« 文藝春秋4月号 | トップページ | 嵐とともに、新・歌舞伎座デビュー »

2013.04.01

お芝居見てたら頭痛が治った

4月1日(月) 「趣味の部屋」 19:00~ 於・パルコ劇場

脚本/古沢良太 演出/行定勲 出演/中井貴一、戸次重幸、原幹恵、川平慈英、白井晃

 きのうは、書道の社中の親睦会。いつもは1月に新年会をしてたんだけど、雪で交通機関が乱れたりするから、3月に。しかーし、とても寒い日だったなぁ。私の行ってる教室が今年の当番で、10時半にホテルオークラ集合。「遅刻しないように」なんて言われて、朝が苦手な私はプレッシャー!

 会場係をなんとなーくこなして、中華のコースをたらふく食べて、夕方帰宅。そこからは今日の稽古で見て貰うための作品書き。朝起きたら、さすがに頭イタイ・・・。めったに頭痛なんて起こさないんだけども。風邪の引きかけかしらん、とか、5時くらいに六本木の教室を出るまでは、そんな感じ。うーむ、なんで今日のチケットなんだ、と思ってた。

 しかーし。見始めたら面白くて!! 何か少しでも書くとネタばれになりそうだから、思い出しながらウフフ、とのみ。

 脚本の古沢さんは、たまたま昨日の「情熱大陸」ご出演だったのよね。私はとにかくあせって書いてたんで、見てないけども。でも、「相棒」シリーズにもかいてらっしゃったり、お名前は伺ってます、というところ。

 いや~、いろいろとあっと驚く展開の連続だし、男の子世界(というには年とりすぎか)に、若い女の子が混じるのもいい感じ。笑ったり、拍手が起きたり、シーンとなったり。

 このチケットは生協でちょっとだけ安く買ったもの。まあパルコ劇場だから席はどこでもいいや、くらいで。M列センターだったけど、見やすいし(特に誰かを近くで見たいというのでもなかったし)、満足ですわ。

 そんなわけで、見終わってみれば、あ~ら不思議、頭痛も風邪気味?もどこかへふっとんでました。
 まだまだ、書&仕事のきびしい日々が続くんだけど、がんばる~

*追記 開演すると、舞台面が額縁のように白い枠になってて、今ドキの横長TV画面に向かうような感覚を持った。最初だけ、あらっと思ったけど、すぐにそのことは忘れてた。

|

« 文藝春秋4月号 | トップページ | 嵐とともに、新・歌舞伎座デビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

今日見てきました!
面白かったですねー
私もどんよりした気分がすっきり晴れました。
劇場に着いた時は土砂降りで、はねて出てきたら夕焼け。
気分そのまんまでビックリしたくらいです。
ワタクシ的一押しは白井晃のコスプレですっ

投稿: 猫並 | 2013.04.03 21:32

猫並さま
まっ、私は今日、歌舞伎座の第2部、雨(嵐?)に降られて、チェッだったんですが。でも、同じくすっかり堪能・満足して外へ出たら、晴れてて、4丁目交差点までウフフって感じで歩いてました。やっぱり、いいお芝居を見ると幸せな気分になれます

白井晃、すごくよかったですね。彼のコスプレのネタが私にはさっぱりでしたが、見てるだけでも楽しかったです。川平慈英は舞台では初めて見ました。意外と身長がないんでビックリ。テレビだとちょっと暑苦しいけど、舞台なら、などと思ってました。

投稿: きびだんご | 2013.04.03 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文藝春秋4月号 | トップページ | 嵐とともに、新・歌舞伎座デビュー »