« ついにテレビ&ブルーレイ購入 | トップページ | 大阪の落語会スタッフと旧交をあたためる »

2012.12.12

私も「と」だなぁ(はて何のこと)

12月12日(水) 「お米とお豆腐」 19:00~ 於・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

口上トーク(上手から:千五郎、七五三、あきら、雀松、小佐田定雄)、雀松・へっつい幽霊、狂言「長光」千五郎(男)、七五三(すっぱ)、あきら(目代)--休憩--落言「あやかし

 去年(まで)は江東区文化センターで開催されてたこの会、なんで渋谷に、と思ったら工事で使えないからだそうで。おかげで私は近かったけども。

 さて、へんてこタイトルのココロは・・・口上トークで小佐田さんがおっしゃる「お米とお豆腐」の説明。「お米」は米朝一門の落語家・雀松さん、「お豆腐」は、お豆腐狂言の茂山家、そして私は「と」です。
 今日の私は、お豆腐狂言のファンと並んで座り(チケットもお願いしました)、大阪の雀松ファンと会が始まるまでお喋り。お米でもお豆腐でもなくて、私は「と」だなぁ、ってわけ。

 何年も続いている会だと思うけど、私が拝見するのは去年に続いて2回目。いや~、奇想天外はじけっぷりも楽しくて、また来年も行かなくちゃ、と思ってしまうよ。

 口上トークでは、来年、雀松さんが上方の大名跡・桂文之助を襲名されることが紹介され、「お豆腐」チームに襲名の話題がふられた。狂言の場合、親の名前を襲名することからくるグダグダ(笑)などが語られたけど、最後に、千五郎さんが「襲名の襲は、襲撃の襲」とおっしゃったのが、妙にツボでした。なんで皆さん、あんなにおもしろいのかしらん。

 雀松さんの落語「へっつい幽霊」は、上方の人で聞くのは初めて。へっついを運んで行く途中で、ぶつけて、中からお金の包みが出てくる、というところあたりから、ちょっとずつ違いが出てきた感じ。上方落語らしく、鳴り物も入って楽しかった。

 狂言「長光」は、たぶん初めてだと思う。例の如く、すっぱが出てくるんだけど、どうもこのすっぱが頼りないというか・・・。そんなふにゃっとした雰囲気(笑)が、とてもお豆腐チームに似合うのね。

 そして「落言」の「あやかし」! なんとまあ、まずは雀松さんが「あやかし」を。世の中が明るくなって住みにくくなったと嘆く「ぬらりひょん」たち。その山にトレッキングにやってきて迷った男(サラリーマン)と、妻、霊能者のどたばた。この最初に出てくる男が、眼鏡に帽子で、肩衣ナシというスタイルだからまずそれで笑ってしまう。
 遅れて登場の女房は、とうぜん「わわしい女」で、男の行く手を邪魔する「ぬりかべ」をくすぐる、「大足」をひっかく!

 そして霊能者(と名乗る)の呪文は「てくまくまやこん」。あらら~。

 あやかしたちも(女房のパワーゆえだな)退散して・・・おやまぁ、人間と思ったら、みんなしっぽが。

 最後はその出で立ち(耳もあり)のまま、お見送り。なんてサービス精神満点な方たちでしょう。
 明日からしばらく、仕事仕事の日々に突入するけど、その前にいい時間が持てて何よりでした。

|

« ついにテレビ&ブルーレイ購入 | トップページ | 大阪の落語会スタッフと旧交をあたためる »

能・狂言」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

私も、そういわれるまで「襲名の襲は、襲撃の襲」だなんて考えたこともなかったです。そうか、親の名前を襲うのか。襲って食う?襲って踏み越える?襲って…なんだか深いですね(爆)
雀松さんの襲名、俄然興味がわいてきたので、東京公演に縁があったら(日程があったら!)行ってみたいと思っています。

投稿: 猫並 | 2012.12.13 23:15

猫並さま
おはようございます。昨夜は午前サマでして(日本橋劇場で落語を聞いて、人形町1丁目の居酒屋に11時まで)、お返事がおそくなりました。
襲名のことを言うのに、普通は「襲撃」なんて言葉は遣いませんよね・・・あ、また笑えてきた
雀松改メ文之助、襲名披露の日程が合えば、ぜひご一緒しましょう。ああいう可愛げがあって負担にならない(爆)噺、大好きです。

投稿: きびだんご | 2012.12.14 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついにテレビ&ブルーレイ購入 | トップページ | 大阪の落語会スタッフと旧交をあたためる »