« 楽しかった!大阪2泊3日 | トップページ | 松竹座は昼の部のみ見ました »

2014.07.23

上野に5時間余

(大阪の日記の前に、下書きに入ってたこちらを)

7月18日 (金)「台北 國立故宮博物院展」 於・東京国立博物館(9月15日まで)

展覧会の始まる直前にすったもんだのあった故宮展。無事に開会してみれば、2週間限定の翠玉白菜には最高で240分待ちくらいの行列が。みなさん、お疲れさまでした。
もちろん、並べない私がそこに行くはずもなく、白菜が帰ったら行列もなくなったようなので、今のうち、と行ってきたのです。
金曜日だから8時までやってるし、本格的夏休みの前だから、チャンス!とばかりにね。

……トーハクの前に、東京都美術館・毎日書道展に寄って、もう一度、自分の出品作に対面。ちゃんと表装したかたちで見るのは、ここでだけ、なので(1枚ずつ剥がして返送される。表装代金、けっこう高いよ)。作品を提出するときに、表装のための指定書を付けるんだけど、私のは料紙に2ミリの金の縁取りを指定。これ、後で上乗せ料金を取られるなー。お金の話ばかりですみません。

気を取り直して、故宮ですよ。やはりね、青花(景徳鎮窯の磁器)とか玉とか、刺繍で描かれた大きな軸など、見て美しい物にまずは目を奪われる。

でも、もちろんそのほかにも様々あるから、ほーほー、と心で思いながら。あ、珍しくオーディオガイドを借りてみたんでした。これはNHKで二夜連続で放送した番組の影響だな(谷原章介)。

そして書はやはり、ゆっくり見て行った。昔だったら素通りしてたと思うと、わかりやすい私。
対照的なのは、いわゆる文人画かな。どうもあんまり……なもので。じつは去年、台北に行った時も、すっとばした記憶が。南宋や元の掛け軸(図軸とリストには書いてある)を、あまりちゃんと見てません。

図録があれば、もっと思い出しやすいんだけど……たぶん九州展に行って入手してくる目論見があるようなので、あえて買わず。というか、ものすごく分厚いから持ち帰れないよ。

平成館をゆっくり見たあとは、金曜日だし、と本館もほぼ隈なく見てきた。今まで滅多にそんなことはしていない。昔と違って、刀剣の類も、とても面白く見たし、またノンビリ行きたいな(年間パスポートを買っちゃいました)。

|

« 楽しかった!大阪2泊3日 | トップページ | 松竹座は昼の部のみ見ました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しかった!大阪2泊3日 | トップページ | 松竹座は昼の部のみ見ました »