« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013.10.28

頭の中は、西行でいっぱい

10月25日(金) 「代々木果迢会」 18:30~ 於・代々木能舞台

小謡・浅見真高
能「江口シテ・小早川修、ツレ・浅見慈一・長山耕三、ワキ・工藤和哉、ワキツレ・梅村昌功・御厨誠吾、間・山本泰太郎//大鼓・柿原弘和、小鼓・曽和正博、笛・杉信太朗

 年4回の、今年最後の例会。私は秋の2回は見たので、来年はもっと見たいものですわ・・・というのも、やはり能舞台の雰囲気がとても素敵なので。今回はあいにくの雨ではあったけれども、雨音も風情のひとつ、かな。そして、舞台がすんごく近くて、私でさえも絶対に寝ない!(←あ、演目とか演者には触れてない)。&電車賃190円で行ける(笑)。

 先月に続いて、まずは浅見おじいちゃま(失礼だなぁ)の小謡から。どうしても、同い年の父のことを思いながら聞いてしまうのよね。12月には、米寿記念の別会があるのでした(於・観世能楽堂)。

 お能の、見たいなぁと思う演目もいろんな本などに影響されてたりするんだけど、「江口」はなぜ見たかったのか・・・もはや覚えてない。平家物語の周辺かしら。まあいいや。これって西行の歌というか、一夜の宿を借りて、という話にちなんでるのね。
 いま、書の作品書きにたいへんなプレッシャーを受けてて、書いてるのが「山家集」から12首だから、なんだか西行にとらわれてるんでしょうかね。

続きを読む "頭の中は、西行でいっぱい"

| | コメント (0)

2013.10.26

「くじ運」に異変あり!?

 昨日、地元市役所からハガキが来た。

「○○市民意識調査」をお願いした皆様へ

 そう、お願いされちゃってる。まだ出してない人は10月31日までに投函! という「念押し」のハガキなの。
 でもねー、勝手にお願いされてるのよ、「無作為抽出」で。まぁ、16歳以上の3000人というから、確率的にはどうってことないかも、だけれども。

 私はとても「くじ運」が悪くて、たとえば直近だと、上演中の「MIWA」などはあちらこちらで「落選」の山。かろうじて見に行けたのは、先着順の電話がつながったから、というありさま。こういうのが典型例ね。

*無作為抽出で、めんどうな「回答」に当たる、というのは「くじ運」の悪さゆえ、なんだろうか。

 実は最近、友人に頼まれた「夜会」(中島みゆき)が見事に当たった。これだって、4カ所応募して、1つだけなんだけど、周りの人が全滅だから(もちろん行きたい当人も)、すんごい感謝されちゃった。
 で、私も運が向いてきたのか、と思ったところへ、この「市民調査」が来たというわけ。むむむ。

**他人の分は当てる、というのも「くじ運」が悪いから?

 でも、ちょっと運が変わるといいなー。何かいいことないかしら。

 恐れてるのは、こういう変な「くじ運」展開で、裁判員に当たっちゃうこと。これだけは勘弁しててほしい。

| | コメント (0)

2013.10.25

こまつ座:納得のキャスト

10月19日(土) 「イーハトーボの劇列車」 18:30~ 於・紀伊國屋サザンシアター

作/井上ひさし 演出/鵜山仁 出演/井上芳雄、辻萬長、木野花、大和田美帆、石橋徹郎、松永玲子、みのすけ ほか

 国立能楽堂から回ってきた紀伊國屋新宿南店。おそいお昼を食べてもまだまだ時間があるから、タカシマヤとの連絡通路側にあるタリーズで、仕事してました。えへへ。こういう時、窓際のカウンター席は助かる。

 さて、珍しくこまつ座で買ったチケットなので、定価だけれども3列目のセンター。宮沢賢治だし、出演者が好みだし・・・、たまには近い距離でみるのもいいか。

 去年、宮沢賢治記念館を訪ねていたから、その時の記憶が甦ったというか、あの時感じた「いったい何者? 何がしたかったのか」という素直な気持ちを思い出した。だって、「雨ニモマケズ」「永訣の朝」「銀河鉄道の夜」・・・といった作品と、農業指導くらいしか知識にないから。鉱物へののめりこみ(しかも仕事にすべく模索)とか、宗教への傾斜とか、なんなのぉ?というくらい。 それらは、記念館の展示でも、かなり力を入れていた。

