« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014.06.29

「てっ、おとうやん!」

6月28日(土)「第14回 太宰を聴く 〜太宰治朗読会〜」 14:00〜 於・三鷹市芸術文化センター星のホール

朗読/伊原剛志
(三鷹市長挨拶、第30回太宰治賞受賞者挨拶)
「親という二字」「美男子と煙草」ーー休憩ーー「犯人」「黄金風景」

入り口でもらった今日のプログラムに、過去の朗読会のリストが載っていた。第1回は久米明氏、それから毎年、多彩な顔ぶれで続けられて来た。第2回の平野啓子さんを除いて、俳優の方。田口トモロヲ、大杉漣、伊武雅刀……個性的な顔ぶれである。
*とリストを見ていて、あれ?計算が合わない、と思ったら、平成22年はなかったのか。

私がこの前聞いたのは長塚京三さんで、それは平成18年。今回と同じく、市長は清原慶子さんだったな。でも、確かその時はステージの上で、太宰治賞の授賞式があったんじゃなかったかな。松田哲夫さんを見かけた記憶もある(太宰賞は筑摩書房だからね)。
今回、ステージは幕がしまっていて、市長はその幕の前で、「太宰治が生きたまち三鷹」について語った。そして、今年の太宰賞受賞者・井鯉こまさんは、挨拶というより、財団の方が聞き手となってのインタビュー。
そして、幕が開くと……。

続きを読む "「てっ、おとうやん!」"

| | コメント (0)

2014.06.28

行けません!!

行けません!!
木曜に麹町カフェに行ったら、入り口のラックにまた「こども展」のリーフレットが。
(というか、こういうの何と呼ぶの?)
おや、絵が違うバージョン。

この時点で会期は残り4日。仕事帰りには寄れず……今日、土曜日は時間はあるけど「東京」に出ていくエネルギーがないよ。
(三鷹の太宰治朗読会に行きます。市部をウロチョロだなぁ)

| | コメント (2)

2014.06.27

菊ちゃん情報?

いま発売中の「MISS ウェディング」に先月の披露宴の写真が載ってるということで、ちょっと本屋で立ち読み。全く縁のない雑誌だから、どこにならんでるのか探しちゃった。雑誌のサイトはココ。 ←もちろん目次にある程度なので、現物を見なくては、です。

和婚のすすめ、みたいなページで、まぁ写真も載ってましたが……洋装ツーショットの菊ちゃんには ファンは心して見るように ポーズの問題かな。ま、着物でカッコよければいい、というか、舞台で素敵ならそれでOKですよねっ。

来月は松竹座にご出演。私も、他のあれこれに合わせて、昼の部だけ見ますよ。

| | コメント (0)

男の一生(“妙”ージカル)

6月21日(土)「耳のトンネル」14:00〜 於・吉祥寺シアター

FUKAIPRODUCE羽衣 10周年記念公演
プロデュース/深井順子 作・演出・音楽/糸井幸之介 出演/深井順子、日高啓介、内田慈、Sun!! 枡野浩一ほか

アカウントを取ってしばらく放置していたTwitterだけど、最近はわりと使ってるかなー。おかげで、キトラ古墳だの、國立故宮博物院だののメチャ混み展覧会の待ち時間をチェックしたり(行くためではなくて、単にウォッチャーとして)、使い道はそれなりにある。
そんなプラス面の一つが、知らなかった劇団の芝居を見に行くこと。所詮、フォローしている人は偏ってるわけで、万遍なく情報が得られるわけじゃないし、そうなったって時間はないけど、妙に評価が高くて気になる、ってのがある。筆頭はマームとジプシーかな。(私に合うかは微妙)
FUKAIPRODUCE羽衣も、そういう引力に誘われて、2回目。たまたま行きやすい吉祥寺シアターだったし、直前でも取れたので。3300円って、やはり小劇場ならでは。

出演者でわかるのは、前回、とても印象的だったプロデューサーでもある深井さんと、なぜ歌人のあなたが?な枡野さん、そしていくつかの出演作を見てる内田慈(ちか)さんくらい。

続きを読む "男の一生(“妙”ージカル)"

| | コメント (0)

