« チケット取りにいそしむ | トップページ | いざ、与野本町へ »

2013.09.19

ジャンヌ・ダルクなのに舞台の上はおじさんだらけ

9月18日(水) 「ジャンヌ」 13:00~ 於・世田谷パブリックシアター

(ポストトークあり)
作/バーナード・ショー 翻訳/中川龍一・小田島雄志 演出/鵜山仁 出演/笹本玲奈(ジャンヌ)、今井朋彦(ヴォリック=イギリスの伯爵)、伊礼彼方(デュノア=オルレアンの私生児)、浅野雅博(シャルル=フランス王太子のちの国王)、村井國夫(コーション=フランスの司教)ほか

「ジャンヌ」というタイトルには、「ノーベル賞作家が暴く 聖女ジャンヌ・ダルクの真実」という副題がついている。そして、そんな物語なのに、15人の出演者の中で笹本玲奈が紅一点。ちょっと地味に感じるかもしれないね。「おじさん」好きな私には、小林勝也、中嶋しゅう、といったお名前もうれしい・・・けど、見に行った最大の決め手は、やはり今井朋彦なのでした。(得チケの類も出てるから、ちょっと苦戦してるみたい。それもわかる)

 劇場で配られた配役表には、下半分に「場割」と、百年戦争の勢力図およびその解説が載っていた。これは親切だわね。ちなみに、場割を見ると、前半(第1場~4場)は1429年のオルレアンの戦い前後、後半の5~6場は1429年7月ランス大聖堂と31年の裁判、そしてエピローグが1456年、王となったシャルルの離宮。

 笹本玲奈さんはミュージカルでよくお名前を見てると思うけど、私は初めて。いや、なかなか難しい役だったと思われます。というのも、サブタイトルからもわかるように、フランスを救った乙女、といった単純な位置づけではないから。
 ちょっと「ややこしい」女なのですよ。それは若手が並んだポストトークで、馬場さんも伊礼さんも、「彼女にするには・・・」「連絡先とか交換したくないタイプ」なんて言ってたけど、私も見ながら「友だちにはなれないな」と思ったもん

 そして、実際にはおじさんだけじゃなくて若手のカッコイイ俳優さんも何人もいたのに、「おじさん」が光ってたんだなー。浅野さんの、気弱でわがままな王太子ぶりもよかった。

 でも、私にとって最大の難関(というより失敗)は、第4場(休憩の直前)の「1429年、イギリス軍陣営のテント」。これはほぼ、イギリスの伯爵(今井)とフランスの司教(村井)の会話なんだけど、ちょっと意識が飛んじゃった。6場のルーアン城内で行なわれた裁判の理解のためには必須だった気がするなぁ。ガックリ。こういう会話の場面にちゃんとついていかないとダメだ。

 その裁判では、フランスの司教たちがなんとか「火あぶりの刑」から逃れさせようと手を尽くす。イギリス側との緊迫したやりとり。ここは台詞の応酬に、つい力が入った。

 エピローグは不思議な後日譚とでもいうもの。火刑から25年後だからね。シャルル王と、ジャンヌを救えず気が変になってしまっている修道士はまだしも、後は「すでに死んだ」人たちが、シャルルの寝室に集ってきて、あれこれ喋るのだ。

 初めから終わりまで、「神」の存在が大きくて、そのあたりが、多少頭ではわかったとしても理解まではいかないかな、とも。

 ポストトークは、演出の鵜山さんと、出演者の若手グループ・笹本、馬場徹、伊礼の3氏。司会(演出助手・稲葉賀恵さん)もなかなかユニークで楽しかった。これについては、書けたら後日。

|

« チケット取りにいそしむ | トップページ | いざ、与野本町へ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま
「ジャンヌ」 見応え・・というか聴き応えたっぷりの舞台でしたね。

>私も見ながら「友だちにはなれないな」と思ったもん
ちょっと笑っちゃいました。
確かに~。本人に悪気がないのはわかりますが、あまりお近づきにはなりたくない気がしますね(笑)。

私はもともと村井國夫さんが大好きなのですが、今回はそれに加えて今井朋彦さんもすごく良くて、あのマッシュルームカットのような浅野さんのシャルルもかわいくて、おじさんたちの魅力にかなりヤラレたのでした。

投稿: スキップ | 2013.10.03 08:56

スキップさま
コメントを書き込んで下さっていた頃、私はスキップさまの「ジャンヌ」レポを読んでたのでした
>周りのおじさま方(若者もいるが)
というクダリに、うふふと思ったりして。ねぇ! 若者も確かにカッコいいんだけど、素敵なおじさま方ですもの。

ジャンヌは、常に「柳に風」な私には、「言ってることが正しいのはわかる、でもあなたの傍にいるのは苦しい」、みたいな(笑)。

今井さん、素敵ですよね。そう、村井&今井のお二人は声もほんとにいい・・・だからだったのかしら。今でも激しく後悔してます。
その今井さんが、柳家喬太郎さんのBSの番組(「粋ダネ」かなぁ)でいろいろ語ってるのを録画してます。もしご覧になってなかったら、いつかお目にかかれる時にお持ちします。

投稿: きびだんご | 2013.10.03 09:44

きびだんごさま
きゃあ! 
その喬太郎師匠の番組、知らなかったです。
ご縁があって次回お目にかかれる機会にはぜひよろしくお願いいたします。

投稿: スキップ | 2013.10.04 08:54

スキップさま
ラジャー これで、絶対会わなきゃ、となりました
きょうから大阪で「かもめ」なんですね。お楽しみに。

投稿: きびだんご | 2013.10.04 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チケット取りにいそしむ | トップページ | いざ、与野本町へ »