« GWに行った美博 | トップページ | 演出家・赤堀雅秋に大注目 »

2014.05.14

my last 住大夫

5月13日(火) 「文楽五月公演」第一部 11:00〜 於・国立劇場 小劇場

「増補忠臣蔵」本蔵下屋敷の段
「恋女房染分手綱」引退狂言 沓掛村の段/坂の下の段
「卅三間堂棟由来」平太郎住家より木遣り音頭の段

いよいよ住大夫さん、今月をもって引退される。私が文楽に行き始めた時にはすでに80近かったのかな。聞いておかなければ、と思うのに、いっつもzzzとなっちゃって、心地いいのねとかなんとか言い訳してた。それでもここ5、6年はちゃんと聞けてた(つもり)。
それにつけても、太夫人生の晩年に、大阪府・市に振り回されて気の毒だった。現市長には、伝統芸能やそれを受け継いできた人に対する、尊敬の念が感じられないのが一番イヤ。改革すべき点があるとしても、ね。……と、これについて書き始めると噴火しそうなのでやめます。

今月、友人たちとのお楽しみ会は、文楽と決めていたけれども、第二部にした。だって、演目がどれもあまり好きじゃないんですもん。みんな勘十郎ファンだし。
ということで、第一部を先に一人で。住大夫さんを聞ければいいや、と2等にしてみた。チケットが取れるなら3等にしたかったよ。前にも書いた通り、チケット争奪戦、惨敗だったのですわ。第二部が4枚とれたことをヨシとするのみ。

「増補忠臣蔵」は初めて。おや、いきなり千歳大夫とは(三味線・團七。奥は津駒大夫/寛治)。でもねぇ、そんなに面白いとは思えなかったな。本蔵が虚無僧姿をしてる理由の段、だけれども。

引退狂言、沓掛村の段、前を文字久大夫/藤蔵。重の井の子別れは歌舞伎でもよく見るけど、これは文楽で一度見たことがある……かな。記憶あいまい。(*何か別のとごっちゃになってたと思う。きっと見たことない。)坂の下の段が、残酷よねー。苦手なんです。なぶり殺しのようなのは。だから、お約束、息絶える前に駆けつけても「もっと早く来い」だし。
でも、ありえないくらい豪華な人形配役。馬方八蔵=勘十郎、八蔵母=文雀、倅与之助=簑助、慶政=和生。ちょっとだけしか出ない悪党二人が、紋壽、玉女。
住大夫さんはさすがに力強さはないけど、低音がいかにも「滋味あふれる」というところ。一度、朝日カルチャーセンターでお話を聞く機会もあったし、ここまでの現役まっとう、お疲れ様でした。
坂の下の段、文字久大夫、咲甫大夫、始大夫が、ものすごく力が入ってるように感じられた(三味線・清友)。ストーリーはストーリーとして……引き込まれた。

そしてほんとにウッカリしてたのは、卅三間堂棟由来、お柳が簑助さんってこと。油断してました。そりゃあね、沓掛村では竹馬で遊ぶ子供を遣ってらしたんだから、それだけでは、でしょうけど、頭になかったの。なんか久しぶりに女形をたっぷり見たなぁ。
切の嶋大夫/富助もノーマークな私(中は睦大夫/清志郎)。住大夫さんのところしか考えてなかったのがバレバレ。

|

« GWに行った美博 | トップページ | 演出家・赤堀雅秋に大注目 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

こちらでは、初めましてのホタルです。
私、今日観て来ました。

こちらで予習していったので(笑)豪華な人形配役を見逃す事もなく(紋壽さんも久しぶりに拝見出来て嬉しかったです)、嶋大夫さんも事前から聴く準備できました

住大夫さんは最初の一声は弱いと感じましたが、その後の語りはだいぶ“らしさ”を感じられました。(子供の部分はちょっと大変そうでしたが)
住大夫さんを聴きながら、これまで10年ほどの文楽人生(大げさな言い方ですが)を振り返ってしまいました。
すごくセンチな気分になっていたところに、その後の坂の下の段の3人の大夫さんの太く力のある語りに明るい未来を感じられて、ちょっと元気が出て来ました

先日、NHKで住大夫さんの引退公演に向けての密着取材を見て、リハビリとかものすごく頑張っている姿に感動したのですが、最後まで頑張ってほしいです。

投稿: ホタル | 2014.05.16 23:45

ホタルさま
コメントありがとうございます!
お役に立てましたでしょうか 嶋大夫さんを見ると、ホタルさぁん、な私です。でもほーんと、第1部は沓掛村の段のことしか考えてませんでしたよ。
私もNHK見ました。録画に失敗してはるばる大阪から送ってもらったという……。(ふっくら見えるはずの)画面を通しても、やつれてらっしゃいましたが、私の父と同い年ですもんね。あんな過酷な舞台を連日、というのでさえ奇跡のようです。引退されても、指導などでお元気にすごしていただきたいですね。それにしても、文字久さんって、NHKでは常に叱られてる。
そして、坂の下の段の力強さにも心打たれました。この先、引退の5月を思い返す時、切の住大夫師匠だけじゃなくて、沓掛村〜坂の下の段までの全体を思い浮かべそうです。

投稿: きびだんご | 2014.05.17 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWに行った美博 | トップページ | 演出家・赤堀雅秋に大注目 »