2014.06.25

なかなかブログが更新できないわけ

6月25日(水)

いや、わけもへったくれもなく、あせって仕事してた、といえばそれまでで。
が、普通のPCからiPadに替えたことは意外に大きいのです。PCの時より、ブログ書こうという意欲が3割くらい減退してるかも。けっこうタイプミスも多いし。
……だんだん、慣れてくればいいなぁ……と、暖かく見守ってください。

さて、この間の私は……23日と24日〆の仕事をかかえているくせに、
6月20日(金) 世田谷文学館→歌舞伎座・夜の部
6月21日(土) 「耳のトンネル」@吉祥寺シアター
に行ったのでした。どれも大変おもしろくって、気分スッキリ、行った甲斐があったよ、でした。
その分、日曜なんか机にかじりついて、うたた寝してる余裕もない、という感じ。月曜もそうね。火事場の馬鹿力、だったから、その後にもぉぐったり。老骨に鞭うち過ぎ、ですわ。

今週は出社仕事week で、もうちょっと働きます。
で、日月と岡山に行ったら、あらら〜、はや7月じゃないの。(ーー;)


| | コメント (0)

2014.06.21

世田谷文学館へ

世田谷文学館へ
6月20日(金)

世田谷文学館「茨木のり子展」に、やっと行ってきた。
会期は6月29日まで。4月半ばからやってたのに、あいかわらずギリギリ。
文学館のある芦花公園駅って、ふだん通過してる(各停と快速しか止まらない)けど、沿線なのに、この体たらく。

平日だけど、びっくりするくらい見に来てる人が多かった。
でも、室内はしんと静かで、それぞれに彼女と向き合っている、という気がした。

落ち着いた空間に展示された数々の物たちから、茨木のり子の生涯をたどり、あらためて代表作(壁面に大きく展示されている)を読む。

ポートレート(谷川俊太郎に依頼して撮ってもらったもの)は、意思的で美しい。

ヘッドホンでは、ご自分で朗読した「わたしが一番きれいだったとき」も聞けた。
あと、韓国語の会話も(50過ぎてから韓国語を学び、韓国の詩を訳してもいる)。

もう1回行こうかしら。

茨木のり子展は文学館2階で。1階ではコレクション展「人生の岐路に立つあなたへ」が。
ぎょっとするタイトルね。時間がなくて行ってないけど、こちらは10月5日まで。

| | コメント (2)

2014.06.18

行けるかな

行けるかな
なかなか行けないのが、美術館と映画館。
ここに載せたのは、森アーツセンター「こども展」の案内チラシ(というのかなスマホくらいの大きさ)。持っていくと100円引きになります。
ずいぶん前に、半蔵門の麹町カフェでもらってたんだけど、29日までなんだよね〜。

三鷹のマリー・ローランサン展は22日までだし……。

| | コメント (2)

2014.06.17

玉置玲央くん情報

先日も、「赤鬼」で名前を挙げたばかり、劇団柿喰う客の玉置玲央(たまおき・れお)くん。なんだか急激に出演作が増えてる気がする。

今日、なんとなく惰性で朝ドラ「花子とアン」を見始めたら、出演者のところに彼の名前が とりあえず「田中」という名字だけではあるけれど、役名もありますことよ。そのシーンにはヒロインの妹・かよ役で黒木華さんが出ていて、まったく、あらら〜、でした。そういえばこの二人は、昨年末に見た「セミナー」でも共演してたっけね。
「花子とアン」は、女学校時代がよかったな、ブラックバーン校長、大好き、などと思ってるものだから、最近はちょっとテンション下がり気味でした。ここで少し盛り返す……かしら。

で、玉置くん8月は鴻上尚史作・演出の舞台@紀伊國屋ホール、9月に「多摩1キロフェス2014」@多摩中央公園水上ステージ、などというのが。予定されている。さて、実際に見に行くかどうかは別として動向を見守ろうと思ってます。

| | コメント (0)

