« アラフォー女を演じる彼ら | トップページ | 新緑の都立府中の森公園にて »

2013.04.30

両国・回向院から隅田川へ

4月29日(月・祝)

 月1ペースくらいで、観劇などで集っている友人たち。フルメンバーは5人だけど、なかなか全員では集まれない日々が続いた。今回は久しぶりに会えそうなので・・・観劇ではなく散歩しようか!

 そもそも我々の出会いのきっかけが、西麻布時代の「衣裳らくや」なので、人形町らくやを目指して、両国から歩くことにする。このあたりの地理に詳しい知人のアドバイスを得て、いざ(でも、「両国から人形町って歩けるの?」という人ばかりなんである)。
 当初予定では旧安田庭園から回向院、というつもりだったけど、両国駅前でさかんに「善光寺出開帳」のPRをしていたので、直接、回向院へ。

 回向院周辺(から日本橋)は、その昔、落語友メンバーで歩いたことがあって、なつかしい。今は(4/27~5/19)善光寺出開帳のため、参拝料1000円が必要だけど、収益は東日本大震災の被災地支援に充てられるとのこと。あ、せっかくだから、お戒壇めぐりもやってみたよ。

 出開帳仏のほかに善光寺所蔵の文化財や、被災地・陸前高田ゆかりの菩薩像など、思った以上にたっぷり。そのほか、回向院所蔵の浮世絵展も。 

 メンバーの一人が昨年末にご主人を亡くされたのだけど、たまたま、(病気がわかってから)夫婦で善光寺にお参りして、「子供もいないし、ここに納骨して!(宗派を問わない)」という話になっていたのだそう。私たちはもちろんそんな話は知らないし、両国で集まったのも出開帳も偶然だったから、ほんとに驚いた。彼女が元気にやっていくのを、ご主人も見守ってるよね。

 回向院から(以前は吉良邸跡、花火資料館などを見たり、相撲部屋の前で写真撮ったな、などと思いつつも)、両国橋へまっすぐ。そこを渡ってから隅田川テラスにおりて、の~んびり散策。実は紫外線は強かったかもしれないけど、ほんと散歩にピッタリの日だった。川べりの風も気持ちいい。

 そして知人からの指令通り(笑)、高速道路をくぐったあたりで上にあがって、浜町公園。喉がかわいた~(でもお店はなさそう)、と叫んでいたら、ぐうぜんにもそこにカフェが。5人そろってビールとはこれいかに。えっ水天宮がこんなところに・・・話には聞いてたけども。5人のうち2人のみ、お参り(笑)。うちは水天宮の前に出雲大社だな。

 甘酒横丁をぷらぷらしつつ(鯛焼き屋さんは閉まってた)、衣裳らくやへ。店主の石田さんにも久々お目にかかれてよかった。銀座から移転して、なかなか足が向かないのが正直なところだけど(買うものもないし)、銀座時代よりも落ち着いていて好きだなぁ。くのやにいらしたという男性がスタッフに加わってた。

 〆は「和膳いい田」で。日曜祝日も営業してるなんて、嬉しいぞ。
 今度は日本酒でして、鶴齢、七田、いずみ橋を。あ~、楽しかった。

|

« アラフォー女を演じる彼ら | トップページ | 新緑の都立府中の森公園にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お、ウチも行く予定なんです、回向院。
老母がどこかの情報番組で、善光寺の出開張を見たらしく、行きたいと。で、連休後半の晴れた日に行きましょうって、口約束だけしてるとこ。ウチからだとホントに歩いて行くので、老母がどれくらい元気でどれくらいモチベーションが有るかにかかってるんですが。
そうですか、千円ですか、善光寺もやるなー
あそこは鼠小僧や力士塚が有名ですが、ケモノの回向がいっぱいあって、ペットの卒塔婆もたくさんですよね。ワタクシ的にツボだったのは、義太夫のお墓…に並んでいる、義太夫協会が立てたという猫の供養塚。義太夫協会が猫の供養。シュールだー

投稿: 猫並 | 2013.04.30 23:43

猫並さま
猫並さんだったら、お天気のいい日を選んで、ノンビリ散歩がてら行けますね。いいないいな。川沿いの道にはわりとワイルドに花が咲いてたりするのも楽しかったです。
両国駅の改札を出たら、出開帳を案内してる人がいて、拝観券を買うよう誘導されたり、しっかりしてる~。ちなみにお戒壇めぐりはプラス500円でした。ついね、せっかくだからと。これはほんとに寄付だったな。

私は週刊誌の広告で、出開帳のことは知ってたんですが、ポスターを見たら、関連行事として能などがあり、観世宗家や猿之助が出演するのを知ってビックリ。でも、ちょうどシアターXがくっついてるから、やりやすいですね。

今回は両国~浜町でしたが、もっと長距離を散歩したーい。

投稿: きびだんご | 2013.05.01 00:04

こんにちは。

「らくやつながり」でしたかぁ!

あいもかわらず一言書き逃げのからつぎでした@昨日はシネマ歌舞伎「研辰の討たれ」を見てきました

投稿: からつぎ | 2013.05.01 13:15

からつぎさま
そうなんです!! 西麻布時代のね。年齢幅は15、6あるし、いろいろ違うんですが、気楽な仲間なのです。私は月末に結城ツアーに行く予定です。

シネマ歌舞伎、研辰♪ 面白いけど悲しくもなりますよね。

投稿: きびだんご | 2013.05.01 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラフォー女を演じる彼ら | トップページ | 新緑の都立府中の森公園にて »