« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013.07.31

久しぶりに見る骨寄せの岩藤

7月28日(日) 「七月花形歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・歌舞伎座

通し狂言 加賀見山再岩藤」松緑(岩藤の霊/鳥居又助)、染五郎(多賀第領/安田帯刀)、菊之助(二代目尾上/お柳の方)、愛之助(望月弾正)、ほか

 昼の部はわけあって千穐楽まで見る機会がなかったんだなー。しかも席は自力手配の3階2列センター。菊ちゃんが出る花形歌舞伎というのに、ごめんね。
 ・・・というのも、最初は音羽会に6日の昼の部を申し込んでたの。うかつにも貸切というのを失念して。仕切り直しで、さていつ見ようかと思っても、どうもうまく入れられなかったから、まあいいか。

 3階2列は初めてだったけど、ずいぶん傾斜がついてるのね。前にでっかい人がきても、頭が邪魔になるってことはなさそう。お隣の女性2人は、どうやら愛之助ファンらしい。

 で、再岩藤。私が前に見たのは平成中村座(平成15年)、1回だけ。上演記録を見ると、ほぼ猿之助(現・猿翁)の独壇場、というところなのかな。それに平成中村座で見たといっても、岩藤の霊がふわふわ浮かんでるところが記憶に残っているのみ。でもそれを覚えてるってことは、よほど印象に残ったんじゃないかなぁ。
 それ以外は覚えてないもんだから、「鏡山旧錦絵」の時の菊之助・お初が突然、頭に浮かんだりしてたなぁ。

続きを読む "久しぶりに見る骨寄せの岩藤"

| | コメント (2)

2013.07.26

歌舞伎とカクテル、大人な銀座

7月24日(水) 「七月花形歌舞伎」 16:00~ 於・歌舞伎座

「通し狂言 東海道四谷怪談」菊之助(お岩、佐藤与茂七、小仏小平)、染五郎(民谷伊右衛門)、松緑(直助)、梅枝(お袖)、市蔵(宅悦)、團蔵(伊藤喜兵衛)ほか

 今月ここまで歌舞伎座に近寄ってなかった。巡り合わせとしか言いようがないね(こわいの苦手だし)。たまたま、ぜひ見たい!と言う友人と日程が合ったので、音羽会にお願いした。2列の30と、ちょっと右寄りだけれども・・・そして、別にこんなに前で、お岩さまを見なくてもいいんだけども

 小山三さんがお元気に出演されてるのがうれしい。というか、もう少し出番が少ないのかと思ってたんだよね。おいろだとわかってはいても。
 大詰の庵室の場に登場される菊十郎さんも(いや、そんなにお年ではないけれど)、短い出番でも、きっちり舞台の空気を作ってる感じがある。そういえば、茶屋女房の菊三呂さんの変身ぶり=こんなババア(失礼!)から、おしとやかな腰元まで、も、つい凝視しちゃうよ。

 菊ちゃんの3役。とくにお岩はとても丁寧に演じていて、台詞も「聞かせる」! つい、いろんな演出に目がいきがちだけれど、それはそれとして、お岩をまずきっちり、という部分が好きなところだな(贔屓の引き倒しですかねー)。
 薬を飲んで顔が崩れちゃうところ、(舞台に近くてよく見えるし)最初は「つくりもの」っぽさの方がリアルで、ふーん、てなものだった。でも、お歯黒をつけるところから急に怖さが増しちゃって、いや~恐ろしかったです!

続きを読む "歌舞伎とカクテル、大人な銀座"

| | コメント (2)

2013.07.25

一反木綿にカサブランカ

Ittan

 「豚に真珠」なみに似合わない取り合わせ。ずいぶん長持ちしてたカサブランカももうオシマイだけど、まだかろうじて元気なのをこんなふうにしてみた。

 花瓶がわりにしてるのは、境港の「千代むすび酒造」製、辛口一反木綿です。

 百合つながりで思い出した! 前にちょっと触れたことがある「水族館劇場」の公演(さすらい姉妹2013年 火山列島南下ツアー)の演目は、「谷間の百合」ですが・・・これは一条さゆりというストリッパーの話なんだそう。
 8月1~3日は京都・大阪。ラストの3日は釜ケ崎。投げ銭だったかな。と、基本、伝聞のみで書いてます。でも、百合!

