« 大人計画+新感線 | トップページ | 「奇想の発見」 »

2014.08.06

またしてもアハハに終始の三谷芝居

7月30日(水)   「抜目のない未亡人」13:30〜   於・新国立劇場中劇場

原作/カルロス・ゴルドーニ  上演台本・演出/三谷幸喜  出演/大竹しのぶ、岡本健一、木村佳乃、中川晃教、高橋克実、八嶋智人、浅野和之、小野武彦、段田安則ほか

  積極的に、何が何でも見ようと思ってたわけじゃないんだけど、A席のチケットは余裕で買えたので。2階2列のセンター(ほんとに真ん中あたり)だから、席としては悪くなかった。空間のひろーい中劇場で、上にもセットが組んであったから、尚更。

  お話は歳の離れた映画監督である夫に死に別れた女優の復帰第一作を狙って、各国の映画監督たちが様々にアプローチを試みるドタバタ。彼らが泊まるベネツィアのホテル(メジャーな監督は別ホテル)のコンシェルジュ・アルレッキーノが、まさにその名の通り、道化で、八嶋さんピッタリ! 

  映画監督は岡本健一=フランス、高橋克実=スペイン、中川晃教=イギリス、段田安則=イタリアで、それぞれのお国柄を生かした……ような、演じる本人のキャラ……のような、ドンファンあり、体力派あり、内気な生まじめあり。
  浅野さんがまたねー、めちゃお年寄りの役(女優の義兄、脚本家だったかな)。相変わらず笑わせてくれますわ。まあ暑い夏の午後にぴったりの、軽いお笑いもの、というところかしら。木村佳乃は舞台で初めて見るけど、別にこの役(女優の妹。チョイ役の女優だけど演技力ナシ)は彼女でなくても、と思うんだけども。峯村リエ(女優の秘書)の存在感は好き。

と、やや満足度は低め、かな。たぶん、大竹しのぶの発声が、苦手というのもあるね。わかってて見に行ったんだからあえて言うことでもないか。

|

« 大人計画+新感線 | トップページ | 「奇想の発見」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

中川晃教くん、何故ストプレに呼ばれたのか・・
歌わない中川くんも魅力的なのかなあ。
抜群の歌唱力という武器を使えないわけですものね。
芸達者な方達に混じって、彼はどんな感じでしたか?
井上くんや浦井くんもストプレに出ているけれど、ミュージカルに出ている時の方がより輝いているように感じます。

投稿: 尚花 | 2014.08.08 22:12

尚花さま
チラシもろくに見ずに行って、まぁ出演者はわかるよね、だったんですが、このイギリス人監督は誰だっけ、でした 面目ない。
でも、ほかの3人の監督と比べると、正体不明な感じ(裏表がある役)が、誰だっけと重なってちょうどよかったです。ちょっとだけ歌を歌ったので、この人はっと思ったのでした。
私はミュージカルをたまーにしか見ないので、ストプレに出てくれると嬉しいんですが……。

投稿: きびだんご | 2014.08.08 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人計画+新感線 | トップページ | 「奇想の発見」 »