« 團菊祭・千穐楽! | トップページ | 祝・還暦!の大谷亮介さん »

2014.05.28

たまには落語を

5月23日(金) 「皐月恒例 市馬落語集 下巻」 18:30〜 於・日本橋劇場

開口一番(市丸・転失気)、市江・近日息子、市馬・あくび指南、ゲストコーナー(ペギー葉山:夜明けのメロディ、南国土佐を後にして)ーー仲入りーー市馬・らくだ

毎年この時期に、市馬落語集のスペシャル版が開催されるようになって何年かなぁ。ゲストは必ず、この道50年、60年の(゚0゚)の歌手の方。今年は前日22日が青木光一さん、そして今日はペギー葉山さん。
そうそう、前日も行くつもりではあったの。仕事が7時までだから、仲入りくらいに到着できるな、と。でも、寒いし……とパスして帰りの電車に乗った途端に、ザァー大雨。うまく回避した結果になった。我が家付近には雨の気配もなかったけどね。

1階席の後方(好きな通路脇)で、ゆったり聞いた。初めましての市丸くん。イメージ的にはちょっと悪ガキ(市馬一門比)っぽい。次の市江くんの、前座時代の名前が市丸じゃなかったっけ。その市江くんも、ひょろ〜なイメージからちょっと貫禄ついたみたい。噺は……そんなに変わってる感じがしないぞ。

ゲストのペギー葉山さんは、いまNHKで日曜?早朝にやってる「柳亭市馬の演芸図鑑」のゲストでも出演されたそう(演芸図鑑は10回の約束なんだって。見たことないけど そして、歌手協会の前会長だそうです。1席目のマクラで、落語協会の会長は全部言えないけど歌手協会は言える!とおっしゃってました。

この会のステージに上がられる方は、みなさんもれなく80歳以上かと思うけど、まさに化け物のように若々しい。人から見られる仕事、かつ声を出す……大事なのねー。ペギーさんは歌われた2曲に関するお話も。「夜明けのメロディ」って、ラジオ深夜便の曲だそうで、五木寛之作詞なのか。そして「南国土佐を〜」は、戦争に行った土佐の人たちにかかわるもの(故郷を思い出しながら歌ったり)、とのこと。知らなかった!
歌声はさすがに高音が厳しいものの、声量もあって、さすが、でした。ちなみに私の右隣のお二人(男性)は、仲入りの後には消えてました。

市馬師匠の噺は、この時期にぴったりの長閑な「あくび指南」と、たっぷりの「らくだ」。おおらかなのんびりした噺がやっぱり好きだなぁ、と思う。

|

« 團菊祭・千穐楽! | トップページ | 祝・還暦!の大谷亮介さん »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 團菊祭・千穐楽! | トップページ | 祝・還暦!の大谷亮介さん »