« 俳優&ダンサー、4人の舞台 | トップページ | 蜷川らしさが炸裂(!?) »

2013.01.20

歌あり踊りあり、の観劇

1月20日(日)

 1月18日(金)「音のいない世界で」から、どうやら4連続観劇になりそうな気配。もともと19、20日は何も予定を入れてなかったのに・・・。まとまった感想はちょっと書けそうにないので(月曜は書の稽古日で、課題書きに追われてる)、おおまかに。

「音のいない世界で」ダンサー2人出演、首藤さんは東京バレエ団出身

19日(土) 「ベジャール・ガラ」@東京文化会館(東京バレエ団)。お誘いがあって行ってきた。小林十市「中国の不思議な役人」を見たくて。文化会館でバレエ、って、ちょっといつもと違う気分を味わう。

20日(日) 「五右衛門ロック」@東急シアター・オーブ。友人から回ってきたB席チケット。3階4列から。昔の歌舞伎座・幕見席を思い出すような高さ・・・もっとかなぁ。年末に1階から見た時とはまた違う風景が見えて楽しかった。

21日(月) 「祈りと怪物」@シアターコクーン(予定)。6時半開演だけど、4時間20分というのはホントですか。そもそも発券してないんだけど、確か21日だったよな

|

« 俳優&ダンサー、4人の舞台 | トップページ | 蜷川らしさが炸裂(!?) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俳優&ダンサー、4人の舞台 | トップページ | 蜷川らしさが炸裂(!?) »