« 上方落語の襲名披露公演! | トップページ | さて12月。平常運転希望 »

2013.11.30

「鉈切り丸」再見

11月29日(金) 「鉈切り丸」 13:00~ 於・東急シアターオーブ

 東京公演の初日(8日)に見て、2回目の観劇は大楽の前日。まあ、うまくバラけた、ということに。
 チケット取れすぎ、失敗、グスン・・・と思ってたけど(おかげさまで嫁ぎ先も見つかったものの)、でもこれは2回見ることで、少し評価アップかな。最初に見た時、えっと思った部分は、もう驚かないし(だいたいギャグ的なシーン)、ゆっくり、生演奏や舞台装置などを楽しむことができた。

 それより何より、やはり森田剛くんの魅力大。どうもJの方々が出演すると、チケット取りにくいという印象があって、あんまり見てこなかったのだけれど、大いに反省した。今後も見ていきたいぞ、と決意したのでありました。発声が綺麗だと思う。

 役者さんに関しては、初回と印象は変わらず。渡辺いっけい、山内圭哉、千葉哲也あたりの存在感は、こちらが落ち着いて見ていた分、さらに増してたように思う。宮地さんの比企尼は、これが高田聖子ならもっと笑ってたかな、と思うと、気の毒でもあり。

 最後の蓮池のところ。初回に見ていた時、突然蜷川演出「王女メディア」を思い出してた。生瀬さん出演というのもあったかも、だけれど、なんか似てる・・・というか、実の子を殺す(殺そうとする)親、じゃないか、などと。

 場面転換の手法はとてもよかったなー。だからさぁ・・・蛙の着ぐるみとかいらないよ(しつこい)。

 
 今回は21列(前回は10列)で、どちらも左ブロック。21列の方が全体を見るには良かったかも。ここは真ん中を貫く通路の後方なんだけど、その通路のすぐ後ろ・センターは当然招待席なのよね。コクーンと同じで。
 この日はV6の人が来て(イノッチと岡田くん?)、客席がものすごくザワついたので、ちょっとイライラするくらいだった。

 客席はチドリになってて、とても見やすい。ホワイエもゆったりしてるし、そうそう、ヒカリエに入ってからのエレベーターもすぐ来るから(終演後も同じ)、いろいろストレスが少ないのよ。

 来年の「いのうえ歌舞伎」もここだったっけ? なんとか見られますように。

|

« 上方落語の襲名披露公演! | トップページ | さて12月。平常運転希望 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま
東京公演長くていいなぁ~と思っていたのに、
あれよあれよという間に終わっちゃいましたね。
私も大阪で2回観たのですが、この作品は2回観て
よかったと思います。
ほんとに上手く置き換えられた脚本でしたね~。
森田剛くんへのあて書きもとても成功していたと思います。

私の友人もきびだんごさまと同じ回を観ていて、
「イノッチと岡田くんが来てた~」と喜んでいましたが(笑)、
そうですか、そんなにざわついていたのでしたか。

オーブは駅からのアクセスもいいし、ホワイエも広くて
ほんとにいい劇場ですよね。あれで音響さえよければなぁ。

投稿: スキップ | 2013.12.03 13:58

スキップさま
お互いにチケット○枚持ってたのに、なんとかなりましたね
値段が高かったこともあって、1回目を見終わった後で、もう1回見るのか、とちょっと盛り下がってたんですが、いやいや。2回見たことで、ずいぶんイメージが変わりました。ほんとは1回でつかむべきでしょうが・・・。
あ、VACに登録しました!

イノッチたちは、開演前にほとんどの人が着席して、でも明るい!という中を、「見て」と言わんばかり(笑)にずらずらっと登場したのです。左側の扉から。私はその通り道の後ろ側だったものですから、前方の人たちも振り向いたり、というのがよく見えました。数列前の子が何度も「やばい」と繰り返したり(この言葉、嫌いなんですよ)。
ここまで、というのが初めてだったので、驚きました。

オーブ、3階席は転がり落ちそうでギョッとしましたが、いやいや、かなり気に入ってます。そういえば音響!! そうでした

投稿: きびだんご | 2013.12.03 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上方落語の襲名披露公演! | トップページ | さて12月。平常運転希望 »