« タイトルにひるむけど、美しくピュアな作 | トップページ | 発掘しすぎ! »

2012.12.27

2012年は新感線で締める

12月27日(木) 「ZIPANG PUNK 五右衛門ロックⅢ」 12:30~ 於・東急シアターオーブ

作/中島かずき 演出/井上ひでのり 作詞/森雪之丞 出演/古田新太(石川五右衛門)、三浦春馬(明智心九郎)、蒼井優(猫の目お銀)、浦井健治(シャルル・ド・ボスコーニュ)、高橋由美子(春来尼)、橋本じゅん(前田慶次郎)、粟根まこと(石田三成)、高田聖子(マローネ アバンギャルド公爵夫人)、村井國夫(蜂ヶ屋善兵衛)、麿赤兒(豊臣秀吉)ほか

 今年の観劇の〆はこれ。そして初・シアターオーブ。それはいいんだけど、マチネ12時半開演って 案の定、ゴハンを食べてる暇はなかった。ぐぅぅ。

 出演者をざっと確認するくらいしか予習はせず、パンフレットも高いから買わないだよん(1500円のホリプロ「組曲虐殺」ですら買わないんですから)。でも、それで充分楽しめる。別に今までの「五右衛門ロック」「薔薇とサムライ」を見てなくても関係ないし。
 でも、始まったとたんに、最初の「五右衛門ロック」は、今はなき新宿コマで見たんだなぁ、なんてちょっと感傷的になったりした。コマ劇場って、すごく大きかったよね。シアターオーブは3階まであるから、その分キャパも大きいかも、だけど、1階席のドーンという迫力は、コマ劇場ってすごかったなぁと今更ながら思った。

 私の席は21列で、どんだけ後ろ?と思ってたけど、けっこう傾斜もあるしほぼセンターだったから見やすかった。2列前に両親と小学生くらいの子供3人の計5人で来てる人がいて、ほへー。

 私は今回主演の三浦春馬くんをほとんど知らないんだけど、おおっ、あなどっちゃいけない。歌もダンスも 何より華があるのが、ほんとスタアさんですわ。勿論、王子さまの浦井健治くんもね(また宝塚やってました)。

 がっ 今回、特に注目したのは麿赤兒さんなんですの。今まで全然見たことなくて(少なくとも意識して見たことはなかった。舞台は見てないと思うけど)、いや~、さすが太閤秀吉!な存在感。なんかねー、舞台の空気が変わる感じよ。

 ストーリーもほんとよくできてるし(おふざけガクッ、なところも含めて)、音楽に乗り、ほくほくと楽しい時間だった。ま、個人的には、セリフとして「豊臣政権」なんていうタームはどうなんだ、とか重箱の隅で受けてたりしたかな。
 蒼井優ちゃんも動ける子なんだね・・・キンキン声がちょっとなぁ、ではあったけど。こんな彼女を見られたのもよかった。

 というわけで、期待通りの「五右衛門ロック」。そういえば昨日見た井上芳雄くんと今日の浦井健治くんで「二都物語」なんだよね・・・きっと行くね

|

« タイトルにひるむけど、美しくピュアな作 | トップページ | 発掘しすぎ! »

演劇」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
楽しかったですね!!
私はチケットを買った当初は出演者とか頭に入っていたのに、ここのところの多忙ですっかりそれが飛んでいて(新感線のメンバー以外は娘の好きな春馬クンのことしか頭になかった)、浦井クンが出てきたときさえびっくりしました。いやあ、ステキでしたわ~
麿さん、よかったですねえ!! ほんと、舞台の空気が変わりました。

座席は前の5列が取り外されていて、6列目が最前列でした。

投稿: SwingingFujisan | 2012.12.27 22:38

SwingingFujisanさま
おはようございます(時間的にはこんにちは、ですが、まだ起きてから2時間もたってないの 観劇疲れかしらん。えへへ)
いや~、ほんと楽しかったです。毎年末はこういうので締めたい、と思うくらい。アレやらコレやら、ぷーっと吹き飛んでしまう感じ。
今回は春馬&優ちゃんがメイン・ゲストですが、浦井くんもとっても楽しそうにコミカルにやってましたね。新感線メンバーか、ってくらいのノリ!

劇場の探検は全然してないんですが、6列が最前列でしたか ホワイエなど余裕がある空間ていうのはいいですね。

投稿: きびだんご | 2012.12.28 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイトルにひるむけど、美しくピュアな作 | トップページ | 発掘しすぎ! »