« チビッコと楽しむ歌舞伎 | トップページ | 書の展覧会ラッシュ »

2013.08.03

帝国劇場、デビュー?

8月3日(土) 「ミュージカル 二都物語」 12:30~ 於・帝国劇場

原作/チャールズ・ディケンズ 脚本・作詞・作曲/ジル・サントリエロ 翻訳・演出/鵜山仁 出演/井上芳雄(シドニー・カートン)、浦井健治(チャールズ・ダーニー)、すみれ(ルーシー・マネット)、濱田めぐみ(マダム・ドファルジュ)、橋本さとし(ドファルジュ) ほか

 今まで見てこなかったミュージカルなるものに、初参戦。ま、浦井健治くんを見たかったから、というのが第一の理由ですが。ミュージカルに無縁だったから、帝劇にも縁がない。だいぶ昔に、ここで宮本信子とか鈴木綜馬を見たような気がしてたんだけど、どうやら違うようです。
 というわけで、早めに到着して劇場に足を踏み入れたら、内部の風景が珍しくてひゃ~、こんなことになってるのね。

 そうそう、今日はJCBの貸切日で、割引のS席の中では最前列のG列から。

 原作を読んでないので、いちおうあらすじだけ事前にチェックしてた。でも、わかりやすい話ではあるね。見ながら、そういえばここで「レ・ミゼラブル」を上演してるんだ・・・と、フランス革命から連想してた。やっぱりあちらも見るべき?

 お目当ての浦井くんはもとよりだけど、井上芳雄くんの歌を堪能。井上ひさし「組曲・虐殺」でしか知らないからね。ビジュアルもなかなか!

 浦井くんは今回も(←私の中では王子さまキャラだから)、貴族。ムフフフと思いながら 見る前の不安要素は、すみれさんだった。だから、特に初めのうち、身構えながら見るというか、こっちも勝手に緊張してたというか。フレッシュな印象は大事なのかも、という感じで、ええ応援しながら見てましたよ!

 舞台じたいは、シンプルなでも力強い装置と、美しい色彩がとても好き。シドニーとチャールズの青やグレー、ルーシー(小さいルーシー)の黄色、ドファルジュ夫人の赤など。グラデーションとか力強さとか。

 ドファルジュ夫人の濱田さん。いや~、すごい歌唱力。でも、なんでこんなに恐い視線なの?と思ったりしてた。そしたら・・・理由があったのね。
 ほかに特に印象に残ったのは、侯爵の岡幸二郎さん。冷酷傲慢な貴族だったなー。あと、塩田朋子さんは地味なストレートプレイで何度か見たことがあっただけに、ちょっとビックリかも。

 後半、劇中劇の趣で、ルイ16世とマリー・アントワネットが、巨大なかぶりもので出てくる。この歪さ不気味さ。そして暗示されるギロチン・・・よくできてるなー。ここけっこう好き。
 物語の舞台は18世紀後半だけれど、現代の我々には「暴力の連鎖」ということを思わずにはいられない。ラストシーンも綺麗だったな。

 JCB貸切ということで、出演者あいさつ付き。井上くんと浦井くん。どうしても浦井くんは、ぐだぐだの「おもしろ」キャラと化してしまうんでしょうか。
 はぁぁ、楽しかったですわ。

|

« チビッコと楽しむ歌舞伎 | トップページ | 書の展覧会ラッシュ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

細かい表情まで観ることができました。
良いお席を取っていただいて、本当に感謝です!

井上君は舞台映えしますね。
背が高く、手足が長く、姿勢が良い!
浦井君もあの姿勢を見習ってほしいな、なんて思って観てました

劇中劇、私もあの演出は好きです。
道化師のメイクをした人達も印象的でした。
大きなパネルを効果的に使っていましたが、フランスの場面は赤、イギリスの場面は白、と使い分けていたことに今日気付きました。(一回目の観劇時には気付かず

歌唱力のあるキャストが揃っていて聴き応えがありました。
浦井君、聴かせてくれましたよね
でも素の時とのギャップが

投稿: 尚花 | 2013.08.03 23:02

尚花さま
こちらこそ、お付き合いいただきありがとうございました。今になってのミュージカルデビューには、とても心づよかったです
帝劇は立地なども含めて、ハコ自体の懐が深いと言いますか、ウェルカムな印象でした。トイレ行列は驚きですが。
井上くん、そうですね、姿勢がピッとしてるんだ。こまつ座舞台に比べて、すっごく大きく見えたのはそういう理由もあったのかしら。
浦井くんの王子様キャラが大好きな私ですが、いっぽう全く違う役もたくさん見たいです。という点ではMIWA もそうですが、三谷さんや野田さんから声がかかっている今、また飛躍の時なんでしょうね。
パネルの色!! 全然気づいてませんでした

投稿: きびだんご | 2013.08.04 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チビッコと楽しむ歌舞伎 | トップページ | 書の展覧会ラッシュ »