« 台風にマケズ落語会へ | トップページ | こまつ座:納得のキャスト »

2013.10.21

10月19日(土) 「狂言 ござる乃座 48th」 13:00~ 於。国立能楽堂

狂言「入間川」石田幸雄(大名)、内藤連(太郎冠者)、竹山悠樹(入間の何某) 狂言「隠狸」萬斎(太郎冠者)、万作(主)--休憩--素囃子「安宅 瀧流」大鼓・大倉栄太郎、小鼓・曽和正博、笛・藤田六郎兵衛 狂言「石神」萬斎(夫)、高野和憲(妻)、深田博治(仲裁人)

 なぜこういう予定にしたのか我ながら不思議だけど、1時から能楽堂、6時半から紀伊國屋サザンシアターという、観劇の一日。だけども、ちょっと忙しくて、どうしましょ。あやうくくじけるところだったけど、いやいや、思い直して出かけました!

 ところで本日の楽しい演目「隠狸」。見るのは2回目だと思ってたの。宝生能楽堂あたりで見たっけ??
 正解は・・・なんと、(たぶん)3回目ではありませんか。2009年に三鷹で、そして2011年に国立能楽堂で見ておりました。そう、能楽堂では万作さんが太郎冠者、萬斎さんが主だったのは覚えてた!

 このブログをさかのぼったら、2009年「初めて見た」、2011年も「初めて見た」と書いてるよ。今回、前に見たことあると覚えてただけマシかなぁ。脳細胞、絶好調に死滅中ですわ。

 「入間川」は初めてですよ・・・たぶん・・・おそらく。入間って、埼玉県だよね。
 この川を大名が渡る時に、「深いからダメ」と言われたのに、この辺りは「逆言葉」を使うから実際は浅いんだ、と。この大名のとぼけ加減が楽しい。万之介さんなき今、こういう役は石田さんだなぁ。
 大名、太郎冠者ともに、装束が波の模様なのも、やるぅ!でした。狂言の衣裳は楽しい。

 「隠狸」は、やっぱり腰につけて出る狸のぬいぐるみがなんとも言えない。えっ、ほんとにぬいぐるみよね、と。なんとなく、何か別の物を見立てたりしそうだから。
 よくあるパターンだけど、謡ったり舞ったりしているうちに、すっかり浮かれちゃってボロを出す、ウフフな狂言らしさ。
 狸に気を取られがちとはいえ、小舞「兎」「花の袖」「鵜飼」も。(和泉流専有曲とパンフレットの解説にある)

 「石神」も、う~ん、初めてじゃないかな。配役を見て、おっ、妻(大酒のみの夫に愛想をつかす)が高野さんだ、と、それだけでニッコリ。夫が石神に化けるんだけど、石神ってそういう存在?などと、歌舞伎の「土蜘蛛」を思い出してみたり。
 
 どれも狂言らしい楽しさにあふれていて、気分スッキリ。まあ、気分転換にアハハっていうのもいいよね!

|

« 台風にマケズ落語会へ | トップページ | こまつ座:納得のキャスト »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

先日は楽しいひとときをありがとうございました。

いやぁ、3曲とも笑い、笑い、笑いでした。私は全部初めて(多分)でしたので、よけいに楽しかったかも。けっこう重い曲もあったりするときが多いように思いましたが、今回はすべて素直に(単純に)笑えるものばかりで、明るい気持ちで能楽堂をあとにいたしました。

私の今回のおおっ!は「入間川」の内藤さん。これから注目していこうと心に決め、狂言座のちらしを見てみたら、萬斎さんと2人での「胸突」が。11月の『万作を観る会』とともに、楽しみです。

書いているうちに本当に初めてだったか???になってきたからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2013.10.22 14:18

からつぎさま
こんばんは。楽しかったですよね!!
・・・と、その前に、三鷹いらい、ン年ぶりにお目にかかれてハッピー気分です。「万作を観る会」へも、ぜひぜひ。
内藤さん(と中村さん)、さいきんお見かけするようになりました。よき先輩たちがいるし、がんばってほしいですね(と言いながら、時田さんとか破石さんという方々をお見かけしないな、とも。そういう事情にはうといんですが)。
野村狂言座、私も行きたくなっちゃいました
今回の「ござる乃座」は、狂言っておもしろいの気分があふれてて、いい週末でした。

投稿: きびだんご | 2013.10.22 22:33

タイトルがないのって初めてですよね?
実はお気に入りに登録していて、更新されるとタイトルが自動表示されるんだけど、今回はエラーになってました(笑)。

投稿: kazzp | 2013.10.23 10:50

kazzpさま
お返事がおそくなってすみません。
タイトルを忘れても、気づいてあわてて入れたりしてるんですが、今回は放置しちゃいました。そんなことになるとは!!です。

投稿: きびだんご | 2013.10.24 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風にマケズ落語会へ | トップページ | こまつ座:納得のキャスト »