« いざ、与野本町へ | トップページ | R&Jの感想を書くのにふさわしい日 »

2013.09.22

しばし三好十郎の世界を生きる

9月21日(土) 「冒した者」 13:00~ 於・吉祥寺シアター

(葛河思潮社 第3回公演)
作/三好十郎 演出/長塚圭史 出演/田中哲司(私)、松田龍平(須永)、長塚圭史(舟木)、桑原裕子(織子)、尾上寛之(省三)、中村まこと(若宮)、江口のりこ(房代)、松雪泰子(柳子)、吉見一豊(浮山)、木下あかり(モモちゃん)

 「浮標」の感動もまだ記憶に新しい葛河思潮社の三好作品。今回は(「浮標」初演と同じく)吉祥寺シアターという小さい空間なのが嬉しい。たまたま・・・(?)「あまちゃん」ミズタクで人気の松田龍平出演で、少しチケットがとりにくかったように思う。
 最近、追加席が発売になったので、もう1回確保してるけどね。

 あえてあまり情報を入れずに、劇場に向かった。1階の受付から2階の客席へ上がる階段にズラリとお花が並んでいる。東京公演2日目だから、お花もまだまだ元気。能年玲奈ちゃんから松田龍平さんへのお花が目立ってたよ。その下の方に、熊谷真実さんからのもあったけど。

 ・・・が、始まってすぐに、ちょっとアララ~と思ってしまったのは、舞台装置が「浮標」と似ていたこと。砂はないけど。これについては、公演パンフレットに長塚さんが書いているのを、後から読んだ。

 「冒した者」も、舞台の上、左右に並べられた椅子に出演者達が座ったあと(ただしその椅子は外側に向いている)、私=田中哲司の長いモノローグから始まる。

 「私」は妻をなくしたあと気力をなくしていたようだけれど、主治医だった舟木さんの紹介でこの大きな家(計9人が暮らす)に住んでいると語られる。舟木は長塚さんだから、なんとなく「浮標」とつながっている。「私」は画家ではなくて、演劇にかかわる仕事(劇作家か)をしている。
 まだ戦争の傷跡が大きい。この大邸宅じたいが、空襲でこわれた箇所もそのまま。住人にも原爆の被害者がいるし、戦地から帰ってきたものの傷ついた心を抱えている若者も。

 そこへ、「私」の知り合いの須永(松田龍平)がやってくる。・・・ある日の夕食どきから翌朝にかけての、短いけどあらゆるものがあぶりだされるような時間。それまで、いちおう平穏に過ごしていたそれぞれの人たちが、かきみだされていく。特に須永自身が何かを言ったりしたわけでもないのに。
 須永がほんとに得体のしれない男で、自分からひっかきまわしているわけじゃないのに、どんどんどんどん空気が変わっていく。その感じが松田龍平うま~い。いらいらするほどね。

 初めから終わりまで、台詞のみと言っていいから、頭はフル回転。これがたまらない。時代設定は1950年くらいなのに、それぞれに語られることは「今」にすごくつながっている。だから聞きながら、自分自身が否応なく社会の状況を考えざるを得ない。

 原作戯曲は、ハヤカワ演劇文庫から出版されている。今回の舞台化オビ付きのを買ったので、来月初めにもう一度見るときまでに読んでおくつもり。
 それぞれの役者さんについては、次回に。

|

« いざ、与野本町へ | トップページ | R&Jの感想を書くのにふさわしい日 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いざ、与野本町へ | トップページ | R&Jの感想を書くのにふさわしい日 »