« 昭和初期の歌舞伎見物 | トップページ | たまには2等席から歌舞伎を見る »

2014.09.13

マハーバーラタ!

9月12日(金) 「マハーバーラタ 〜ナラ王の冒険〜」 19:00〜 於・神奈川芸術劇場 ホール

(SPAC・静岡県舞台芸術センター)
演出/宮城聰 台本/久保田梓美 音楽/棚川寛子 空間構成/木津潤平 出演/阿部一徳(語り)、美加理(ダマヤンティ)、大高浩一(ナラ王)ほか 演奏/寺内亜矢子、石井萠水ほか

この夏のアヴィニヨン演劇祭に公式プログラムとして招待され、メイン会場の石切場で上演された作品の「凱旋公演」。KAATでは12日のソワレ、13日のマチソワの3公演なのに、そのために劇場をすっかり作り変えて、ものすごく力の入った公演となった。内容も素晴らしかった。

石切場公演の舞台が、観客席をぐるり取り囲む円形だったために、通常のKAATの舞台側に客席を作り、周囲を円形(通路っぽい)に。我々は、通常の客席側を正面に見る。ゆえに、2階席、3階席の赤い椅子が、あたかも予め作られた装置のように目に入る。

円形の舞台といっても、かなり高い位置に見上げるように作られている。その正面手前(下)は演奏スペース。様々なパーカッションなど、演奏者がこちらに背を向けて、音を奏でる。常時8人くらいかな。演奏者の出入りはある。

演奏者も、舞台上の人たちも、衣装は基本、白。そして、日本風の着物のよう。出演者の冒頭に「語り」があるように、役者は動くのみというのが多い(身体能力が高い!)。だからといって、全く喋らないわけでもないのだけれど。ほかにも、帝釈天、火天、水天、閻魔、カルコータカという神は、ムーバーとスピーカーが完全に分かれている、など。

あ〜、言葉では伝えられないんですけども。主演の美しい姫様を演じる美加理は、もともと宮城さんのク・ナウカの女優で、解散後、公立劇場であるSPACへ。ク・ナウカ時代に、見られなかった(確かチケット買ったこともあるのに)から、やっと、ではある。
そして、彼女のさすがの存在感。圧倒的な美しさ(神からの求婚を断って、ナラ王と結婚する)、優雅さに説得力がある。言葉を発さなくても存在が王妃なんだもの。

舞台装置も音楽も、すべて含めて、夢のようにパワフルで、かつ美しい神話世界だった。こまごま演出も面白い。
ちなみに、アヴィニヨン演劇祭で作られた舞台は、一周100メートルほどで、KAATは直径にして5メートルばかり少ないそう。

↑これは、アフタートークで、宮城さんが仰ったこと。劇場のアーティスティック・スーパーバイザーとやらに就任したばかりの白井晃さんが聞き手。このお話もとても面白かった。主には、今回の演劇祭とからめて、西洋の演劇との対峙という部分。ヨーロッパの劇場は観客席から舞台を見下ろす。それに比べて、アジアの伝統的な舞台は見上げる、などなど。
もう一つは公共劇場の問題。全国的に珍しい公共劇団のある意味、など。
公共劇場のあり方に関しては、白井さんも切実らしく、「この劇場がハンパに遠い!」ことが、集客のネックであることが窺えた。神奈川の人、東京の人、それ以外の人、と挙手を求められたもの。東京の人も方が少し多かったのかな。
でも、地元らしく、お年をめした方や、小学生の姿も見えた。

お芝居が終わった時点で9時くらい。そこからのトークだから、当初は帰ろうかとも思ってた。でも、すっごく面白かったので、そのまま居残って、様々なお話が聞けて、ラッキーだった。
さらに居残りのご褒美があって、トーク後に出口に向かう私のちょっと前を行くのは菊之助 なにゆえ、ここへ、とびっくりしましたわ。出口で宮城さんと喋ってらしたから、そのまま横をすりぬけてさようなら(笑)。
えーっと、日本大通り駅に10時くらいかな。我が家に着いたのは11時45分くらいだったかと。やっぱり遠いですっ。

|

« 昭和初期の歌舞伎見物 | トップページ | たまには2等席から歌舞伎を見る »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和初期の歌舞伎見物 | トップページ | たまには2等席から歌舞伎を見る »