2014.06.16

今年も♪

今年も♪
年2回、出品する公募展のうち、大きい方の入選通知が来た。
まったく、やれやれ。それ以外の何ものでもないね。

2月くらいから4月半ばまで、仕事も減らして、気持ちが暗〜くなってたけど、なんとか報われた、というところ。

でも、結果が出て、「記憶喪失」発覚。
先生に報告とお礼の電話、これは覚えてたけど、お礼を包むんだった!
いや〜、なぜか記憶から飛んでるんだわ。
電話だけですめば気楽なものよね。いかにも私らしくて笑える。

まぁ、お礼といっても微々たるものですが、次のお稽古の時にはお中元を持っていかなくちゃ……そんな時期なの。

| | コメント (4)

2014.06.15

クールな男/おしゃれな女

6月8日(日) 「クールな男とおしゃれな女ーー絵の中のよそおい」展 於・山種美術館

作成中
↑本日のもらい物

月イチ・着物着よう例会、今月は観劇ではなくて美術館へ。こういう企画でもしないと、山種には決して行けないし。とは言いながら、私は言い出しっぺでなかったらパスしているくらい、切羽詰まってたんだけどね。でもまあ、気晴らし、ですわ。
前日までの、梅雨入りと同時の大雨は少しおさまって、まずは何より。晴れろ、などと贅沢は言わないのです。おかげで、去年は全く着ていない単を、着ることができた。メンバー5人のうち1人だけ着物に挫折した人は……まさに地元・広尾にお住まいというのが、おかしい。

山種美術館はテーマがテーマなので、着物で行くと割引&プレゼントあり。上に載せた絵葉書がそのプレゼント。絵柄はいろいろで、入口で順番に渡された。あ、日本酒はそこから流れて行った居酒屋でもらったものです[E:bleah]

続きを読む "クールな男/おしゃれな女"

| | コメント (0)

2014.06.14

左近くん、初舞台おめでとう!

6月11日(水) 「六月大歌舞伎」夜の部 16:30〜 於・歌舞伎座

「蘭平物狂」三代目尾上左近 初舞台
松緑、時蔵、菊之助、團蔵、菊五郎ほか

前日にNHK「ひるまえほっと」で、左近くんの初舞台に向けての日々を追ってたので、ちょうどいいタイミングで見に行けた……のではあるけれど、何しろ近年稀なほどの仕事量で(自分が悪いの)、木・金つづけて締め切りが
左近くんはもちろん見たいし、音羽会にお願いしたチケットは7列7番だもん。こんな所を空席にはできないでしょ……と、編み出したのが、「素襖落」以下を友人に代わりに見てもらう、という苦肉の策。8番に座ってらして、花道の左近くんを「可愛いわねぇ」と言い合ってたおばあちゃまは、次の幕には別人が座ってて驚かれたことでしょう。

それはともかく。この花横席は、菊ちゃんにはめちゃ遠いのでありました まああれだけの出番だし、ここは松緑親子を

続きを読む "左近くん、初舞台おめでとう!"

| | コメント (2)

2014.06.13

野田作品を、若手演出で

6月7日(土) 17:00〜
6月13日(金) 15:00〜
「赤鬼」於・青山円形劇場

(青山円劇カウンシルファイナル)
作/野田秀樹 演出/中屋敷法仁 振付/小野寺修二 出演/黒木華(あの女)、柄本時生(とんび)、玉置玲央(水銀〈ミズカネ〉)、小野寺修二(赤鬼)//アンサンブル:竹内英明、傳川光留、寺内淳志

ついね〜、2回も見ちゃったよ。野田さん自身が演出した時(シアターコクーン)のが、とても記憶に残っているし、それを中屋敷さんがどう仕立てるのか、黒木・玉置も魅力的……。ま、土曜日は、中屋敷ファンの編集者と一緒に見に行ったんだけども。

舞台は当然、円形劇場を最大限、生かしたかたちで。円からドーナツをくり抜いて、外側と内側を組み合わせた感じ、って、全然説明になってないね。そこへ、開演前から、アンサンブルで出演の人たちが、代わる代わる、ゆったりと登場したりして。

続きを読む "野田作品を、若手演出で"

| | コメント (2)

2014.06.08

コクーン歌舞伎、開幕♪

6月6日(金)