 賢治や両親、妹たちのいる世界と、彼の作品世界の人たちが、何度か入る汽車の場面を通してつながっている。そして、両方に現われる不思議な車掌。(いつもそうだけど)見ているその時に泣いたり笑ったりというより、後からゆっくり思い出しながら味わえるタイプの舞台だなぁと思う。

続きを読む "こまつ座:納得のキャスト"

| | コメント (0)

2013.10.21

10月19日(土) 「狂言 ござる乃座 48th」 13:00~ 於。国立能楽堂

狂言「入間川」石田幸雄(大名)、内藤連(太郎冠者)、竹山悠樹(入間の何某) 狂言「隠狸」萬斎(太郎冠者)、万作(主)--休憩--素囃子「安宅 瀧流」大鼓・大倉栄太郎、小鼓・曽和正博、笛・藤田六郎兵衛 狂言「石神」萬斎(夫)、高野和憲(妻)、深田博治(仲裁人)

 なぜこういう予定にしたのか我ながら不思議だけど、1時から能楽堂、6時半から紀伊國屋サザンシアターという、観劇の一日。だけども、ちょっと忙しくて、どうしましょ。あやうくくじけるところだったけど、いやいや、思い直して出かけました!

 ところで本日の楽しい演目「隠狸」。見るのは2回目だと思ってたの。宝生能楽堂あたりで見たっけ??
 正解は・・・なんと、(たぶん)3回目ではありませんか。2009年に三鷹で、そして2011年に国立能楽堂で見ておりました。そう、能楽堂では万作さんが太郎冠者、萬斎さんが主だったのは覚えてた!

 このブログをさかのぼったら、2009年「初めて見た」、2011年も「初めて見た」と書いてるよ。今回、前に見たことあると覚えてただけマシかなぁ。脳細胞、絶好調に死滅中ですわ。

 「入間川」は初めてですよ・・・たぶん・・・おそらく。入間って、埼玉県だよね。
 この川を大名が渡る時に、「深いからダメ」と言われたのに、この辺りは「逆言葉」を使うから実際は浅いんだ、と。この大名のとぼけ加減が楽しい。万之介さんなき今、こういう役は石田さんだなぁ。
 大名、太郎冠者ともに、装束が波の模様なのも、やるぅ!でした。狂言の衣裳は楽しい。

続きを読む ""

| | コメント (4)

2013.10.17

台風にマケズ落語会へ

10月15日(火) 「市馬・喬太郎 ふたりのビックショー」 18:45~ 於・練馬文化センター 小ホール

さん弥・熊の皮(踊り)、寒空はだか、市馬・野ざらし--仲入り--市馬(浪曲:灰神楽三太郎 曲師:恩田えり)、喬太郎・任侠流山動物園

 仕事帰りに麹町駅から、1本見送って「石神井公園行き」に乗る。初めて直通で練馬まで! 台風が来てるというのに、物好き、と思いつつ行って来た。いつもは主催のエムズでチケットを買うのだけれど、今回はカンフェティで買ってみた。ポイントが使えたので、300円引きくらいになったかな~。3列目のセンターブロックで、席もわりとよかった。たまたま私の真ん前が空席だったから、チビッコでもOK。

 席についてプログラムを見たらば、あらら~、落語は1席ずつなのね、とちょっとがっかり。最近、落語じたいを聞く機会が減ってるから、どうせならたっぷり聞きたかったのだけれど。

 しかし、メンバーのさん弥、はだかちゃんともに、ビックショーのレギュラーの趣。もちろんなぜかもれなく踊りがついてくる 「熊の皮」を聞くと、遊雀さんを思い出しちゃう。またどこかで聞きたいなー。

 はだかちゃんも、いつもの「耳に残って心に残らない」歌。しかーし、今日、仕事で「京都タワー」の文字を見たとたん、タワー、タワーが甦っちゃった。

続きを読む "台風にマケズ落語会へ"

| | コメント (0)

2013.10.16

オーチャードでN響を聴く

10月14日(月・祝) 「N響オーチャード定期」 15:30~ 於・オーチャードホール

(指揮:ロジャー・ノリトン、ヴァイオリン:木嶋真優、コンサートマスター:篠崎史紀)
モーツァルト
交響曲 第31番「パリ」、ヴァイオリン協奏曲 第5番「トルコ風」--休憩--交響曲 第38番「プラハ」--(アンコール:「フィガロの結婚」より序曲)

