« お昼ヌキで歌舞伎を見る | トップページ | 3月のドン・キホーテ »

2014.03.10

スーパー歌舞伎・・・

3月9日(日) 「スーパー歌舞伎Ⅱ 空ヲ刻ム者」夜の部 16:30~ 於・新橋演舞場

 当初の予定では、3階からひっそり見るはずだったんだけど、友人たちとの「例会(飲み会?)」が急遽決まって、つい2階に降りてしまった。2階センターブロック左端・2列って、とても見やすかった。もちろん宙乗りがあるからここにしたんだよ。

 とはいえ、終演が9時すぎとのことで、演舞場に行く前に、お昼がてら飲んじゃったもので、「封印切」okと自慢してた私が、あえなく 2幕目の前半までちょっとつらかったです。それはたぶん私のスーパー歌舞伎や猿之助への距離感のせい・・・。熱をもって語られる言葉(ザッツ猿之助)が、頭の上を通り過ぎていく、という感じで。なのでストーリーなどについては、あえて書くこともないかな。まあ、いくら現代語でも、「歌舞伎」の舞台で、農民とか自治とか言われると、ひんやりしちゃう石頭ゆえ、ということもある。

 その上で、印象に残ったことをあげると
 チームおもだかや、の結束力を強く感じた。もちろんそれを率いていく猿之助のパワーもね。女形の皆さんが綺麗で綺麗で
 蔵之介、白塗りのお顔が予想以上に素敵。屋号をつけるとしたら何かしら。
 衣装がずいぶんキラキラしてましたねー。と言いつつ、宙乗りする時の蔵之介の衣装は好きじゃないの。
 門之助、すごくよかった。ふだんもっともっと見たいな(と言ってると亀鶴とかも思い浮かぶが)。
 浅野和之、いかにも 役回りとして、ちょっと藪原検校を思い浮かべた。

 日曜日だからということももちろんあるだろうけど、観客に若い人がとても多いのね。初めて歌舞伎を見る、という人も多いのだろう。終盤の見せ場では、「キャー!」なんて聞こえて、楽しかった。

 ま、正直言うと「例会」じゃなければ、やっぱり3階でよかったな、な感じではあります。

|

« お昼ヌキで歌舞伎を見る | トップページ | 3月のドン・キホーテ »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お昼ヌキで歌舞伎を見る | トップページ | 3月のドン・キホーテ »