コクーン歌舞伎、初日。
 予定が立てられず、とりあえずこの日なら大丈夫と、コクーンシートの左側を取ってた。初日とかは関係なくね。
いい席で見たくなれば後からでも取れるでしょ、どうせ戻るよね、と思ってたんだけど……。

あいにくの大雨で、お着物の方はほんのチラホラ。松也ママは貫禄あるから目立ってたな〜。

最初のあらすじ説明的な部分(刀のゆくえとか)が、ちょっとまどろっこしいというが、空回りに思えた。歌舞伎役者じゃないから?というのもあるか。日がたてばよくなりそう。

第1幕は舞台の中央に作られた池(ほんとに水が、多くはないけど入ってる)と橋をうまく使って。
やはり庚申塚の場は面白い。3人の台詞、たちまわり、ともに、すんごいスピード感!!
ここで、ヤンキーだよ、この人たち、と思ってしまった。渋谷だしね。なんかピッタリ。
ついでにいえば、和尚吉三の衣裳(大詰め近く)もヤンキーっぽかった。

そう、ヤンキー+BLが、今年のコクーン歌舞伎で私が見たもの、かも。

休憩時に下へ降りてたら、1階の後ろにいた長塚圭史さんが、外で話されてて、ああ!演出助手でしたっけ、と。

中村屋ほかの関係者も、1階の後ろでごらんになってたようで、終演後にはみなさんと一緒になっちゃいました。
前田亜季さんもいたみたい。

| | コメント (2)

2014.06.05

人のふり見て……

6月5日(木)

昨日、歌舞伎座・昼の部に行ったのに、感想を書いてる場合じゃないの。しばらくこんな調子で、行きましたメモになると思われます。

歌舞伎座は音羽会にお願いしたチケットで、4列センターの少し右寄り。真後ろからは関西弁が聞こえて、仁左さんを見にいらしたのかしら、なんて。
ところで、私の左はちょっと年上の女性2人。幕間に話し声が聞こえるんだけど、「大石最後の一日」の直後には、幸四郎をさんざんにけなしていて、高麗屋贔屓の人が近くにいたら気を悪くしてるんじゃないかと、つい心配になるほど。場所から言っても十分ありうるでしょ。たまたま前列の通路側2席は、高麗屋席だったらしく、その幕間に紀子夫人が話をしにいらしてたから余計に。
好き嫌いは個人のものだし、感想も自由だけど、言う場所は考えよう、と固く心に誓いましたわ。
幸四郎以外にも、とある昔の歌舞伎俳優のことを、ほんとに汚ないおじいさん、とか言いたい放題だったのよ〜。

その「大石最後の〜」、国立劇場で見たこと、おみのが芝雀だった、というのは覚えてたのに、肝心の大石を吉右衛門がやったみたいな気がしてた。なんでかな。芝雀で?

さて明日はシアターコクーン「三人吉三」初日。なんであんなにチケット売れてるんですか? とりあえず、コクーンシートを確保してるから、行ってきます。見たければいつでも買えるような気がしてたのになぁ。

(日生劇場「昔の日々」、もう少し値下がりしないものかしら。しかしなぜ日生??)

| | コメント (4)

2014.06.04

三軒茶屋詣で、1不戦敗

5月31日に世田谷パブリックシアター、昨日、6月3日はシアタートラム。三軒茶屋の劇場が続いた。
(そういえば5月は新国立劇場の中劇場と小劇場にも行ったんだ。)

シアタートラムは、イキウメの関数ドミノ。今までイキウメって、チケット買ってたのに急用、なんてことが一度ならず。やっと見に行けた。

でも、実はまたもや多少迷いもしたのよね。前に著書を紹介したことがある「水族館劇場」が三軒茶屋の神社の境内で公演しており、3日までだったから。
仕事の都合で日月はダメだから、イキウメの代わりに火曜に……?と。
でもまぁ初志貫徹。水族館劇場、絶対7時開演に間に合うとも限らないし(そしてたぶん満員)

初・イキウメ。イライラするほど(笑)面白かった。たぶん、ストーリー重視の私には、向いてたんだと思う。

そんなこんな。来週締め切りを2本かかえて、いよいよお尻に火がついちゃった。
でも、家にはいない(爆)。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »