« 「夜の入り口」で酔郷へ | トップページ | AIRくまモン »

2013.08.25

雪のカクテルで「夜の入り口」

8月24日(土) 「夜の入り口」第2シーズン、第3夜 19:30~ 於・新世界

スペシャルゲスト/戌井昭人
「花の雪散る里」「植物的悪魔の季節」随筆1編「髑髏小町」

 今日は友人を誘って、暑気払いがてら。六本木駅には浴衣の人たちがたくさん・・・麻布十番のお祭りかな。まず、六本木交差点近くの「さくら食堂」に行ったんだけど、まだ5時半なのにちょっと待たされて、7時15分まで、と。いや~、時間が早いから余裕と思ってたのが間違いでした。でも、新世界に行くにはちょうどいいか。

 新世界では、今日は予定通り「雪のカクテル」を。席はほんとは昨日とは違う場所がよかったんだけど、なぜか同じ所へ(ただし、少し右寄りで、音楽の鈴木さんが見える)。

 戌井さんは、昨日のノゾエさんとは全く違うタイプ。謎めいた雰囲気の声が、慧くんっぽいかな。こんなふうに違う慧くんに出会えるんだから、やっぱり第1夜の近藤公園さんも聴きたかったと思う。そういえば作品のセレクトも、それぞれの人に合うもの、なんだろうか。

 「完本 酔郷譚」(河出文庫)には22編の短編が収められている。今回取り上げられたのは、その中ではまだ穏便なもの。いろんな意味でもっと強烈なのがあって、むしろ「文字」で読むのにむいている・・・とは、読み終えてからの村岡さんの言葉。

 でも、またこの「酔郷譚」シリーズを続けてほしいな。

 そうそう音楽は、ほんとに前日とは随分違う感じ。こちらもまた興味深い。

|

« 「夜の入り口」で酔郷へ | トップページ | AIRくまモン »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夜の入り口」で酔郷へ | トップページ | AIRくまモン »