良みやげは「JANU」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

そうそう、父親が、平幹じゃなくて、たとえば小日向文世あたりだったら?と思うと、また妄想が膨らみます…

投稿: 猫並 | 2012.11.08 10:26

猫並さま
ワイン1杯でいい気持ちでしたわ~。
なるほど小日向さんね!
なんか平幹の「超越っぷり」が、日が経つにつれて強烈にイメージされてしまいます。

投稿: きびだんご | 2012.11.08 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落語の世界はもはや年末 | トップページ | 奈良みやげは「JANU」 »