 そして、主宰者がこれについて大学で語ったときに、女子学生に「ストリップって何ですか?」と聞かれたというのが、へぇぇ、ではある。そうかもね。

| | コメント (0)

2013.07.24

上野の「書」めぐりで、くたくたになる

7月17日(水) 東京都美術館→東京国立博物館「和様の書」展

 この日から、都美術館で毎日書道展作品陳列が始まった。一緒にお稽古に行ってる友人も時間があるとのことで、同行。でも、待ち合わせは渋谷って(笑)。ヒカリエ内のシアターカフェでランチの後、山手線にて上野まで。渋谷からだと、内回りでも外回りでも所要時間は同じなんだね!

 猛暑が一段落してよかったね、と言いつつ都美へ。とにかく膨大な作品量だから、ピンポイントで自分のと2人の仲間のだけを見る。どこに陳列されてるかは、台帳かPC検索だからねー。文字の良し悪しはともかく 見た目の綺麗さ(紙の選択、色合いなどなど)も重要だなぁと思う。センスの問題と言ってしまえばそれまでだけど・・・だから困るんだよぉ。

 せっかく上野に来たのだから、始まったばかりの「和様の書」展も見る。ちょうど少しずつ臨書している小野道風の書などにも興味津々。そういう「能書」ばかりではなく、信長、秀吉などの書も出ている。ビックリしたのは「御家流」の文字を織り出した能装束や、染めで大きな文字を表わした小袖。書だから、比較的、地味な展示が多い中で、「わぁ!」でした。

 すんっごい充実してるから、また見に来なくちゃ(5時までだから1時間ほどしか見られなかった。足も痛いし)・・・と思っていたら、応募していた招待券に当たって、23日に届いた。9月8日まで。

 *毎日書道展は、優秀作(入賞)や重鎮の書は国立新美術館展示なので、そっちにも行かないと。あと五島美術館(28日まで)、出光美術館も・・・この時期、書の展示ラッシュなの。ひゃ~。

| | コメント (2)

2013.07.23

バッハを聞く

7月20日(土) 「バッハ・コレギウム・ジャパン 公開リハーサル」 14:00~ 於・調布市グリーンホール 大ホール

お話/鈴木雅明 バッハ・コレギウム・ジャパン 「鎮まりしアイオロス」

 調布市の文化振興財団と、バッハ・コレギウム・ジャパンの協定事業。往復はがきで応募する。前回申し込んだ時は外れたけど、今回は無事にOK。
 BCJファンの友人と、まず仙川で待ち合わせてランチ&駅前探検。私も久しぶり・・・安藤忠雄ストリートも見てみたよ。

 開場は13時30分。10分前に覗いてみたらもはや待ってる人の列が。でも、いよねーと、お茶しちゃいましたわ。なので、40分過ぎに行った時には、もうセンターブロックは後方席しかあいてなかった。みんな出足早いね!(中央通路より前には座れない)

 10分ほど鈴木さんのお話。今日の公開リハーサルの曲目説明。バッハの世俗カンタータだけど、大学カンタータというのか、教授に捧げられた曲:アウグスト・フリードリヒ・ミュラー博士に。風神と神々との掛け合いだけど、ラストの合唱は「アウグスト万歳 学識豊かな敬愛の人」のようなフレーズが。

 リハーサルだから、鈴木さんを含めて皆さんラフなお洋服。やっぱ、ちょっと(いや、かなり)雰囲気ちがーう。今日も腰に手を当てるトランペット隊は3人いたけど、「衣裳」の力は大きいかも そうそう、この曲は、トランペット3、ティンパニ、ホルン2という異例の大編成なんだって。歌の各パートのソリストさんは・・・ソプラノだけが女性で、アルトは男性なのか。古楽ってそうなの?(何も知らない)

