« さあオランダへ、行きますか | トップページ | 菊之助トークを90分 »

2015.01.14

年末年始テレビ話

1月14日(水)

年末年始、それほど仕事に追われなかったので、わりとテレビも見た、気がする。といっても、バラエティはほぼ見ないし、ドラマもあまり……なので、限られてはいるんだけど。
で、思いつくまま、記憶に残ったものを。

紅白歌合戦
例年、ほぼ見ないんだけど、今回はなんとなーく適当に回して、気がむいたときに。で、サザンオールスターズ、美輪明宏、中島みゆき、中森明菜、松田聖子は見た。
サザンは、「ピースとハイライト」「東京VICTORY」どちらも知らない曲で、「ピースとハイライト」では、あらま、やるじゃん、みたいに思ってた。でも、それと「東京VICTORY」を合わせたところに、ちょっと抵抗を感じてしまった。あざとさ、かな。ちゃんと聞いて考えればまた別だったかも知れないけど、なんか拒否しちゃったのよね。
中島みゆきと美輪明宏は、双方、異次元の巫女ふうなイメージで。「花子とアン」は途中ですっかり挫折したものの、「愛の讃歌」が流れた回は、情報を得て見ることができたのでした。
明菜ねー。その後SONGSでもやってたけど、話題性以外にあまり意味を感じなかった。聖子はお顔つやつや、妙に眉が目立ってませんか、などと思いつつ

ドキュメンタリー「五輪の名花 チャスラフスカ」(映画)
1月2日の朝9時から、この番組を放映するとはNHK(BS)もやるんじゃないの? なーんて。リアルタイムじゃなくて録画してたのをやっと見てるだけですが。
東京オリンピックの彼女は、輝くばかりに美しい。けれども、プラハの春からの苦難、そしてベルベット革命後の要職、公的にも家庭においても様々な苦難を経て、今の彼女もとても美しい。心からそう思う。これ永久保存版にしよう。
途中、ソ連軍の侵攻シーンでは、映画「プラハ!」での戦車も、思い出した。
2018年は、プラハの春50年! というわけで、その年にプラハ再訪を目論んでみたりして。先の目標があるのはいいことだ

ドラマ「オリエント急行殺人事件」
二夜連続で。三谷版ポワロは萬斎さん。お名前は、勝呂武尊(すぐろ たける)ですか。原作は読んだことあるし、映画も(テレビで)見た記憶はあるんだけど、でもイメージとして定着してるのはNHK海外ドラマシリーズのポワロかな。
なので、最初のうち萬斎ポワロに馴染めず、あやうく挫折するところだった。どちらかというと、第2夜の乗客それぞれ編の方を気楽に見たかも。フジテレビ開局55年記念とかで、出演者も豪華で、草笛光子、富司純子らの取っ替え引っ替えファッションも見どころでしたかね。黒木華ちゃん、ちょっとしか出ないのに、あの白いエプロン姿は記憶に残る。彼女、女中だの小間使いだのが妙に似合うのね。
これ録画はしていなくて(ハードディスクが一杯!)、でも再放送もいずれあるだろうから、それまでに原作が読み直せてたらいいなー。

他には、あれ?何を見たっけ。元日早々の「相棒」か。
駅伝もちょこっとは見たけど、ほんとに「感動どうぞ」的なアナウンサーには辟易した。へそ曲がりなものでして。この時期に駅伝って、大学のPRには最高よね。うちは家族が誰も出場大学には無関係だから、特に思い入れもないな。まぁ、夫は転職してからは関係あるので昔よりは順位を気にしてるかも、だけど。
路線バスの旅(太川、蛭子ほか)、もともと見るものがなくて困った時のテレビ東京視聴だったけど、面白く見てる。年末の再放送(野村真美がゲスト)も新年のマルシアのも、「あら、やってる」というところから最後まで。
あ、三谷幸喜といえば、人形劇のシャーロックホームズもだんだん見慣れてきた。あれ、声の出演者がほんとに豪華で、それも楽しみの一つ。

|

« さあオランダへ、行きますか | トップページ | 菊之助トークを90分 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さあオランダへ、行きますか | トップページ | 菊之助トークを90分 »