« 蜷川シェイクスピアにもご無沙汰 | トップページ | 根津美術館は新創開館5周年 »

2014.10.11

勘三郎追善の舞台を見る

10月10日(金) 「十月大歌舞伎」昼の部 11:00〜 於・歌舞伎座

「新版歌祭文 野崎村」七之助(お光)、扇雀(久松)、児太郎(お染)、彌十郎(久作)ほか
「近江のお兼」扇雀 「三社祭」橋之助、獅童
「伊勢音頭恋寝刃 油屋店先 奥庭」 勘九郎(福岡貢)、七之助(お紺)、梅玉(万次郎)、玉三郎(万野)、仁左衛門(喜助)ほか

1週間前の夜の部は、友人のお母さんに売っちゃったので、たぶん今月は昼の部しか見られない。先月も夜の部だけ(1階の2等席)だったし……。3階席に座るのはさらにさらに久しぶりで新鮮な感じだった。

と思いながら「野崎村」。菊ちゃんのお光を見たのは去年の秋だったわねー。とまず思い出したのは、大騒ぎしてチケットを確保した岡山公演のことで、新宿でも見たじゃん!は後から
お光では、かなり晩年の芝カンの記憶が一番大きいかもしれない。なんでしょうね、あの可愛さ。そういえば勘九郎でも見たことある。

児太郎のお染が、思いのほかよかった気がする。なんだろう、わがままお嬢さんの陽性な声、とでも言いましょうか(七・お光との対比かもしれない) 。お光といえば、久松との祝言を控えたウキウからお染を見つけたあたり、ちょっとくどい気がした。とかなんとか、まぁ最後まで、わりと去年の菊ちゃんを思い出しつつ、ではありました。

昼の部で、一番、勘三郎を強く思い浮かべたのが「近江のお兼」だった。初めて見たのが当時の勘九郎だったから、と思う。こういうのも、よかったんだよね、と。そういう意味で、私には追善らしかったんだなー。
三社祭もなかなかいいんじゃない?と思って見てたのに、善玉悪玉あたりから記憶が…… すみません。

伊勢音頭も途中がちょっとハッキリしませんわ。ダメじゃん、自分。
梅玉さん出演という認識がなかったので、びっくりした。あとはやっぱり仁左・玉かしらん。沸いてましたね。って勘九郎の貢は 3階7列からはやはり遠くて……。
名古屋の顔見世、夜の部で菊之助がこの貢をやってるんだよね。見たかったけど、諦めました。

|

« 蜷川シェイクスピアにもご無沙汰 | トップページ | 根津美術館は新創開館5周年 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

昼の部、今日観てきました。

七之助くん、お光ちゃんの健気さが良く出ていたように思いました。
菊ちゃんのお光ちゃんより好きかも
このところ七之助くん株が急上昇です

児太郎くんの成長ぶりに目を見張りました。
沢山台詞のあるお役をしっかり勤めていましたよね。
若手が伸びていく様を観るのは嬉しいものです

それに引きかえベテランにハラハラ。
玉さまの滑舌の悪さというか時折台詞がしどろもどろになったり・・大丈夫なのかしらと心配に

投稿: 尚花 | 2014.10.12 20:48

尚花さま
菊之助・お光を岡山で見たとき、2階とはいえけっこう近かったので、やはり3階7列じゃあ遠いな、と、まずそれで若干なりました。
菊ちゃんに限らず、30代後半からしばらく、いろいろ大変な時期(外見ではしのげない)になるんでしょうか。でも、そこから、ですよね、きっと。
児太郎くん、やはり急速に進歩してますよね 先月の御所五郎蔵もよかったけど。

玉三郎の万野は、ちょっと異質な雰囲気に感じられました。やっぱり鰯売が見たくなる〜。

投稿: きびだんご | 2014.10.12 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蜷川シェイクスピアにもご無沙汰 | トップページ | 根津美術館は新創開館5周年 »