« マタイ受難曲! | トップページ | 三谷芝居に大笑い »

2014.04.13

久しぶりに明治座へ

4月12日(土) 「きりきり舞い」 17:00〜 於・明治座

原作/諸田玲子 脚本/田村孝裕 演出/上村聡史 出演/田中麗奈、加藤雅也、吉沢悠、板尾創路、熊谷真実、篠井英介ほか

篠井さんご出演だなぁと思いつつ、チケットを買うほどの熱意はなかったんだけど、某所にてお安〜く入手できたので。すごく久しぶりの明治座、の気がする。席は花外とはいえ7列。土曜でこれだから平日は苦戦してるのかも。

登場するのは、十返舎一九の家族。娘の舞(田中麗奈)が主人公で、ハチャメチャな父親(加藤雅也)に反発しつつ、継母(熊谷真実)と3人で暮らしてる。友達に北斎(板尾創路)の娘で女絵師のお栄(山崎静代)がいる。

まぁ、「時代喜劇」とあるように、いかにも明治座っぽいといいますか、時に歌や踊りがあったり、恋模様を織り込みつつ。
篠井さんは、舞が稽古をつけてもらっている踊りのお師匠さん。ほんとに花柳流の名取なんだけど、ストーリーとは関係なしに踊るシーンあり。これは嬉しかったけどね。

加藤雅也って、舞台を見るのは初めてかなぁ。ちょっと老け役だけど(いつまでも若いような気がしてる)、迫力あってよかった。でも、一番よかったのは、なさぬ仲の母役・熊谷真実だな。うまい人の出演場面って、ほんとにピリッとしまる。

南海キャンディーズのしずちゃんも、意外によかった。見た目からしても、棒かと思ってたら(失礼)、いい意味で存在感があった。もう一人、私がけっこう好きな板尾さんは、ちょっと出番少なし、というところ。

田中麗奈も悪くはないけど、うーん、いま難しいところかしらね。こういうキャッキャ明るい町娘、みたいなのを、あえてやらなくても……。

歌舞伎ではないけど、時代ものだから?お着物の方たちが多かったのにもびっくり。そうか、明治座って、そういう劇場なんだわね。我が家からは電車でほぼ一直線、乗り換え簡単だし、ちょくちょく行ければいいけど、でもねー。ま、土曜日の気分転換にはよかったよ。

|

« マタイ受難曲! | トップページ | 三谷芝居に大笑い »

演劇」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ご無沙汰しております。
お忙しいのにいつもながらアクティブ、タフだなあと感心しております。
田中麗奈さんがわりと好きなので、このお芝居、見たかったんですよね、本当は。出演者もいいし、楽しそうだし、やっぱり見ればよかったかな。
最近、なるべくスケジュールをゆるゆるにしたくなってきていて、これまでだったら絶対見ていた芝居もどんどんパス状態。こうやって老いていくのかもしれません…

投稿: SwingingFujisan | 2014.04.29 17:19

SwingingFjisanさま
こんばんは。今日は会社だったんでーす。
遊んだあとは、ちょっと働かなくてはねぇ。
さて明治座。ふつうの値段ではちょっと見に行けなかったかな、と。もちろん安い席はあるわけですが、それなら他の劇場へ、というのが正直な感想です。まあ好みの問題で、私はもう少しギュッと詰まった(空間的にも)が好きなだけですね。
田中麗奈はそうですね、もう少し大人な役を見たいです。

投稿: きびだんご | 2014.04.29 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マタイ受難曲! | トップページ | 三谷芝居に大笑い »