« 中村芝のぶさん! | トップページ | 團菊祭・千穐楽! »

2014.05.26

團菊祭、千穐楽…感想の前に

5月25日(日)

歌舞伎座、千穐楽の日曜日、昼夜通しで3階Bから見てきた。感想は後日ということにして(書けるのか)、今日の席のことを。あ、どちらもweb松竹の、おまかせで。

昼の部は7列10。 出かける前、自宅で座席表を見た時に1列の10と見間違えてて、通路に近いつもりでいたら違ってた。それはともかく、なんかハズレでした。お隣さんが。
毛抜が始まって幕が開くのに合わせたように入ってきて着席。そこから、大きな荷物を置く、眼鏡を出す、目薬をさす、双眼鏡を取り出す……エトセトラ。これらを別々の行動でやってるのよ。いっぺんに物を出せ、って感じ。私も、気にしちゃいけない、視界に入れないようにしよう、と思ってたの。難しいけど。まあ、これで落ち着いたかな、と思った時には、簾が上がって明石屋さんたちが登場してたわよ。
が、そのお隣さん、今度は文庫本を開いたから、えっ!? ああ、もう完璧に自分の家でテレビを見てるようなつもりよね。以後、本を読みつつ、時々舞台を見て、ちょっと眠って、毛抜終了。

後の2演目も似たようなもの。最後まで文庫本は膝の上。読んだり寝たり。勧進帳はわりと起きてたかもね。あ、私よりは年上と思われる女性でしたよ。ちなみに文庫本はタイトル不明(笑。何読んでるのよぉ、とは思った)だけど、図書館の本であった。
ここまでマイペースなのも珍しい。別にうるさくしてるわけじゃないから、注意しづらいじゃない? でもねぇ、確実にこちらの気分はですよ。

夜の部は7列21。4人並びの端の席ですね〜。いつも3階Bは座席選択せずにお任せだけど、ここは久しぶり。千穐楽の日曜なのにね。これ、web松竹に入ってすぐに取ったわけじゃないから、どなたか手放した瞬間に遭遇したのでしょう。

というわけで、昼の部、「何しに来たのかな」という人に遭遇したので、つい書いちゃいました。愚痴でごめんね。

|

« 中村芝のぶさん! | トップページ | 團菊祭・千穐楽! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

愚痴りたくなるお気持ち、わかります。
お隣さんが気になっちゃうと、舞台に集中できないもの
「気にしない、気にしない」って自分に言い聞かせても、そう思っている時点で、舞台から意識が離れているわけで

予約の時点で良席ゲットと喜んでも、当日にならないと良席かどうかはわからないってことが、何ともね

私は昨日宝塚観劇で、爆裂拍手の女性の隣だったのでした

投稿: 尚花 | 2014.05.26 22:26

尚花さま
私は歌舞伎観劇歴よりも、小劇場系ストレートプレイ歴の方がずっと長いので、歌舞伎は客席のあれこれに戸惑うことが多かったです。その頃に比べれば、忍耐づよくなったもんだ、と。
まぁ、3階Bなら諦めても、大枚はたいて1等だった時は、許せん!と思うことも。ま、思うだけですけれど。
そうそう、どうしてそんな大きな拍手ができるの?という、けたたましい拍手の方もいますよね。でも宝塚とかミュージカルは、(多くの場合)まだ安心して見られるのかしら。

投稿: きびだんご | 2014.05.27 00:44

ぎりぎりもしくは開演後に来て、がさがさやっている人は間々見ますが(それぞれ事情があるのは重々わかるけど、せめて5分前には着席していてほしい)、文庫を開いてる人って見たことない ほんと、何しに来たんでしょ。
お気の毒さまでした。
ちなみに前日観劇した私の隣の方は気さくな方で、幕間にちょこっとながら色々お話しました。以前はこういうことが時々あったのですが、久しぶりの一期一会的出会いでした。

投稿: SwingingFujisan | 2014.05.27 14:12

SwingingFujisanさま
私もギリギリ到着ってことはわりとあるんですが、でもそういう時は気を使って、できるだけゴソゴソしないように、とは思ってるんです。チケットを買ってる客なんだから、何をしてもいい、ってことはないですもんね。いやはや。
私もたまに隣の方とお喋りすることあります。自分からはなかなか話しかけられませんが、でも楽しい時間を共有した満足感がありますねー。

投稿: きびだんご | 2014.05.27 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中村芝のぶさん! | トップページ | 團菊祭・千穐楽! »