« 吉祥寺に荒野が・・・ | トップページ | 杉本文楽を見る »

2014.03.19

「ペコロスの母」に会ってきた

3月18日(火) 「ペコロスの母に会いに行く」 15:55~ 於・下高井戸シネマ

監督/森﨑東 原作/岡野雄一 出演/岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮、竹中直人ほか 公式サイト(ココ

 珍しく火曜がオフなので、1000円で見られる日でもあり下高井戸シネマへ。チラシの惹句は「認知症の母みつえとバツイチ・ハゲちゃびんの僕 愛おしくて、ホロリ切ない僕らの毎日」というもの。その写真は母みつえが、息子のハゲちゃびん頭(←玉ねぎのペコロス)をなでてる。

 いろいろ賞をを取ったりして話題の映画ではあるけれど、重いといやだなぁ、という気持ちもあった。ドンピシャ介護世代だから、どうしても自分にひきよせてしまうし(おお、水村美苗「母の遺言」は読めないまま放置してる)。

 でも、ほんと明るくてユーモラスな場面がいっぱい。認知症であるがゆえに、かかってきた電話の受話器を上げっぱなしで(=電話がかかってきたことを忘れてる)、結果的にオレオレ詐欺に遭わずにすんだり。でも、そうして見せることで、こちらは笑ってるけど、実際にわけもわからず被害に遭う(リフォーム詐欺なども)現実も実感するわけ。同様に、徘徊などのことも。

 時々のひとことが苦かったりする。男所帯(母・息子・孫息子)だから、在宅では無理となり施設に入れるというとき、仲のよい同じペコロス頭の友人(温水洋一)に、「親を捨てるのか」と言われる。「お前の家には奥さんがいるから」。このシーンだって、2人の頭がやけに強調された撮り方なんだよね。・・・そしてこの友人の台詞は、あとになって彼自身により回収される。

 私自身は、実母と義母の2人が介護施設のお世話になっている(いた)。入所の決断の段階では、どうしても「(極端に言えば)親を捨てた」感から逃れられなかった。その後も折りにふれて「他人(仕事)だからこそ親切にしてくれる」と自分に言い聞かせてきた。だから在宅介護での虐待も、他人事じゃないと思ってる。

 とはいえ、2人とも身体が不自由で入所したのであり、認知症ではなかった。現実に認知症が進行していく親を近くで見てきた人とは、この映画に対する感想も違うのではないかと思う。私が単純にアハハと笑っちゃうところだって、笑えないかもしれないし。

 もともと原作は、長崎在住の岡野氏の実体験エッセー漫画(朝日新聞で何回か記事になってたはず)。地方であり、歌を歌ったり漫画を描いたりする人ゆえの明るさもあるのかな。ま、映画では会社をクビになったりもするけれど。

 それと、母親と息子だからこそ通じ合うものがあるんだと思う(「母の遺言」の母-娘関係の重苦しさとは逆の)。孫息子もとても優しい。
 なんでそんなことを思うかというと、私の周り=夫やその弟、古い友人たちを見てると、母親にはほんと優しいんだもん。

 っで! ひるがえって私はどうでしょうか。もはや被介護年代が着々と近づいてきているんだけども、優しくしてもらえるかしらん。限りなく不安。
 いよいよますます(介護施設もそうだけど)、お金がないと老後が心配という現実にさいなまれて、お金のことばっかり言う老人になったらどうしよう・・・。映画の母みつえさんは、若い頃(戦前&子供の小さい頃)のいろんな記憶の中を、楽しく懐かしくそして哀しくさまよったんだけれども。

|

« 吉祥寺に荒野が・・・ | トップページ | 杉本文楽を見る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。ご無沙汰しており、すみません。
親を入所させるって重いですよね。母の場合は父が決断してくれて、私の重荷を背負ってくれました。今の施設で暮らし始めてもうじき6年目に入ろうとしています。職員さんに「私もそのうち母と一緒にお世話になるかも」なんて、冗談とも本気ともつかぬことを言う年齢、先のことを考えちゃいますよね。
ところで、今朝の東京新聞を開いたら、「続ペコロスの母」が4月7日から毎週月曜日に連載されるという記事が目に飛び込んできました。私はペコロスのことは知らなかったのですが、きびだんご様のこのエントリーが反射的に頭に浮かびあがってきて、久々に…という次第でございます。
きびだんご様のエントリーがなかったら、この記事、見出しだけで流していたかもしれません。おかげさまで連載への期待、楽しみも大きくなりました。

投稿: SwingingFujisan | 2014.03.23 08:52

SwingingFujisanさま
こんばんは。今日は出社仕事のためお返事が遅くなりました。そして、iPadで初めてコメントしてま〜す。まだ慣れないの。
ペコロスの母、私もノーマークだったんです。でもちょうどうまく見に行けてよかったです。息子の雄一が愛すべきキャラなんですよ。
今まで介護する側のことしか考えてなかったけど、だんだん介護されるようになったら・・・と思うようになりますよね。
東京新聞、さっき読みました! 楽しみです。

投稿: きびだんご | 2014.03.23 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉祥寺に荒野が・・・ | トップページ | 杉本文楽を見る »