« マハーバーラタ! | トップページ | 新作・文楽を見る »

2014.09.15

たまには2等席から歌舞伎を見る

9月14日(日) 「秀山祭九月大歌舞伎」夜の部 16:30〜 於・歌舞伎座

「絵本太功記 尼ヶ崎閑居の場」吉右衛門(武智光秀)、染五郎(十次郎)、米吉(初菊)、歌六(真柴久吉)、東蔵(皐月)、魁春(操)ほか
「連獅子」仁左衛門、千之助、錦之助、又五郎
「御所五郎蔵」染五郎(五郎蔵)、松緑(土右衛門)、高麗蔵(逢州)、芝雀(皐月)、秀太郎(甲屋女房お松)ほか

気候のいい時期の日曜日なのに、全館貸切でごめんなさい。合計で5枚申し込めるところを4枚申し込んだら、1階18列センターブロックが来た。まぁ、どこでもいいんだけど←どの等級になるのかも抽選次第。でも、たぶん2枚くらいだったら1等だったかも。今までの例でいくと。
で、久しぶりに友人たちとの例会、と相成りました。歌舞伎座の前に、GUCCI銀座で、吉右衛門写真展を見てから。初めて足を踏み入れましたですよ、GUCCI。

演目的には夜の部はとてもバランスがいい気がする。のだけれども、私はどうも尼ヶ崎閑居、いわゆる太十ですか? これが苦手。今回もそれは払拭できないままであった。突然、久吉(実は)が「お風呂が〜」と現れるし。知らずに見てたらワケわかんないよね。
友人は染五郎・十次郎がやけにちっちゃく見えてビックリしたと言ってたけど、それは役づくりとして成功なのでは……。

ミーハーぞろいの我らは、連獅子で、もうウットリ。千之助くんも、いつの間にこんなに大きくなったんだ、という感じ。仁左衛門にぽわっとしつつも、いやもうそんなに毛振りしなくていいですから!と言いたくなるような……。
孫との連獅子はまた特別なものがあるのでしょうね。眼福でありました。
宗論も、先日、能楽堂で大蔵流狂言を見たばかりでもあり、楽しかった。

そして染五郎、松緑の「御所五郎蔵」。松緑が、スキッとシャープに土右衛門を。この二人の見た目の対比も、なかなかよいのでは、と思う。この先、それぞれの年代での五郎蔵を楽しみにしたいと思う。ただ、染五郎の声がねぇ……。時にやたら早口で、お年寄りには聞き取れないな(私がお年寄り?)と思うことも。
子分の5人は、松江、亀寿、亀鶴、廣太郎、児太郎。18列だったから、あまり馴染みのない廣太郎だけが、わからなかった(ごめんね)。つまり児太郎は認識できた おばちゃん、応援してるからね(連獅子を見ながら、福助がブンブン振り回してた鏡獅子を思い出したこともあり)。

こんな時でもないと食べない歌舞伎座のお弁当も、なかなか美味しかった(全員、同じお弁当というのも凄いよね)。
そして、ふだんの日曜だと休みで行けない銀座シノワが開いてたので、優雅な?ひと時を……って、実は観劇チケットを見せると、シャンパンサービスがあるんですのよ、奥様(笑)。気さくなソムリエ氏と相談しつつ、一番安い価格帯のワインを1本。一瞬だけ、優雅なマダムになってみました。

|

« マハーバーラタ! | トップページ | 新作・文楽を見る »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

秀山祭いらしたんですね。
私は未だにどうしようかと思案していまして・・
三階席の戻りチケを見つけて買い物かごに入れて、でも結局決済せずというのを2回やりまして
今月は歌舞伎座に行かずに終わってしまいそうな予感も

銀座シノワ、前々から行ってみたいと思っているのに行けてません。
観劇チケットでシャンパンサービス、良い情報をありがとう
歌舞伎座じゃなくても帝劇とかでもOKなのかしら?

投稿: 尚花 | 2014.09.15 21:00

尚花さま
わかるわかる、買い物かごに入れたけどやめちゃう、というの。
web松竹は、何度も関門があるから、「ほんとに買う?」「いやいや」と、なることが間々ありますもん。
ポイント稼ぎのラストチャンスだったら、買うかも、かしら。
尚花さんは、歌舞伎座よりも、日比谷近辺

銀座シノワ、実は私が店の位置を勘違いしちゃって、道路の向かい側で「迷った」と電話したら、わざわざ地下から出て、ココと手を振ってくださったんですよ。路上で手を振る黒服さん
というのはともかく、的確に美味しいワインを勧めて下さったし、渋谷店よりコンパクトで大人な雰囲気でした。
観劇チケットサービスは、歌舞伎に限らず映画以外はだったと思います。

投稿: きびだんご | 2014.09.15 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マハーバーラタ! | トップページ | 新作・文楽を見る »