 無料のリハーサルだけど、プログラムには全曲の対訳が(ま、ドイツ語が書いてあってもチンプンカンプン)。

 この公開リハーサルの曲は7月21日の名古屋と、26日の東京(オペラシティ)の定期演奏会(世俗カンタータ・シリーズVol.3)で、演奏される。

| | コメント (0)

2013.07.19

毎夏恒例、野外芝居

7月15日(月・祝) 「かなかぬち ~ちちのみの父はいまさず~」19:00~ 於・花園神社

(椿組 2013年夏・花園神社野外劇)
作/中上健次 演出/和田喜夫 総監修/外波山文明 出演/石田えり、山本亨、李峰仙、外波山流太、外波山文明、下元史朗、井上カオリほか

 今年もなんとか花園神社に行って来た! パソコンの調子が悪いのもあってここに書けないでいる間に、朝日新聞夕刊に劇評も出てた。

 席数限定の指定席を買った年もあったけど、今年はカンフェティで。なので割引があったこの日になったのでした。で、番号付き自由席。でも、センターブロックのいい位置に座れた。

 さて、今年は中上健次の作。唯一の戯曲だそう。パンフレットにある外波山さんの文章によると、「年齢も同級と言う事も有り、よく飲み歩きました・・・まだ31歳の血気盛んな恐いもの知らずの時でした。互いに世の中全てを敵に回して、尚吠えていた時代でした。そんな荒ぶる血の物語が完成し、悦にいっていたあの頃が懐かしいです」とのこと。

 花園神社、椿組、夏・・・中上健次か~、ピッタリとは思うものの、さらに暑苦しいイメージだよね。南北朝、熊野、楠木正成、芸能者、母を探す姉弟エトセトラ。うわぁ。

続きを読む "毎夏恒例、野外芝居"

| | コメント (0)

2013.07.17

能装束の着付けを見る

7月14日(日)14:00〜 於・代々木能舞台

毎年、夏にこのレクチャーが行われているんだけどなかなかタイミングが合わず、今年やっと行くことができた。
13時半開場のところ、26分くらいには到着。この勢いを見よ……というわけで、最前列に陣どる。学生時代じゃありえないね。

なにぶん初めてだから何もかも興味しんしん。まず最初の籠太鼓(9月の例会の演目)のシテの装束は、一般のお客さんがモデルに。足袋と浴衣姿で登場。さっきまで隣に座ってた女性でしたよ。
講師の能楽師さんは、いろいろ説明して下さる方が1人と、もっぱら着付け担当の方が2人。思った以上にサササ、テキパキ、という感じ。
もちろん鬘や面も。この鬘って、頭に着けてから、結うというのかまとめるというのか、なのね。
面はプロの方はわりと上につける=顎がはみでる感じに(だから余計に周囲が見えづらい)。それって顔の筋肉が動くと面の口と連動して、より生き生き見えるから、とか。顎……もちろん梅若玄祥さまを思い浮かべましたとも!!

着付けが終わってから、籠太鼓の仕舞を拝見(浅見慈一さん)。

休憩時間には、使用した装束や面を間近で拝見。面も6面あった。女性ばかりだけど、目で年齢の差がわかる。これって理屈がわかれば(若いとシャープで黒目が大きい)日常に応用できますかしら(爆)。

後半は、江口の着付け。10月に実際にシテをつとめられる小早川さんがモデル。こちらには袴(大口)が。

暑い夏の休日、ほんとに別世界に入り込んだような気がした。
座敷の、至近距離で着付けを一から見られるなんて、すっごく貴重だし。一緒に行った友人も、ここ代々木能舞台がとても気にいったらしく、よかった!!

| | コメント (0)

