« スマホでニコ生を見た | トップページ | 歌あり踊りあり、の観劇 »

2013.01.18

俳優&ダンサー、4人の舞台

1月18日(金) 「音のいない世界で」 19:30~ 於・新国立劇場 小劇場

作・演出/長塚圭史 出演/近藤良平(泥棒兄、おばあさん、羊、棒のおとこ フクロウ)、首藤康之(旦那さん、おじいさん)、長塚圭史(泥棒弟、穴掘るひと、カンの国の兵士)、松たか子(セイ、羊飼い、ゲンの国の兵士)

 私にとっては、すんごく魅力的なキャスト。お芝居の内容など全く?な段階から、見に行くことは決めていた。そして、3公演通し券だったので、ずいぶん昔に購入。この日にしたことはやや後悔もしたのでした。そして、えっ?子供も楽しめる・・・って、子供向けというわけじゃないよね。

 タイトルには、俳優&ダンサーとしたけれど、近藤さん、首藤さんともに、役者としてもご活躍だから、そんなふうに分ける必然性はない。でも、舞台で時にクルリっと回転したり、片鱗はみせてくれる、ということで。

 最初に、素の長塚さんと近藤さんが登場して、こんばんは。お寒い中をようこそ、などと挨拶するのは、「浮標」の時とちょっと似てるかな。まず、貧しい夫婦(セイと旦那さん)のシーンから。盆がぐるっと回ると、家の中と外になるのが面白い。それだけじゃなくて今回は、けっこうぐるぐると回ってましたね-。

 貧しい夫婦の楽しみは、鞄の中に仕込まれたレコードプレーヤーで音楽を聴くこと。疲れた奥さんがうたた寝をしている間に、旦那さんがなけなしのへそくりをはたいてレコードを買いに行くのだけれど、そこに泥棒兄弟がやってきてプレーヤー鞄を盗んでしまう。

 そこから、いろんな旅が始まる。んだけれども、べつにプレーヤーを捜しているわけではない。だって、もうそこに存在しないから、レコードだって何に使うのかわからなくなってる。まとまった(連続する)ストーリーも登場人物もない。ただあちこちで、8分音符やら巨大リコーダー(でも何なのかわからない)やら、音楽に関係するものは現われる。

 ・・・とまあ、思いっきりファンタジーなわけですが。そして、一つ一つのシチュエーションが短いのは、子供を意識しているからだよね。だから、といっていいのか、ついあちこちに出てくる音符や楽器が、最後にまとまるのかと思っちゃうと肩すかし。そういうストーリー世界を旅していた、というわけ。

 それほど言葉も多くなくて、音楽もなくて、俳優の動きや足音なんかから感じる舞台に思えた。だけど、最後に「音のいない」夜があけて、歌われる歌が素敵。松たか子のソロで、透明感のある歌声を聞くと、他の役者さんじゃダメよね、と思ってしまう。首藤さんの甘い声も素敵でしたよ。

 上演時間は90分弱くらいだけど、私もたっぷり旅した気分。近藤さんの羊が、可愛くリアル(←お面)で不気味だったなー。

|

« スマホでニコ生を見た | トップページ | 歌あり踊りあり、の観劇 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

近藤・羊、ツボでした…
羊のランニング込みでツボでした(爆)

投稿: 猫並 | 2013.01.19 09:22

猫並さま
うふふっ、あの羊を思い出すだけで朝からニマニマしてしまいます。
立ち姿(なよっ)とか、お酒を飲む時に素顔をさらすシーンとか。細かいところも面白かったですよね。

投稿: きびだんご | 2013.01.19 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマホでニコ生を見た | トップページ | 歌あり踊りあり、の観劇 »