« 2日つづけて音羽屋を見る | トップページ | 秋の巡業、スタート! »

2013.11.03

日展、始まりました

Nitten ←11月1日、東京新聞

 朝日新聞1面トップに「日展書道、入選を事前配分」という記事が載ったのは10月30日。そういえば、招待券を貰ってたのに(入選した方から)、1日からということはすっかり忘れてた。そして、そんな揺れてるタイミングで、初日には(東京新聞)1面左に広告も載ったわけですわ。チケット普通に買うと1200円なんだ

 国立新美術館が好きじゃないんだけど、とりあえず見に行かねばなりますまい。私の先生は日展参事(名誉職?)らしいけど、新参者には日展の話題などはとんと聞こえてきません。それよりも目の前の小さい展覧会に出すことで頭がいっぱい。

 朝日新聞の記事では、日展に応募される7割が書(1万点余)だとか、入選はその10パーセントとか、へぇ~、なことがいろいろ。まあね、絵画や彫刻に比べれば、書は間口が広いわね。

 そして「有力会派」に入選を割り振る、とのことで、確かに「派閥」ってのはあるんでしょうねー。←完璧、他人事。いや、私が今年、初出品した公募展も、そういう一つではあるんですが。ま、単にお稽古に行ってるだけだから。(しかーし、月謝から上納されてるのかなぁ)

 でも「有力8会派」ってのが何かは知らない。読売と毎日が持ってるのは知ってるんだけど、そういうのがない朝日だからこそ、この記事が出た、と思ってもいいですか?

 ちなみに、今年の文化勲章受章の書家は、私の実家の近くにお住まいで、小学生のころ書道教室にちょっとだけ通ったこともある。
 でも、同じ「かな」とはいえ、私の先生とはあまり仲がよろしくないようで(それこそ会派も違う)、話題には出せませんわ。・・・芸術系の勲章は、長生きしてこそ、というのもネ

|

« 2日つづけて音羽屋を見る | トップページ | 秋の巡業、スタート! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2日つづけて音羽屋を見る | トップページ | 秋の巡業、スタート! »