« 発掘しすぎ! | トップページ | 2012年をささっと振り返る »

2012.12.30

2012年の観劇をささっと振り返る【演劇編】

12月30日(日)

 今日は日曜だけど郵便が来てた・・・年賀状はまだ1枚も書いてない。もはや諦めの境地。
 仕事に飽きると、自分のブログをざーっと見て行ってたんだけど(何を見たか、というくらい)、そうかあれも今年だったか、という感じで、はるか昔のような気もする。

 そんな中で、今も印象に残っている舞台を数えると、ちょうど10前後になった。意外なことに(全く考えもしなかった)長塚圭史の演出作品が3つ

十一ぴきのネコ南部高速道路浮標
井上ひさし、三好十郎という、すぐれた劇作家の脚本に、きわめて現代的な感性を注ぎ込んで、「今」おもしろい芝居だった。南部高速道路はフリオ・コルタサルの原作から、手法としても印象に残る。

 というわけで、なんだか長塚圭史イヤーだったかのような趣。

 井上ひさし77フェスティバルの中から、
☆(十一ぴきのネコ)、藪原検校組曲虐殺
フェスティバルというかたちで連続して上演してくれたおかげで、数々の作品に出合えたことに感謝。大きな物語世界にぐぐっと引き込まれるダイナミックさを堪能した。

ほかには上演順に
THE BEE(英/日)
叔母との旅
るつぼ
五右衛門ロックⅢ
あたりだろうか。なんか忘れてる気もするけど、そもそも思いつきで挙げてみただけだからな。あ、思い出した。
リチャード三世(新しい感じがした)
次点として☆4 four

 その他、「朗読劇」の類が増えているのは、気のせいじゃないよね。「宮沢賢治を読む」もあった。そうそう今年は宮沢賢治に接近した年で、ほかにも渡辺えりの作や映画「グスコーブドリの伝記」を見て、新花巻にも行ったんでした。

*半年ごとくらいに振り返らないと、どうしても後半に見たものの印象が強くなってしまう。

|

« 発掘しすぎ! | トップページ | 2012年をささっと振り返る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま
あけましておめでとうございます。

やや、ちゃんと2012年の観劇総括されているではありませんか(笑)。
「十一ぴきのネコ」も「浮標」もほんとによかったなー、と、きびだんごさまのアップを拝見して改めてmy bestの中に入れなかったことを悔いました。
蜷川さんのハードワークぶりをいつも感心しているのですが、こうして見ると長塚さんも働きましたね~。ま、若いからいいか(爆)。

昨年は長年の(?)念願かなってきびだんごさまとお目にかかり、たくさんお話できてうれしかったです。
今年もぜひそのような機会に恵まれますように。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

投稿: スキップ | 2013.01.01 17:44

スキップさま
あけましておめでとうございます。
新年早々お出ましいただき恐縮です
いっや~、私の総括は文字通り「ささっと」ですから、今年こそちゃんとしたいな、とスキップさまの総括を読んで強く思った次第で・・・でも何本見たかとか、私は全く数えて(考えても)ないし、まあちょぼちょぼやっていきます。それよりも、日々の観劇記をもうちょっとなんとかしたいと、年頭にあたって決意しておる次第にございます。エッヘン
観劇で毎日のエネルギーを充電して、それだけじゃなくて、観劇から生まれる「つながり」から、心もホワホワする・・・考えただけで幸せになります。今年もどうぞよろしくお願いします

投稿: きびだんご | 2013.01.01 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発掘しすぎ! | トップページ | 2012年をささっと振り返る »