 とても珍しい行動ですが、これはヴァイオリンの木嶋真優さんが書の先生の身内という縁で。以前の、リサイタルの時にはチケットを教室で扱ってくれたんだけど、今回は「自分で取って」と言われ、なりゆきで私が5枚取ることに・・・。
 これがねー、自分の分だけならともかく、「この席でもいいですか?」みたいな気を遣っちゃって。見る前にゼーゼー。だって6月から発売されてたのに、9月の半ばに取ったんですもん。やれやれ。

 んでもって、コンサートの前には皆さんと一緒にランチ。この日ばかりは「おすましのきびだんご」で猫かぶってましたよん。さらにゼーゼー

 指揮者のノリトン氏は古楽界の巨匠、らしい。でも、指揮する姿やアンコールなどの時は、とてもお茶目な雰囲気。最後に引っ込む時には、舞台袖から顔だけ出してバイバイと手を振ってたし。そんなだから(?)モーツァルトも楽しく聴けたよ-。

 真優さんも、実は小柄なのに舞台では大きい大きい。曲にもよると思うけど、紀尾井ホールのリサイタルの時より好みだったなぁ。

 今日の交響曲には、街の名前のニックネームがついていて(作者がつけたのではない)、それがプラハとパリだから、もう感涙ものですよ。モーツァルトはプラハでとても歓迎されたんだよね。・・・やっぱりプラハ採訪したいな。
 とまぁ、聴きながらそんなことを思っていたのでした。

| | コメント (0)

2013.10.15

松嶋屋~!

10月13日(日) 「芸術祭十月大歌舞伎」夜の部 16:15~ 於・歌舞伎座

「義経千本桜」木の実・小金吾討死、すし屋、川連法眼館

 友人たちと3人で観劇。久しぶりに仁左衛門さんを見ましょう!という企画だったんだけど、まさか来月から休演されることになるとは・・・。
 今日の席は、先月の「陰陽師」と同じく5列の花横ブロック。とても見やすくてよかったけど、「木の実」の冒頭、茶店の前で遊んでいる権太の息子が全く視界に入ってなかった(前の席の人にすっぽり隠れてた)。

 そして・・・「木の実」の終盤、小金吾からまんまと20両せしめて、去っていく一行の後ろ姿に悪態をつく・・・前に、仁左衛門さんがバランスを崩して転倒された時も、ちょうど真正面すぎてその瞬間はよく見えてなかった。直後も「何が起こったんでしょう」という感じで。
 さすがにうまくカバーして、倒れて(鬘が少しずれるくらいの勢いで)寝転がった姿勢のまま、なんとか台詞は言われたのだけれども、右肩をおさえてらっしゃるのが痛々しすぎる。

 今月は、我當さん、秀太郎さんもご出演で、松嶋屋そろいぶみ。ちょうど真横から花道の我當さんを見上げる感じになった時、やっぱり秀太郎さんは似てるなー、と思った。今まであまり間近で見てなかったこともあるのか、それほど感じてなかったんだけどね。

 孝太郎さんのお里もよかった。なんか可愛らしい。

 菊パパの狐忠信はちょっと心配だったけど、いやいや大丈夫。確かにね、素早い動きとかとは無縁でも、そういうのに目を奪われない分、台詞まわしなどに集中してたかも。しかーし、何はともあれ、あと10日ほど、皆様ぶじに勤められますよう。

| | コメント (0)

2013.10.13

初めて文楽地方公演を見る

10月12日(土) 「人形浄瑠璃 文楽 平成25年10月地方公演」昼の部 13:30~ 於・府中の森芸術劇場ふるさとホール

解説:豊竹咲甫大夫
生写朝顔話」明石船別れの段/笑い薬の段/宿屋の段/大井川の段

 歌舞伎の巡業もほとんど見にいかないけど(除・音羽屋)、文楽はさらに、だった。文楽はとりあえず、国立劇場で何ヶ月おきかで見られるからね。

 でも、比較的近くのホールだし、演目にも惹かれたし(咲大夫/燕三も!)・・・発売開始からまもない頃に買ってたと思う。1列でした(下手側)。ここって、解説の咲甫さんが喋る(幕は閉まってる)真ん前
 そうそう、その下手側にはドーンと字幕表示機が設置されてた。地方の公演も、こんな風に「親しみやすい」努力をされてるのね。床はもちろん回ったりしないから、幕の上げ下ろしで。ほんとはもっと床側がよかったから、これは来年以降に!たまにはこういう会場で見るのもいいな、と思ったのでした。 