2013.07.14

携帯@劇場の話

昨日の紀伊國屋サザンシアターで。

☆開演してから間もなく、私のすぐ後ろの列あたりから、ブー、ブーというバイブ音。あらら、響くから困るのよね。
1回はまぁウッカリということもある。でも、その後、休憩までの1時間余?に、5回くらいはブー、ブーと鳴ってた。
なぜ切らない。まさか(メールだとして)返信して、やりとりしてるわけじゃないでしょう……。イライラ。
休憩時に、スタッフに言うか。
そしたら、休憩になった途端に、(たぶん)隣の人が「切って下さい!」と言ってた。
そうなのよ。音も気になるけど、いつ言うかもあるから、隣だと集中できないと思う。
ウッカリ言って、大きい声で聞き返されたり、騒ぎにでもなると、バイブ音以上にブチこわし……とかね。

☆休憩でロビーに出て、モギリ近くに座ってたら、男性がすごい勢いで抗議。
 どうやら、前半に近くの人がスマホをいじってたらしく、スタッフに訴えたら、自分が席を代わらされた?ということに立腹。(そこまでの現場は別の場所だったよう)
「そもそも演劇を見にきてずっとスマホ見てるなんて信じられない。自分に非はないのに、なぜ移動しなきゃいけない!!」「きっとこの後もスマホ見るに決まってる!!」
それに対して、スタッフはひたすら申し訳ありません、という態度。「切って下さいと言いました」くらいね、具体的な言葉は。
何か言うと火に油を注ぐからかなぁ。
抗議した人だけじゃなく、ほかにも不愉快に思った人は何人もいたでしょうね。

開演しても見てるなんてのは論外だけど、いよいよ開演、の寸前まで、画面見てる人はいるよね。場内が暗くなっても。
それって違うと思うんだな。席についたら、お芝居の観客だもん。でもきっとそういう言葉は通じないんだ。

| | コメント (4)

【出演者】月曜・男5人/土曜・女6人

7月8日(月) 「非常の人 何ぞ非常に」19:00~ 於・パルコ劇場
7月13日(土) 「頭痛 肩こり 樋口一葉」18:30~ 於・紀伊國屋サザンシアター

非常の人 何ぞ非常に」作・演出/マキノノゾミ 出演/佐々木蔵之介(平賀源内)、岡本健一(杉田玄白)、小柳友(菊千代〈佐吉〉)、奥田達士(中川淳庵ほか)、篠井英介(おきぬ、前野良沢ほか)
頭痛 肩こり 樋口一葉」作/井上ひさし 演出/栗山民也 出演/小泉今日子、三田和代、熊谷真実、愛華みれ、深谷美歩、若村麻由美

 今週は諸般の事情で火曜水曜のチケットを売ってしまったので、この2本を見たことになる。偶然にも、男性だけ、女性だけ、という出演者だった。・・・ということに気づいたのは、サザンシアターに行ってから。

 見るぞ!という意欲は、「非常の人~」の方が何倍もあったな。何しろ、蔵之介(呼び捨て失礼)に篠井さんですもん。だからチケットもKファクトリー(佐々木さんの所属事務所)経由で。そしたら、最前列のセンターブロック左寄りで驚いた! そこまで前じゃなくてよかったけど  カーテンコールで幕が上がったら、篠井さんが真ん前に

 いっぽう「頭痛 肩こり~」の方は、見たいけど別にどこでもいいや、くらい。なのでカンフェティで買って17列。でも通路際だったから、帰りのエレベーターなんて一番乗りだよ!

続きを読む "【出演者】月曜・男5人/土曜・女6人"

| | コメント (0)

2013.07.12

あつい あづい あぢぃ

 7月8日の月曜日に、パルコ劇場「非常の人 何ぞ非常に」を見に行ったのに、その感想が書けないまま。というのも、つい欲張って仕事をダブルで受けてしまってるから。この暑いときになんなんだ・・・。そこへもってきて、パソコンの調子が悪くなっちゃった。調べ物はスマホで。でも、メールとか長文を打つのははシンドイな。

