« 文楽で、お三輪ちゃんの予習をする | トップページ | 再演・萬斎版のマクベス »

2013.02.24

映画で予習、ができなかった!

2月24日(日) 「発情ジュリアス・シーザー」 14:00~ 於・青山円形劇場

(柿喰う客 女体シェイクスピア003)
原作/W・シェイクスピア 脚色・演出/中屋敷法仁 出演/荻野友里(カルパーニア)、川上ジュリア(ジュリアス・シーザー)、七味まゆ味(アントニー)、深谷由梨香(ブルータス)ほか

 ちょうど今、銀座で「塀の中のジュリアス・シーザー」を上映していて、先にそちらを見たかったのだけれど、行けなかった・・・残念。というのも、シェイクスピアの中では、このあたりの話はちょっと苦手というか、頭に入らないんで。

 でもまあ、そういう知識ナシに見るのも面白い、ということにしよう。今回の女体シェイクスピアは、円形劇場での公演である。また趣が違うでしょうねぇ。そうそう、チラシの類では、なぜか袴姿なんですけど・・・? えっ、どんな話やねん。

Julius_02

 円形劇場だから、2方向に通路が伸びていて、真ん中は円形。セットの類はほとんどなくてシンプルだし、演出上も意外に普通な台詞劇っぽかったな。ただ、最初の市民たちのシーンが、台詞的に(発声かな)こなれてないというか・・・やっぱり始まりは大事なんだなーと思った次第。だから、その後、深谷さん、七味さんたちが出てくると、こうでなくっちゃ、と思ってしまった。

 でも、その後はほかの若手の人たちも健闘していて、キリリとした感じがいいな、なんて思ってた。そう、姿からもまさに幕末の志士ふう、なんですわ。

 【紀元前ローマの事件をもとに、16世紀のイギリス人が生み出した作品を、19世紀日本の風俗を使って、21世紀の日本で上演する】ということのようです。歴史劇というよりは「政治劇」に主眼を置いている。だから円形劇場のような「(後ろからも見る)目」が必要だったらしい。

 前作の「絶頂マクベス」があまりにも「女体」にはまってしまったので、そうではない部分(女性は重要な役では登場しない)から、「ジュリアス・シーザー」が選ばれたんだね。常に攻め、ですわ。今しばらく見守ることにいたしましょう。

 劇場で、柿喰う客の2013年版カレンダー購入。もはや不要の1月は、一部で好評だった(いや違う)年賀状のメデューサのように、頭に・・・

|

« 文楽で、お三輪ちゃんの予習をする | トップページ | 再演・萬斎版のマクベス »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文楽で、お三輪ちゃんの予習をする | トップページ | 再演・萬斎版のマクベス »