続きを読む "初めて文楽地方公演を見る"

| | コメント (0)

2013.10.11

劇場キャパは大事だね

10月11日(金) 「飛龍伝21 ~殺戮の秋」 14:00~ 於・青山劇場

作/つかこうへい 演出/岡村俊一 出演/桐谷美玲、神尾佑、中河内雅貴、細貝圭、山本亨ほか

 ひっさしぶりの、つかこうへい作品。何度も上演されてきた「飛龍伝」だけど、見るのは初めて。今までヒロインがあまり・・・だったんだけど、桐谷さんは見てみたかったんだな~。
 といっても、たまたま生協に出てたから、申し込んだもの。そうしたらJ列のセンターブロック通路脇、という嬉しい席でありました。

 生協ごときで(笑)いい席が来るということは・・・じっさい、ちょっと空席が目立つ。

 これって最近も見た光景。そう、先週の土曜日にサンシャイン劇場で見た「晩餐」と同じ。あの時は、せっかくいいお芝居なんだからもう少し小さいキャパの劇場ならいいのに(役者も観客も楽しめるでしょう)、と思ったのだった。「飛龍伝」の方は、舞台上で踊ったりバク転したりがあるから、ある程度、舞台が大きくないとダメとは思うけど。

 さて。今、このお芝居を見にくる人って、つかこうへいを見てきた人+美玲さんのファン+中河内さんのファン・・・という感じなのかなぁ。私は、神尾佑さんの出演、というのが大きい。その昔、黒タキシードがカッコよすぎた記憶が!(当時の名前は鈴木祐二) それと不覚にも登場されるまで忘れてたけど(コラ)、山本亨さんもね。
 でもって、内容は、安保反対、全共闘、革命、ですよ。ヒロインは神林美智子(かんばやし みちこ)だもん。

続きを読む "劇場キャパは大事だね"

| | コメント (0)

2013.10.09

観劇日記

 まとまったスペースが必要なので、ダイニングテーブルに、ドーンと仕事を広げてたら、家族が「何それ、料理本?」「専門というか担当というのはないのか」などと言っている。何でも屋ですからね、来るものは拒まず。現代のエンタメ小説、ビジュアル重視の料理本、時代小説を、綱渡りでやってますよん。

 それはまだしも。突然、あと1ヶ月で書の作品を仕上げなければならなくなったのが、精神的にはツライな~。適度に息抜きをしつつ・・・。

 というわけで、

10月8日(火)18:30~「エドワード二世」@新国立劇場(初日)
10月9日(水)14:00~「MIWA」@東京芸術劇場
 
 を見てきました。

「エドワード二世」
 新国立の小劇場、少し後ろの方の席だったけど、さらに後方(センター)には訳者の河合祥一郎さん。ほかにも演劇関係者と思われる方々が(帰りに小田島雄志先生もお見かけした)。さすが初日。
 
 タイトルロール、柄本佑くんって、舞台では初めて見る。うーん、そういう役なんだけども、いらつく。ヘタウマ系ですか、みたいな感じ。第1幕は忍耐強く見た、というところ。2幕は、それも含めて楽しむ方向にいけたかも。貴族とか殺し屋とかの、チョイ悪どころか、かなり悪のオジサンたちがマフィア風だったりね。

 wikiでちょっとだけエドワード二世について読んだ時、そのギョッとする死に方(殺され方)が書いてあった。あっ、舞台でもそれで死ぬんだ、と思ったときにはドッキリ。彼が偏愛した身分卑しい成り上がり・ギャヴィストンとのあからさまな関係とか、おじさんだらけなのにBL舞台ですか、でしたわ。

 紅一点、中村中。少し鼻にかかった声(鶴田真由っぽい)がセクシー。

「MIWA」
 戯曲掲載の「新潮」はすでに入手してあったけど、あえて読みもせず。なんとか取れたチケットは2階B列センターで、見やすいのではあるけれども、もう少し前の方で見たかったな。

 もちろん文句なしに面白くて、ノンストップ2時間10分、観劇のヨロコビを味わいつつ。2階席へも、宮沢りえの声はよく届いて(身体同様に華奢な雰囲気の声なのにね)、いい役者さんになったなぁと、つくづく思ったのでした。

