« 鳩居堂画廊の書道展:PR | トップページ | 京都の話つづき »

2014.03.04

京都に行ってきた

3月3日、ひなまつりの日に南座を通しで見て、20時32分発ののぞみに乗車。なんとか日付の変わらないうちに帰宅できました!!
家に帰ってみれば、家族の一人はもう寝てるし、一人はまだ帰ってないし。

2日の朝、岡山に向けて出発。母と喋ったあと、「じゃあね」とそそくさとローカル線に乗った。そして京都泊

南座は2日初日で、日程的にはそれも可能だったけど、まぁ初日にはこだわらず。むしろホテルも安く泊まれるだろう、とか、そういうのを優先したのよん。

久しぶりの南座、楽しかったあ。花形の皆さんが奮闘。先月に続いて、亀三郎、松也が頑張ってました。
それと、松之助、橘太郎もね。いいなぁ、この二人。
芋洗い勧進帳のラスト、橘太郎が箒を持って出て桶に首を投げ入れるとき、率先して「あかりをつけましょ   ぼんぼりに〜♪」と歌ってました。

松緑は4役も演じてた。切られ与三に出ると思ってなかったから、登場の時にアラマ。
鳶頭の金五郎役で、与三郎との木更津散歩(客席散歩)も楽しかった。ちょうど東の桟敷に舞妓ちゃんが数人いて(総見ではない)そんなネタも。

菊之助の与三郎は……一言で言えば固い感じ。源氏店の台詞も、お富や蝙蝠安とのテンポがなぁ、と。
蝙蝠安が團蔵で、これが徹底的に情けない存在。
梅枝は、顔の輪郭がそもそも綺麗だな、と思って見てた。退廃的雰囲気って向くのかも。

昼の部の幕間には、にしん蕎麦を食べに出たり、夜の部までの間に原了郭へ行ったり。それなりに観光wも。

夜の部については、また。

|

« 鳩居堂画廊の書道展:PR | トップページ | 京都の話つづき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさいませ。

酔いどれ(失礼)観劇旅、楽しまれたようで何よりです。うぅ~、嵐クン見たいよぉ~~~~~。最近痩せて精悍さが増したせいか、辰之助丈にすっごくよく似てらっさいません?

菊ちゃんもパパみたく3役、はちと無理かな。2役はぜひ演じていただきたいものですね。梅枝くんの退廃的雰囲気、なるほどです。

私も初南座のときに食べました→にしんそば。

国立気に入ったので買い足したからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2014.03.04 20:41

からつぎさま
ただいま~、です。えへへ、今回も……カウンターで京都のお酒を飲んじゃいました
おかげで、ホテルに戻ったらパタッと寝ちゃって、持参した仕事は荷物になっただけでした。

松緑さん、先月の歌舞伎座では昼夜とも、内心いろいろある人物でしたよね。精悍さが生きててよかったですが、素襖落の太郎冠者はほんとノンビリ大らかな可愛らしさがあって、それもよかったですよ。
音羽屋の芸の継承は大事でしょうが、菊之助らしい、これ!ってのも見たいです。

投稿: きびだんご | 2014.03.04 22:11

夜の部が早いんですね?へー
夜の切りが菊之助の踊りでしたよね?
だったら、夜終わりは気持ちいいかも。羨ましい (^_^)
にしんそばといえば、修学旅行の思い出ですが…

投稿: 猫並 | 2014.03.05 22:53

猫並さま
東京からも日帰りできますよ、という時間設定ですね。
夜の部は、ほとんど何も考えずに、目の前のことを楽しめばいいから楽でした(昼も吹雪峠以外はそうですけど)。
で、娘道成寺よかったです 二人道成寺では可憐な方担当、みたいなところもありましたが、今回は情念たっぷり、成熟した魅力を感じました。これで打ち出されると、満足感がいや増す、というものですわ。
今月は南座にかけたので、歌舞伎座は3階Bで~す。菊パパごめんなさい

投稿: きびだんご | 2014.03.05 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳩居堂画廊の書道展:PR | トップページ | 京都の話つづき »