« 観劇日記 | トップページ | 初めて文楽地方公演を見る »

2013.10.11

劇場キャパは大事だね

10月11日(金) 「飛龍伝21 ~殺戮の秋」 14:00~ 於・青山劇場

作/つかこうへい 演出/岡村俊一 出演/桐谷美玲、神尾佑、中河内雅貴、細貝圭、山本亨ほか

 ひっさしぶりの、つかこうへい作品。何度も上演されてきた「飛龍伝」だけど、見るのは初めて。今までヒロインがあまり・・・だったんだけど、桐谷さんは見てみたかったんだな~。
 といっても、たまたま生協に出てたから、申し込んだもの。そうしたらJ列のセンターブロック通路脇、という嬉しい席でありました。

 生協ごときで(笑)いい席が来るということは・・・じっさい、ちょっと空席が目立つ。

 これって最近も見た光景。そう、先週の土曜日にサンシャイン劇場で見た「晩餐」と同じ。あの時は、せっかくいいお芝居なんだからもう少し小さいキャパの劇場ならいいのに(役者も観客も楽しめるでしょう)、と思ったのだった。「飛龍伝」の方は、舞台上で踊ったりバク転したりがあるから、ある程度、舞台が大きくないとダメとは思うけど。

 さて。今、このお芝居を見にくる人って、つかこうへいを見てきた人+美玲さんのファン+中河内さんのファン・・・という感じなのかなぁ。私は、神尾佑さんの出演、というのが大きい。その昔、黒タキシードがカッコよすぎた記憶が!(当時の名前は鈴木祐二) それと不覚にも登場されるまで忘れてたけど(コラ)、山本亨さんもね。
 でもって、内容は、安保反対、全共闘、革命、ですよ。ヒロインは神林美智子(かんばやし みちこ)だもん。

 描かれるのは「アンポッ ハッンタイ!」の時代だけど、プロローグ的に「今」。それが、閉館の決まった青山の革命記念館、というのだから、なんというかシャレになりませんわ。このプロローグあたり、男性の高めの声とマイクが相性悪いのか?と思うくらい、ちょっと耳障りだったなぁ。やっぱり最初は肝心。
 だんだん気にならなくなるし、神尾さんのマシンガントークっぽい、すんごい早口の台詞もよくわかったんだから、機械的なものかしら。

 中河内さんって、いろんな舞台で活躍されてるのよね。今回初めて見た。桂木という頭脳派学生の役がうまくはまってたのでは。その昔なら、これって鈴木、じゃなくて神尾さんの役かしら。その彼は、「機動隊の狂犬」山崎。うーん、実はとても人間らしい、最後は「情」の役なのだわ。
 中卒だの百姓だの、放送しづらい台詞のオンパレードだけど、そういう武闘系には山本亨さん!と思ってしまうのが、ほんとおかしい。

 この手のお芝居も、理屈で考えるとすぐに脱落してしまうから、うっかり勧めづらいものがある。暴力だし。
 でも、あの激動の中を、うまく生き抜けなかった人もたくさんいるんだろうな、などと、「歴史」として思ってしまう。

 カーテンコールの後、舞台後方中央に花束が置かれて(ライトも)、「つかこうへい死すとも演劇は死せず」みたいなコメントが。同時に、閉館の決まっている青山劇場にも捧げられたと思うんだけど、いや、反対運動もあることですし・・・などと思っちゃった。

 

|

« 観劇日記 | トップページ | 初めて文楽地方公演を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観劇日記 | トップページ | 初めて文楽地方公演を見る »