 ほかには瑛太が、役柄もハマっていたし、以前に比べてとてもよかった。あと井上真央もね。なにしろ主役級がゴロゴロだから、もっと活躍して欲しかったよ、浦井くん、などなども。

 長崎に原爆が投下された時のシーンが、秀逸。そこに確かにあった「日常」が断ち切られた、それを言葉でなく視覚に訴えてくる。

 もちろん、スクリーン(文字)などは使わず、言葉遊びもあり・・・私の好きな野田さんはこうなのよね。しかし、宮沢りえと古田新太を、ああ使うとは! これからご覧になる方はどうぞお楽しみに。

| | コメント (4)

2013.10.07

観劇ウィークなのに

 10月は今までに
2日(水)歌舞伎座・昼の部
4日(金)「冒した者」(2回目)
5日(土)「晩餐」サンシャイン劇場
と見てはいるのですが、あいかわらず感想が書けません。それどころか、今週はこの後もなんだか予定が目白押しなんだけど(我ながらあきれる)、どうもねぇ、暇なはずだったのに、いきなり仕事がはいっちゃって・・・。どしたらいいの。

 仕事は、1つ受けるとそれが呼び水になったみたいに、入ってくるのよね。不思議なんだけど、しょっちゅうそうなる。

 てなわけで、また少~しずつ感想を書いていく・・・つもり。

 

| | コメント (0)

2013.10.04

弦楽四重奏を聴きに行こうかしら

9月28日(月) 「OPUS/作品」 13:00~ 於・新国立劇場 小劇場

作/マイケル・ホリンガー 翻訳/平川大作 演出/小川絵梨子 出演/段田安則(エリオット=第一ヴァイオリン)、相島一之(アラン=第二ヴァイオリン)、加藤虎ノ介(ドリアン=ヴィオラ)、近藤芳正(カール=チェロ)、伊勢佳世(グレイス=ヴィオラ)

 (未だ9月の負債を返済中、という感じ)
 作品・作家のことはまるきりわからないけど、キャストが魅力的、と思ってた。段田、相島、近藤と並ぶと、三谷組っぽいじゃない? でも行けるかなぁ、と迷っていて、9月になってからやっとチケット購入。このくらいのタイミングで買えるのが、ほんとは一番うれしい。小劇場だから、どこから見てもいいや、だし。

 コメディ、なのかな・・・(?)というのと、あとは「弦楽四重奏」ということだけがわかっている状態で、劇場へ。舞台は、真ん中の四角い空間を、客席が挟む状態。
 その舞台の四隅に、椅子と譜面台が置いてある、ほぼそれだけの中で2時間弱、演じられる。あ、アメリカでの話で、NYのほか、ピッツバーグとかワシントン(大統領府!)、ロンドン(レコーディング)などもあるが、椅子&譜面台のみ、というのは変わらない。

 もともと男性のこの弦楽四重奏団は、どうやら同じ指導者の下で学んだらしい。会話の中に先生の話が出てくる。たとえばこんな具合で、会話の中で、なぜエリオットが第一ヴァイオリンなのか、とか、脱退したドリアンの実家はハイソらしい、とか、いろんなことがわかってくる。もちろんそれぞれが抱える事情などもね。

続きを読む "弦楽四重奏を聴きに行こうかしら"

| | コメント (2)

2013.10.02

シェイクスピア祭

 何度も書いてると思うけど、シェイクスピアの生没年は
1564~1616:ヒトゴロシ イロイロ
(ちなみに1616年は、徳川家康の没年でもある)

 つまり、来年は「生誕450年」。ただでさえ、毎月どこかの劇場で上演されてる感のあるシェイクスピア劇が、さらに増えそうな予感。

 今、手もとにあるチラシでも
文学座 シェイクスピア祭
尺には尺を」「お気に召すまま」(2月~3月) のち2015年1月「リア王」。2014年3月~12月に約20作のリーディング公演
☆吉祥寺シアター シェイクスピアシリーズ「荒野のリア」(リア王)
☆新国立劇場「テンペスト」(5月~6月)
 が、すぐに見つかる。

 もちろんその前に、12月には「マクベス」(シアターコクーン)が待っている。さらに、まもなく開幕するのがシェイクスピアと同い年のクリストファー・マーロウ作「エドワード二世」(新国立劇場)。ひゃ~。

 来年は、きっといつもの年よりもたくさんのシェイクスピアが上演されるのでしょうね。・・・あ、いつの間にか来年のことを語ってる

| | コメント (2)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »