« やっぱり音羽屋が好きだなー | トップページ | 大震災後を描いたミュージカル »

2013.06.08

ちょっと5世紀あたりへ行ってます!

 週末はお仕事お仕事。机の上には、古事記、日本書紀、日本史史料(1)、延喜式(国史大系)、歴代天皇・年号事典、日本史辞典(角川)あたりが、大展開中。ついね~、ムキになってしまいがちなの。
 我が家が片付かない元凶の、大量の書籍を呪ってばかりいるけど、たまには役にたつこともある。・・・でもそれは、1年365日のうち10日くらいのものかな。

 というわけで、昨日見に行った歌舞伎座第1部の感想はお預け。

 が、「鞘当」の時、久しぶりに乳児の声を聞いた。あの赤ちゃん独特のむにゃむにゃ声ね。私は3階7列で、なんとなく3階の前の方から聞こえた気がしたのに、たぶん幕見席だったもよう。「鞘当」の途中から聞こえなくなったから、いなくなったのかな。以前の歌舞伎座より、声が響くんじゃないの??

 つい、歌舞伎座でもコドモを預けられるようになったよね、とか余計なことを考えてしまい、赤ちゃんが泣いたとかってわけじゃないのに気が散ったな~。心が狭いんです!

 その後、「俊寛」の時には、同じ3階の右手で携帯電話が鳴りましたですよ。ちょうど千鳥が一人浜に残されてる場面で、芝雀さんにはお気の毒でした。なぜ、電波遮断装置をくぐり抜けられるのか不思議な気がする。

|

« やっぱり音羽屋が好きだなー | トップページ | 大震災後を描いたミュージカル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり音羽屋が好きだなー | トップページ | 大震災後を描いたミュージカル »