 とまぁ、ブログが更新できない言い訳。

 毎年、暑さを実感するのは、いきなり麦茶の大量生産に突入する(朝晩2回、やかんで沸かしている)のと、洗濯物が倍増すること。あっという間に乾くからいいけども。

 さ~て、もうひとふんばり。

 

| | コメント (0)

2013.07.10

「四万六千日、お暑い盛りでございます」

7月9日(火) 浅草寺へ

 おおよそ月1で観劇などに集まってる仲間と、珍しく浅草・ほおずき市へ。珍しく、というのは、平日だから。まっとうな(?)お勤めの人と、商家の女将は、なかなか平日は難しい。
 ・・・だから、集まれる人でいいよね、という計画だったんだけど、結局、フルメンバーがそろったという その上、ゲストとして元々は私の落語友、名古屋のMちゃんもやってきて、総勢6人で繰り出した。

 5時くらいに、人形町らくやに集合。といっても、「道に迷った!」とSOSが来たり(Mちゃんは迷わずに到着)、いつもながらの幕開け。ひとしきり涼んでから浅草へ行ったんだけど、駅に着いたらみんな頭の中は、はやビール!

 でもねぇ、いくらなんでもお詣りしなきゃダメでしょ。6時を過ぎてもけっこうな人通りの仲見世を抜けて本堂へ。ほおずきを売ってるおじさんの前で写真を撮ったりしつつ(買わなくてごめんなさい)、奥山方向へ抜けて、どぜう飯田屋へ。

 特に予約などしていなかったから、少し待ったけど、その間もお喋りしつつ。私はついつい落語「船徳」のあらすじを語っちゃったよ。今年はまだ聞いてもないのに。でも、今年は梅雨明けが早くていきなりの猛暑だから、「四万六千日、お暑い盛りでございます」をほんと実感。まさに船徳日和だわ。

 飯田屋では、とにかくビール、のあとに、骨抜き開きの鍋、唐揚げ、蒲焼きなどを食べ、最後に玉子汁と小ごはん。どれも美味しかった! なんとなく冬の食べ物という気がしてたけど、夏もいいものだな、と。土用にウナギを食べなくてももういいか。お店の若女将ふうの女性の、きりり浴衣姿も素敵。

Asakusa ←飯田屋でもらった団扇

 夏素材のおニューのバッグで。

 まあ結局、なにかしら理由をつけての「飲み会」だったなー 

| | コメント (4)

2013.07.05

いざ、成城へ

7月5日(金) 「クミコと英介のおしゃべりコンサート」 19:00~ 於・成城ホール

いつでも夢を)
第1部:トーク
第2部:篠井英介コンサート「ジュ・トゥ・ヴ」「マイ・シップ」「キャバレー」
(篠井英介朗読:「野ばら」小川未明)
第3部:クミココンサート「愛の追憶「雀のように」「私の猛獣狩り」「サヨナラをあげる」「からたち日記」「愛の讃歌」
(上を向いて歩こう

 篠井さんは時々小さなライブハウスで歌ったりもされてるんだけど、なかなか行く機会がなくて、やっと行って来た。クミコさんのことは、震災後にテレビで見る機会は増えたけれど、あまりよく知らず。

 帰宅ラッシュの小田急線には乗りたくないし、仕事も休みだからアッサリ自宅から成城学園前まで。ふだん縁がないけど、なんとバス1本で行けるんでした。帰りは小田急線2駅+バス10分ほどで、意外に近いんだなー。
 ちなみに、この成城ホールでは落語会をよくやってます。

 開演して、まず篠井さんが「星よりひそかに~」と歌いながら登場、そして途中からクミコさんも加わる。そしてトークへ。

続きを読む "いざ、成城へ"

| | コメント (0)

2013.07.04

今月も前半勝負

 そもそも、月の後半に仕事を入れてる、ということが大きいんだけど、今月は特に、観劇予定が15日までに集中してしまった。
 昨日、やっと、歌舞伎座・夜の部を見る日を決めて(なぜかあいてた24日に)、今のところ7月後半はこの24日と、昼の部を見る28日のみ。
 ・・・まあね、ここに至って、暇な日が何日か確定したから、これから増やす可能性はあるけど。

