« まったり観劇には最適かも | トップページ | 皐月恒例、落語集2夜 »

2013.05.13

夢のような「二人道成寺」

5月12日(日) 「杮葺落五月大歌舞伎」第3部 18:00~

梶原平三誉石切」吉右衛門(梶原)、芝雀(梢)、又五郎(俣野)、歌六(六郎太夫)、菊五郎(大庭) 「京鹿子娘二人道成寺」玉三郎、菊之助、團蔵、権十郎ほか

 今月の歌舞伎はコレ!「二人道成寺」、ということで、1等をフンパツ。友人2人の分は音羽会にお願いして、自分の分はweb松竹で(音羽会に3枚も頼んで、取ってもらえるのか不安だったので)。結果的には、自分で取った席の方がよかったよぉ。(私は4列から見た)

 6時開演だから、その前に銀座松屋に入ってるお蕎麦屋さんでビールとつまみとせいろ。白えびの唐揚げがとても美味しかった。歌舞伎座の30分の幕間には、食べたりしないで、内部を探検しなくちゃね。

 「石切梶原」は、今までこんな前の方の席で見たことはなかった気がする。最後に向かうにつれ、ほんとーに吉右衛門が気持ちよさそうに悠々と。そして、菊パパが大庭なものだから、ものすごく注目してしまった。なんか胆のわからない手強そうな人に見えた。歌六、芝雀の親子は、いつも好きなんだな~。

 でもでもメインは「二人道成寺」ですわ もうずーっと目が釘付け状態。玉三郎の余裕の表情やしなやかな身体の動きは、なんといったらいいのでしょう。妖しさも充分。菊之助は対照的に、固いというか初々しいというのか。そのバランスも興味深かった。二人が醸し出すちょっとドキッとするような雰囲気も

 ・・・でも、正直、玉三郎圧巻、という感じ。とはいいながら、ここで1ヶ月演じ続けることは、菊ちゃんにとってもまた大きなステップになるに違いない。

 所化さんたちは若手のお坊ちゃま方が。舞づくしは米吉くんだったのかなぁ(近くから見てるのにこの自信のなさはなんなんだ)。母の日だったから、「今日は母の日、愚僧も母に感謝をせねばなりますまい」とかいうのが入った。

 しかーし、坊ちゃんズの中の隼人くん。鬘や化粧をしない顔が一番カッコイイと思うんですけど。女形もブブブーだったけど、所化はさらに ま、立ち役が素敵になればそれでいいか。

 そんなこんなで、夢のような「二人道成寺」でした。このポワンポワンをしずめるべく、またしてもビール飲んで語り合って、楽しい日曜日となりました。

|

« まったり観劇には最適かも | トップページ | 皐月恒例、落語集2夜 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

ホントに夢心地の時間でした。

以前は玉さまと菊ちゃんのレベルの違いを感じていましたが、今回は互角と言っても良い程の(贔屓目かしら)菊ちゃんの進化を嬉しく拝見しました。
玉さまの柔らかさと菊ちゃんの丁寧さ、どちらも

もしかしたら玉さまと菊ちゃんの二人道成寺はこれが見納めかもしれないとの予感がして、禁断の一等戻りチケに手を出してしまいました。
初日は2階1列目で全体を見渡せたので、今週末に1階3列目からじっくりと観てきま~す。

投稿: 尚花 | 2013.05.13 23:59

尚花さま
いや~、魅了されましたね。
みんなで、今夜眠れないかも、なんて言ってました。
そう、菊ちゃんは前回より(素人目にも)ずいぶんよかったと思うんですが、それでも玉さまときたら、という感じ。菊ちゃん、以前は鈴太鼓の時かしら、歩き方が綺麗じゃないと思ったんですが、それも気にならなかったし。
尚花さん、1等リピートですか あぁ、私も誘惑に負けそう。

投稿: きびだんご | 2013.05.14 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まったり観劇には最適かも | トップページ | 皐月恒例、落語集2夜 »