« 旅の記録1:ベルリン8/15〜18 | トップページ | ドイツ旅の話 »

2014.08.23

旅の記録2:フランクフルト8/18〜21

18日/テーゲル空港から1時間余でフランクフルト空港。着いたのは15時ごろ。空港が広いのはわかってたけど、それでも荷物が出てくる場所までが異様に遠く感じられて不安になるくらい。
今度のホテルはフランクフルト中央駅の近くだから、空港駅から電車に乗る。しかーし、見つけた券売機は1つ。もっとたくさん並んでるのでは?と思ったけど、とりあえずここしかわからない。同様の旅行者多数で、長蛇の列。というか、みんな難渋してる。改札がないから、ここでちゃんと買っておかないと、車内でチェックに回って来たら困る……と、あせっても、確か4.35ユーロなのにそれがなかなか出てこず、取り消して次の人に譲る。このあたり極めて日本人的よね。2回目は大丈夫だったからホッ。
フランクフルト中央駅もなんとなく雑然としてるし(cfベルリン)、ホテルはすぐわかると思ったのに遠回りするハメになるし(そばのビルでホテルのロゴが見えなかった)。なんだよぉと思いながらチェックイン。でも、部屋に入ると、マイン川が見下ろせて、たちまち機嫌がよくなる。
この日はマイン川沿いを散歩してから、夕食にアップルワインが有名というお店に行ってみる。まぁ、地元の酒場、なのかしら。そしたら、ほんとにビールがなかった! 酸味の強いアップルワインと、ザワークラウトも涙が出そうなくらい酸っぱかったけど、おいしかった。

19日/市内観光の日。まずは、ホテルの窓から見えているシュテーデル美術館へ。フェルメール「地理学者」があるのです。そのあたり一帯、川沿いに博物館・美術館が並んでいて、博物館通りになっている。ガイドブックに、共通チケットのことが出ていたからそれを購入(2日間使える。翌日はライン川下りで使えなくて残念)。市内のゲーテハウスなどにも入れるから、とてもおトク。
ベルリンの絵画館と同様、多くの宗教画を見る。それとフランス印象派なども。規模が比較的小さいので(cfベルリン)、ノンビリ見られる。両館で1点ずつ、ハタと足を止めたのが奇しくもシャルダンだったから、何か引っかかるものがあるのね〜。
とにかく川べりを歩くのが気持ちいい。遊覧船や貨物船などがしょっちゅう通るし、船をカフェに使ってたりも。
市街地に出て、レーマー広場周辺を歩く。旧市庁舎大聖堂(教会ボランティアがいて、たまたま日本人女性だったので、いろいろ教えてもらう)、ゲーテハウス歴史博物館などを見る。広場のカフェで遅いお昼のビール、サラダ、ソーセージ。今回はこんな食事ばっかりで安上がり

20日/朝7時45分、中央駅集合で、「ライン川とハイデルベルクツアー。ガイドさんとツアー客15人で、リューデスハイムまでバス。そこで少し散策した後、川下りに。10:15乗船で、左右の古城を眺めつつローレライを通り過ぎて、11:55にサンクトゴアールで下船。
迎えに来ていたバスに再び乗ってハイデルベルクへ。「アルト・ハイデルベルク」って頭には名前だけ入ってるけど、なんだっけ?という私である。街中を散策(&遅い昼食。またビールとソーセージ)した後、再集合してハイデルベルク城の見学。フランクフルト中央駅には19時前に到着。

21日/もう帰国の日。でも出発は19時20分だからゆっくりできる。とりあえず、またシュテーデル美術館に行って、ミュージアムショップでお土産を物色した。そこから川べりを散歩して、周辺のまだ行ってなかった教会などに。あと、レーマー広場で本屋や雑貨屋などを覗く。今更、フランクフルト案内の日本語版を買うなど
そして54階というマインタワーにも上ってみた。入り口のセキュリティチェックは、空港のように厳しいのだけれど、そこを過ぎてエレベーターに行くと係の人は誰もいない。2基のエレベーターもシンプルというか殺風景。エレベーターを降りてからまた階段を上ると、出ました!360度の展望台。野ざらしというか、屋根などありませんです。

のーんびり過ごして、またスーツケース引っ張って中央駅から空港へ。フランクフルト空港って、出国審査を抜けると売店やラウンジがあって、搭乗口直前にセキュリティチェック。私たちは早めに行って良かったけど、ここがすごく混雑して、そのために出発が10分遅れ  名残を惜しみつつ、ドイツにお別れしたのでした。

|

« 旅の記録1:ベルリン8/15〜18 | トップページ | ドイツ旅の話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさいませ

日記を拝見して、もしかして一人旅だったのかしら?と。
もしそうなら、本当に尊敬しちゃう。
国内ならOKだけれど、海外の一人旅はできそうもないです・・

アルトハイデルベルク・・懐かしい
小学生か中学生の頃、テレビで映画を見て夢見る乙女のような気持ちになったことを思い出しました。
女の子の名前はケイティ、そしてリンデンバウムの歌、とググってみたら記憶に間違いがなくてちょっとビックリ。
すっかり忘れていたことを思い出させてくれてありがとう

投稿: 尚花 | 2014.08.23 22:03

尚花さま
あらっ、まぎらわしかったですねー。最早「老夫婦」の域に突入で、2人合わせてナントカカントカやってるんですわ。ゆえに、文章から夫を除外しちゃってるのかも
私も今さら一人旅のエネルギーはないのですが、それどころか、海外に何歳くらいまで行けるのか、たとえば70過ぎたら無理かもね、などとちょっと不安になりつつあります。うちは年がわりと離れてるから、そうなったら「んじゃ〜、勝手に行ってきます」と言える(できる)かしら。……団体行動が苦手だから、ずっとツアーもねぇ。あぁぁ、やはり今のうち
と、思わず真剣に考えちゃったじゃありませんか
アルトハイデルベルグ。そう言われればかすかな記憶が、あるようなないような(笑)。

投稿: きびだんご | 2014.08.24 00:13

 お帰りなさ~い。
 ドイツでビールとソーセージ、おいしいですよねぇ~。
 ドイツの料理はイギリスの次にまずいなんて言いますが、私はまずいのに当たったことがほとんどありません。ドイツの伝統的な煮込み料理とか、おいしいと思いましたよ。
 在独の日本人の友達、そのドイツ人の仲間とハンブルグに行った時に、「何を食べたい?」と訊かれて、「そりゃあハンバーグ」と答えたら笑われてしまいました。私以外、誰もハンバーグは食べなかった。なぜ? それとハンブルグ名物、鰻のスープがおいしかったなぁ。
 あと、トルコ人が多い国で、トルコ人街にいくと、おいしいトルコ料理が食べられました。
 うわ~、また私も行きたくなってきちゃった~。

投稿: Cage | 2014.08.24 12:43

Cage さま
ただいま
今回は食に関してはあまり苦労しませんでした。町には教会と広場があり、その広場にはそこここにカフェ ということで、気軽においしく安く、でした。もっといろいろ食べればよかったのだけれど。でも、パンやチーズも別に有名店じゃなく街角や駅の中のも、美味しかったです。(私って旅行で苦労しないタイプ?)
Cageさんは、在独のご友人がいらっしゃって、うらやましいです。ぜひ、元気に行ける間に再訪されては! 私なんかベルリン正味2日間ですから、物たりません。列車の旅もしたいなー。

投稿: きびだんご | 2014.08.24 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅の記録1:ベルリン8/15〜18 | トップページ | ドイツ旅の話 »