 梅雨明けは、いつになるだろう。その15日までの予定に、ほおずき市+飲み会と、花園神社の野外芝居があって、雨に降られたくないんだよね。野外芝居はテントだから大丈夫とはいえ、やっぱり、あっつい中で団扇とビール、ですわよ。

 そして、わーわーやってると、仕事を呼び込むのか、同時並行的に2本、受けてしまって、そっちもね。お習字もね 我ながら、なんだかな~とは思ってる。

 ちなみに、今月は
クミコと(篠井)英介のおしゃべりコンサート
代々木能舞台のプレ・レクチャー(装束着付+能舞)
 などという、ちょっと変わったのにも行く予定。最近、国立能楽堂には全然行けてません! 

| | コメント (0)

2013.07.03

円形劇場という場所も堪能する

7月3日(水) 「断色 danjiki」 14:00~ 於・青山円形劇場

(ヴィレッヂ・プロデュース2013)
作/青木豪 演出/いのうえひでのり 出演/堤真一(小杉保)、麻生久美子(朝子/夕子)、田中哲司(刈谷基)

 キャストに惹かれてウホウホとチケットを取ったはいいけど、もしかして苦手なタイプのお芝居でしょうか・・・と、ちょっと不安になりながら。ほとんど予習はしてないとはいえ、「クローン」とかって言葉が出て来たりして。

 入り口で渡されたチラシ類の中に、今日のパンフ?も入ってた。A3の紙をたたんで(A4)たたんで(A5)たたんで(A6・・・ほぼ手帳大)。その大きさとなった時の表紙は、チラシでも印象的なあの絵=苺をくわえた3人と、赤ちゃんが手に持ってるのは林檎かな。

 パンフを広げた裏面には、プロデューサー細川氏と、青木、いのうえ両氏の言葉が載っている。15分くらい前に到着して、これらが事前に読めたのもよかったかな。全体の半分を占める細川氏の文章は「三年目の初夏に、亡き母に捧げる舞台を」と題されている。きわめて個人的な、両親(特に母親)とのかかわり。それを踏まえて、すっと舞台に入って行けたのかもしれない。

続きを読む "円形劇場という場所も堪能する"

| | コメント (0)

2013.07.02

ケラさんの三姉妹もの

7月1日(月) 「わが闇」 19:00~ 於・本多劇場

(ナイロン100℃結成20周年記念企画 第三弾)
作・演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演/犬山イヌコ(立子)、峯村リエ(艶子)、坂井真紀(類子)、岡田義徳(滝本)、大倉孝二(大鍋あたる)、長谷川朝陽(皆藤)、三宅弘城(三好未完)、みのすけ(寅夫)、廣川三憲(柏木伸彦)、松永玲子(基子/飛石花)ほか

 2007年に初演されて好評だったという舞台の再演。私は初めて見る。休憩込みで3時間20分くらい(休憩は15分)。ひゃー長い、と思ったけど、実際には面白くてそんな長さを感じなかったな。
 チケットはカンフェティで購入。D列すなわち前方のフラットな4列の最後列で、やっぱりちょっと首が痛かった。

 さて舞台は、小説家・柏木伸彦とその家族の30年ほどの時を隔てた物語。妻・基子と、三姉妹=立子、艶子、類子。(一番最初は、三姉妹が2歳、5、6歳くらいの時)
 妻は潔癖というか神経質というか・・・ちょっとしたことで、会話の矛先がずれていったりする点など妙に現実的。そのあたり、導入部分でムムムと思わされて、そこからすっと引き込まれていった。

 岡田義徳が、その導入部ではナレーションで人物、背景などの説明を。その後は伸彦の記録映画を撮る監督(?)として登場。早口なのもあるけど、ナレーションは今イチだったな、感情を込めた台詞に比べると。

続きを読む "ケラさんの三姉妹もの"

| | コメント (2)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »