« 府中で小山田二郎に出会う | トップページ | 三鷹へようこそ、樫本大進さん »

2015.01.18

能楽堂以外で、能を見る

1月17日(土) 「能・狂言」朝の部 10:00〜 於・府中の森芸術劇場 ふるさとホール

(府中市制施行60周年記念)
解説(天狗のはなし) ・林望
狂言「鈍太郎」萬斎(鈍太郎)、深田博治(下京の女)、高野和憲(上京の女)
能「大会(だいえ)」シテ・観世喜正、ツレ・鈴木啓吾、ワキ・殿田謙吉、アイ・中村修一/大鼓・佃良勝、小鼓・観世新九郎、太鼓・観世元伯、笛・一噌庸二
質問コーナー・中森貫太

毎年、府中の森芸術劇場では、中森貫太さんが中心になってお能を上演している。狂言はいつも万作家、かな(気にはしてるけど今まで行ってなかった)。能楽堂以外で見るのは、三鷹市公会堂の東西狂言会いらい。こちらも最近は(茂山家の重鎮が亡くなられて)ご無沙汰してる。
ちなみに昼の部(14:00〜)では、鈍太郎に万作さん、大会のシテは中森さんなど、配役が少し変わる。いずれにしても、万作家、観世九皐会ということで、私にとっては馴染みがある人たちでした。

解説のリンボー先生は、狂言「鈍太郎」の大まかな紹介(語句も少し)。天狗のお話では、いろいろ資料を読みながらで(十訓抄とか)、お勉強コーナーふう。というか、この時、ここで真剣に聞き過ぎたら、お能で寝ちゃうよ、と思ったりもした。いや、そういうことはよくあるんで。

「大会」は全く初めてだし、解説はありがたかったよ〜。パンフレットには、詞章もちゃんと載ってた。

「鈍太郎」は、昔は夫が3年消息不明なら別れられる、というのが前提で、との解説あり。「砧」もそうなんでしたっけね。で、鈍太郎が単身赴任から帰ってみると、女房も、親しい上京の女も、入れてくれないので……。
あはは、ではあるけれども、なんだかなー、いい気なもんだよ男は、とも思っちゃう。若くて美しい上京の女にはゾッコンで、子供がいる古女房の扱いといったら なので、これに関しては、昔から女が強かったというリンボー説には反対

「大会」は、「浦島太郎」のように、子供に殺されそうになっていた鷲を僧が助ける。そこへ山伏(実は天狗)が現れて、お礼に望みはなんでも叶えようと言う。僧の望みはただひとつ、釈迦の霊鷲山(りょうじゅせん)での説法の光景をひと目拝みたいということ。聞き入れられるが、決して拝んではいけないと言われる。しかーし、そこはそれ、あまりの有難さについ拝んじゃって、帝釈天がすっとんでくる(仏法を天狗ごときが!とばれて)。んで、天狗はやられちゃうのである。むむ、なんとなく親しみやすい。
そして、普通は天狗の面のままだそうだけれど、シテは金ぴかのお釈迦さまの面で現れて、その後、天狗に、という二段構えのスペシャル・バージョンだったらしい。
お囃子もよかった。特に後場の笛がいいな〜、と。

質問コーナーも、拍手のこと、大鼓のことなど、ほうほう、という質問ばかり。そして中森さんって、なんだか立て板に水と言いますか、喋り慣れてて分かりやすいお話で、それにも感心したのでした。
近くでお能があるから行ってみるか、という入門編にはピッタリ。地域のホールならでは、ですわね。

|

« 府中で小山田二郎に出会う | トップページ | 三鷹へようこそ、樫本大進さん »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

「大会」って面白いですよね!
私は以前、六郎オジサンで、ご本人の解説付きで見たことがあるんですが、金ぴかのお釈迦様が、実は化けてるって設定なので、よく見るとちょっといかがわしい?偽物っぽい?雰囲気の面になってるとか。そんな感じしました?その時は事前にその話を聞いちゃったので、なんとなくそんな風に見えなくもない?気分になっちゃったんですが。
それと、面を重ねてつけるので、運が悪いと途中でそれがずれてしまい、前が見えなくなって、しばらく暗闇の中で舞わなくてはならないという話も聞きましたが、そう聞くと、そういう状況にならないか期待しちゃう私は、ぜひもう一度(誰でもいいから)このだいえを見たいなーと、国立能楽堂のラインナップに期待して待ってるところですー
でも、能楽師にとってどちらかといえば慣れていないホールでそんな事態に陥ったら…となると、ホールでこれを出した勇気に拍手(爆)

投稿: 猫並 | 2015.01.19 08:10

猫並さま
お釈迦さまの金ぴかの面、そうなんですよ、ちょっと「なんじゃこれ」でした。ニマニマしてるふうで、俗物っぽかったかも。やっぱり、お能であんなのが出てくるなんて思ってもみなかったから、でしょうか。
事前の解説で、スペシャル演出お楽しみに、と言われてたのに、見終わったらそんなことすっかり忘れてました。質問コーナーで聞いてくれた人に感謝です。釈迦の面から天狗の面に変わるとき、装束も変わるんですが、「引き抜きをやっちゃうと歌舞伎になりますからね、それはしません」などとおっしゃってました。
前夜が能楽堂でしたから、ほんとホールだと勝手が違うだろうな、と思ったんですよ。帝釈天もあっという間に到着(笑)。

投稿: きびだんご | 2015.01.19 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 府中で小山田二郎に出会う | トップページ | 三鷹へようこそ、樫本大進さん »