« 今年の総括・・・の前に | トップページ | おだやかな新年 »

2013.12.31

大晦日も仕事中:2013年

12月31日

 なんだか今年を象徴しているようだな、と思いつつ、とりあえず大晦日も午前中は仕事なのです。年末年始にやっつけなくちゃいけない分の、とりあえず目処だけはつけられるように・・・。

 というわけで、なぜか今年は働いた気がするんだけど、気のせいかなぁ。

 仕事量としてはそれほど変わらないかも、だけど、「書」のプレッシャーにおしつぶされそうで、そのしわ寄せがいったのかもね。今年は春:毎日書道展、秋:日書展に出品するための作品書きが、正直つらかった。
 何しろ、本人にはそんなつもりは毛頭ないわけで、でも、出しなさいと言われてNoという選択肢はないのです。そういう世界・・・。

 そして、普段、ボールペンなどで書いてる文字は、一段とにょろにょろなのが、なんともはや、ですわね。そんなこんなで、映画や展覧会など、惹かれるものは多々あれども、だったな。

 生活の中の、柱の一つである(?)観劇は、振り返ってみれば、小劇場系でけっこう興味をひかれるものがあった。それほど趣味じゃないけど、熱をものすごく感じるものも含めて。
 あとは、ミュージカル・デビューもあったな。ロミオとジュリエット、二都物語。これからも、きっと・・・役者さんで見に行く機会はありそう。

 演出家は今年も長塚圭史さん、かな。三好十郎の戯曲「冒した者」など。この葛河思潮社ものには、今後も期待。

 歌舞伎座が新開場した年であり、まさかの(笑)菊之助結婚・パパに、というおめでたい年でもあった。こけらおとしの3ヶ月がもはや遠いことのようにすら思えるけれど。これからもきっと音羽屋中心に見ていくことは違いない。チケット代が高いのが難ではあるけれど、近くから見たいしねぇ・・・。
 花形役者の活躍も印象に残る。染五郎をリーダーにみんなで切磋琢磨、というところかしら。

 来年もどこか旅行したいな。寒い時期にベトナムはどうかしら、とか考えてはいるんだけど、さて、どうなることやら。時間に余裕ができた時には、体力がありませんでした、ということのないように、元気があるうちに、多少無理はしても出かけようと思う。(と言いつつ、2月は歌舞伎座の花形、3月は南座、と思うと、なかなかふんぎりがつかないぞ)

 自分のためのいろんな記録として、実はこのブログは重宝してるの。相変わらず、適当に好きなことばかり書いて、お目汚しをしておりますが、来年もよろしくお願いします。

|

« 今年の総括・・・の前に | トップページ | おだやかな新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の総括・・・の前に | トップページ | おだやかな新年 »