« いのうえシェイクスピアを見る | トップページ | 近況でーす »

2013.11.18

初めて岡山で歌舞伎を見た!

11月16日(土) 「松竹大歌舞伎」 14:00~ 於・岡山市民会館

「野崎村」「江島生島」

 1日に日本青年館で初日(夜の部)を見た秋の巡業。やっと(いや、あっという間か)岡山公演となりました。
 地元の友人に取ってもらったチケットは、2階3列で、ちょっとあらら~。ところがこれがとてもいい席。歌舞伎座や新橋演舞場などなど、行き慣れた劇場をイメージしちゃいけません。2階席の方がメイン?(実際、席の数も多い)というくらいで、ちょうどセンターでもあり、満足満足。

 そして、岡山市民会館は大入り満員。穏やかな晴天で、お着物率も高かった。

 東京とは違って、それぞれの演目が始まる前に、少し解説があった。下手の緞帳の前に、音一朗さんが登場して、「歌舞伎を今までに見たことがある人~?」なんて挙手を求めたら、それは多すぎたみたい。
 「野崎村」は、そこまでのあらすじを(まあそうだよね、「なんのこっちゃ」になりそう)、「江島生島」は、島流しのいきさつとか。
 「静かに見なくてもいいんですよ」という、鑑賞教室のような言葉にちょっとギョッとしたら、「他の人の迷惑にならないようマナーを守って」「面白かったら笑ってください」云々。

 じっさいに、いろんなところで、素直に受けていて、その反応がとても楽しかった。隣とお喋りする、などではなくて、楽しんでる感じがあふれてたよ。岡山で歌舞伎公演が見られるのは、年に1回だから、その機会が貴重なんだな、と思った。やはり、ワクワクする、楽しみ!という気持ちが原点だよね。

 さて「野崎村」。え~っと、新宿と比べて、新鮮な大根でしたよ。あの、ちょっと茶色い葉っぱはどうしたんでしょうね。

 右近くん、巳之助くんも、ずいぶん慣れてきた感じ。なかなかよい組み合わせに見えましたわ。・・・でも、2人っきりのやりとりの場は、ちょっと見てる方の気力が落ちてしまった。菊之助・お光には、こちらも初日ほどは真剣に見てなかった、かも。あ、真剣には見てたけど、前のめりに没入してはおらず、むしろ、場の雰囲気を楽しんでたというのが正確だな。

 今回の巡業で、三津五郎さんが見られなかったのは残念だけれど、ほんとしっかり静養して復帰されるのを待っています。

 巡業の旅は大変だと思うけれど、やはり普段なかなか見られない地方の人たちには、ほんと貴重な機会だと実感した。

 すでに来年の予定も発表されていて、愛之助だそうですよ! 

|

« いのうえシェイクスピアを見る | トップページ | 近況でーす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

弥十郎さんが、移動のたびにつぶやいてくれるので、おお、今そこですか?ってのがわかって面白いです。もう九州までいきましたよね。月末に向かって終わりも近い?
まずは無事に最後までいけそうで、よかったなーって気がしています。日本青年館で見たのが、ものすごーく昔みたい二感じますよー

投稿: 猫並 | 2013.11.20 23:28

猫並さま
あ~、弥十郎さんがつぶやいてらっしゃるんですか。知らなかった。
日本青年館がすんごい昔の感覚ですよね。
でも、巡業の旅って日程を見てると、目眩がしそう。秋、っていうのはまだマシかしら。
・・・お疲れ様です。そうこうしてると、12月の判官まで、あと10日。

投稿: きびだんご | 2013.11.21 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いのうえシェイクスピアを見る | トップページ | 近況でーす »