« 本と芝居と音楽と:日曜日の巻 | トップページ | 熱中症になりかけた »

2014.02.11

弁天小僧にうっとり

2月9日(日) 「二月花形歌舞伎」夜の部 16:30~ 於・歌舞伎座

通し狂言 青砥稿花紅彩画(あおとぞうし はなのにしきえ) 白浪五人男

 5日の昼の部を3階から見てるけど、まずは(というより今ごろ)こちらから。大雪の翌日とはいえ幸いお天気もよくなり、都知事選の投票に行ったその足で、いざ歌舞伎座へ。用心して早めに出たので、4時少し前に歌舞伎座に着いたら、フライングで開場してたよ!
 音羽屋の番頭席には若奥様が。深緑色の地に小さめの蝶々が飛んでるお着物も素敵でしたよん。

 席は5列の花横でさらに気分も そのまま終演までワクワク気分のまま、楽しかったなー。

ま、要は菊之助を堪能したわけだけれど、やはり屋根の上の立ち回りが迫力だったな。あんなに激しい動きとは思わなかった。もちろん、浜松屋~稲瀬川の名台詞も堪能。松緑とはいいコンビ!! でも彼ほんと痩せたね……菊ちゃんのポワッとした感じがこれ以上成長しませんように(汗)。
 花形勢揃いの中で、なぜかとてもインパクトがあったのが、狼の悪次郎(菊十郎)。あの、いかにも怪しげな雰囲気が、その先の予兆となって……。しかも、もう一回、出てくるんだものね。 また、浜松屋の主人(團蔵)や番頭(橘太郎)もさすがだったな。先月の研修発表会で、若手のほんとに一生懸命の舞台を見たから、なおさらゆったり気分で見たのかも。  もう一度、後半に見る予定なので、その時は(パソコンどうなってるかな)もう少し感想を書きたいな。これ、途中からスマホで打ったら、改行がきかない。え~ん。 日曜まで……旅行日記になるかもしれません。

|

« 本と芝居と音楽と:日曜日の巻 | トップページ | 熱中症になりかけた »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

今月は昼の部だけの予定だったのですが、三階一列しかも通路側が戻っていたので、本日急遽観劇。いやぁ、行って良かったぁ(^O^)

屋根の上の立ち回り、見応えありましたねぇ。三階でも充分楽しみました!五人男勢揃いではやっぱり松緑さんをガン見(^_^;) でも耳は亀三郎さんの声をしっかり拾ってました(^^)

戻りチケットさまさま〜のからつぎでした@日比谷線

投稿: からつぎ | 2014.02.12 20:40

おお、もしかして、同じ席ですかね。私も音羽会から着たんですが、5列目の花横でした。先月の国立でも同じように5列目の花横で、今年になってから続いてるもんだからビックリしたんですが。まんま、花道ブロックの花道側端っこですよね?
弁天だから、あそこだけのお楽しみっていう気分になれますよねー

投稿: 猫並 | 2014.02.12 21:32

からつぎさま
おお! 戻りチケットはやはりチェックしなくては、ですね。
私も上からもぜひ見たかったのですが、成り行きでそれが果たせず、残念です。
花形世代の五人男、ほんとこれからもますます楽しみ、という気がします。

投稿: きびだんご | 2014.02.13 22:03

猫並さま
この日のチケットは急遽お願いしたんですよ。1月も後半になって、しかも3枚。だからあんまり期待してなかったんですが、意外にも、でした。花道のすぐ横ではありませんでしたが。
友人に頼まれた分は、土曜日のせいか、10列の花横ブロックだったりして、ちょっとあらら~ではありました。
今月散財したので、来月の歌舞伎座は3階からしか見ないかも

投稿: きびだんご | 2014.02.13 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本と芝居と音楽と:日曜日の巻 | トップページ | 熱中症になりかけた »