« お芝居見てたら頭痛が治った | トップページ | 雑誌などの歌舞伎記事 »

2013.04.04

嵐とともに、新・歌舞伎座デビュー

4月3日(水) 「杮葺落四月大歌舞伎 第二部」 14:40~ 歌舞伎座

弁天娘女男白浪」浜松屋見世先の場より滑川土橋の場まで 菊五郎、左團次、時蔵、三津五郎、幸四郎、吉右衛門ほか 「忍夜恋曲者 将門」玉三郎、松緑

 いよいよ5代目、新・歌舞伎座開場。初日は仕事の都合で無理だったので、まず2日めの第二部から。こけら落としの3ヶ月、3部制。毎月、どの回かを1等で見て後は3階からだな、という感じなので、とりあえず第二部のみ音羽会にお願いした。
 第3希望くらいまで書くようにとか、それでも取れない場合もあるとか、おどされてたけど、まあ平日だし希望通り。もらった席は、7列花横で、白浪五人男の花道勢揃いの時、ちょうど吉右衛門=日本駄右衛門の真横あたりでした。
 さすがに見やすくてよかったんだけど、私の前の列、真ん前じゃなくその右2人が大きかったので、弁天小僧の見顕しからの名台詞のところ、ちょっと首を左右にして見たのでした。チビッコ用座布団が欲しい(爆)。

 「弁天小僧」は文句なしに楽しくて、なーんにも難しいこと考えずにひたすら目の前のことを受け止める。浜松屋の番頭・橘太郎はじめ、みーんなもう安心して見てられるというか、他の人は考えられないくらい。悪次郎が市蔵さんなのね、と思ったくらいかな、あと、鳶頭が貫禄の幸四郎。若いね~。

 菊五郎の屋根の上の立ち回り、ブログでしのぶちゃんが心配してたけど、全く大丈夫。でも、長丁場だから、お気をつけください。

 日本駄右衛門は、本来は團十郎だったんだな~、とは思った。あと青砥左衛門(梅玉)は、富十郎の記憶がみょうに強くて、その時ばかりは「ああ」と思ったのだった。でも初めて見た吉右衛門・駄右衛門に、すんごい大きさを感じて、だったし、梅玉にしても、ああいう場で出てくる存在感を実感した。

 「将門」は、久しぶりに見る玉三郎。私は松緑との組み合わせ(ルテアトル銀座?など)をほとんど見てないんだけど、これまでも相手役を勤めてきただけのことはあるな、と思った。滝夜叉姫が本性を現わしてからの、空気がギュッとなった気がして、しびれましたわ。

 幕間にとりあえず2階3階も見て回ったけど、いかんせん人が多くて、舞台を見る分には元気いっぱいだったけど、人酔いしそうでした。

 私が家を出た昼過ぎには雨がじゃんじゃん降って不穏だったけど(都心あたりはさらにひどかったの?←テレビ)、終演の時にはすっかり上がってた。なんかだよぉ、という気持ちも でも、帰宅して見上げた夜空には、いつもよりもたくさん星が見えて、私の歌舞伎座初日を祝ってくれてるみたいだった。

|

« お芝居見てたら頭痛が治った | トップページ | 雑誌などの歌舞伎記事 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

新・歌舞伎座デビュー!おめでとうございます
初日の夜のTVで勧進帳の吉右衛門さんなどを見ていました。
杮葺落公演は1年間続くそうですね。
その内に遠征のついでに行けたらなぁ、と思っていますが、何時になるやら~

「弁天娘女男白浪」、松竹座の菊五郎さんと團十郎さんの舞台を思い出します。
見ることが出来て良かった、と改めて感慨にふけっています。

投稿: SS | 2013.04.05 10:55

SSさま
ついに!です。そういえば、さよなら公演の仁左さまを見にいらしたのよね。
建て替えの間、團菊祭が大阪であったのは、いろんな意味でよかったな、と思います。おかげで私も大阪とますます仲良くなったし。でもね、まさか・・・。
あ、菊五郎の弁天小僧、松竹座より若く見えましたよ
またゆっくり来てください。私も

投稿: きびだんご | 2013.04.05 21:56

都心アタリはひどかったんですよ、雨。
私は駅が谷底の渋谷にいたので、もしも帰りに電車が止まってたら、ここからタクシーはちょっと躊躇するなーと怯えてました。だから夕方晴れて、とーっても嬉しくなりました(笑)
菊五郎の弁天、今回は、できれば毎日見たいくらいですねー

投稿: 猫並 | 2013.04.05 23:28

猫並さま
私なんか電車止まったら、タクシーで帰るよりホテルに泊まった方が安いですよ、きっと。あ~、もうちょっと都心に住みたい(また言ってる)。ニュースでは「港区」とあって、ほんとに吹き飛ばされそうで木にしがみついてる人などが映ってて驚きました

GW前でもあり、プラスして見に行ける日あまりがないんですが、でもweb松竹をせっせとチェックしそうです。そこに1等が出てたらポチッとしそうで、それはそれで恐ろしい

投稿: きびだんご | 2013.04.05 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お芝居見てたら頭痛が治った | トップページ | 雑誌などの歌舞伎記事 »