« 3月の忘れ物:演劇 | トップページ | ローラ ROLa »

2014.04.02

いのうえ歌舞伎を楽しむ

4月2日(水) 「蒼の乱」 12:30〜 於・東急シアターオーブ

作/中島かずき 演出/いのうえひでのり 出演/天海祐希(蒼真)、松山ケンイチ(将門小次郎)、早乙女太一(帳の夜叉丸)、梶原善(弾正淑人)、森奈みはる(邦香)、粟根まこと(伊予純友)、高田聖子(桔梗)、橋本じゅん(黒馬鬼)、平幹二朗(常世王/奥の大殿)ほか

いや〜、楽しかった! チケットを発券したら2階席で一瞬となったけど、いやいや見下ろすといろんなものがよく見えよくわかり、とてもよかった。足元もかなりゆったり。よく見える、というのは、特に立ち回りのカッコイイかたち、かな。
もちろん天海祐希は徹底的にオトコマエで、松山ケンイチは直情径行な役がキャラによく合ってた。ほんと、それぞれの役者さんが素敵だったな〜。

中でも(平幹二朗は別格として)、梶原善! クールな頭脳派の公家で得体の知れなさも熱さもあって。その昔の田山涼成もそうだけど、ドラマやなんかでのちょっと情けない役と大違い。

新感線の役者さんもそれぞれ見せ場もあり、よかったんだけど、橋本じゅんの役は反則では 思い出しただけでわらえてしまう。役名・黒馬鬼=くろまき、耳で聞くとクロマティに思えちゃったよ。粟根さんの初登場シーン、船づくりの場面は特にいい感じのミュージカルっぽかった。

しか〜し、役名を見ただけでもわかるように、純友ー将門、なんである。このあたり魅力的な話なのよね、やはり……と、花形歌舞伎・陰陽師を思い出したりもした。でもこちらの方がいろいろ自由なだけに目でも耳でも楽しめる要素が。なーんて、比べるようなものでもないけど。

よく作ってある、と構成エトセトラにも感心しつつ、でも基本は、単純に楽しみ幸せだったな〜。そう、首塚は粗略に扱っちゃいけません。

|

« 3月の忘れ物:演劇 | トップページ | ローラ ROLa »

演劇」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま
さすがにいのうえ歌舞伎、見応えありましたね。
私は1階後ろ~の方から観たのですが、これもアリかなと思いました。

じゅんさんの黒馬鬼、あれはほんと反則ですよね。
私なんて幕間に友人に「じゅんさんってずっとあの役なん?」と言ってしまいました(笑)。

東京千秋楽にまた観る予定ですので、どんなふうに進化しているか、楽しみです。

投稿: スキップ | 2014.04.03 12:17

スキップさま
いや〜、ほんと楽しかったですね。
私は「船に乗れ」の時が1階後方席でしたが、そこもわるくなかったですし、新感線を3階で見たこともあります。で、2階は初めてかも。あちこちの席に座るたびに評価が ま、ミュージカルが多いから、それほど行く機会はないのですけれど。
スキップさまってば、東京の千秋楽もご覧になるの お住まいはどちら

投稿: きびだんご | 2014.04.04 01:42

こんばんは。
今年は(「も」かな)できるだけ歌舞伎以外の演劇には目を瞑ることにしており、いつもなら一番に取るはずの「蒼の乱」もぐっと堪えました。
「男前な天海さん」で『薔薇とサムライ』を思い出し(天海さん、すっかりお元気になられたようで本当によかった)、純友-将門ではきびだんご様と同じように去年の『陰陽師』が頭に浮かびました。
こちらで楽しませていただいてありがとうございました。

投稿: SwingingFujisan | 2014.04.04 22:24

SwingingFujisanさま

こんばんは。パルコ劇場帰りのきびだんごデス。
私も徐々に取捨選択かな、とは思いますが、まぁもう少しアチコチしてますわ。普通の演劇は、上演時間が2、3時間というのが多いから、歌舞伎より行きやすい、というのもあるんですよね。
天海さん、お元気になられてほんとによかった
やっぱりテレビよりも舞台で見たいですもの。

投稿: きびだんご | 2014.04.04 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月の忘れ物:演劇 | トップページ | ローラ ROLa »