« 能楽堂以外で、能を見る | トップページ | こってり歌舞伎を楽しむ »

2015.01.19

三鷹へようこそ、樫本大進さん

1月18日(日) 「樫本大進&エリック・ル・サージュ デュオ リサイタル」15:00〜 三鷹市芸術文化センター 風のホール

フォーレ「ヴァイオリン・ソナタ第1番イ短調op.13」
プーランク「ヴァイオリン・ソナタ」
ーーー休憩ーーー
フォーレ「ロマンス変ロ長調op.28」
フランク「ヴァイオリン・ソナタイ長調」
アンコール:フォーレ「初見視奏曲」「子守唄」

樫本大進さんは、ベルリン・フィルの第1コンサートマスター。あれ?2010年に就任とプロフィールに書いてある。もうそんなになるのか。今回、初めて聴いた。いや、ちょうど三鷹に来てくれたから、ホイホイとチケット買ったのですわ。
で、その後、気がついたら、デュオでの日本公演は、1月10日から22日まで11カ所で行われるものでした。東京近辺では、サントリーホール、東京芸術劇場、みなとみらいホールと、ここ三鷹だから、コンパクトな会場は三鷹だけではないかしら。ラッキー! たぶんチケット代も最初から安いはずだし、そこに会員割引+ポイント使用もしちゃう私。

前日の府中のお能もそうだけれど、地元のホールが頑張ってくれるのは嬉しい(どちらも、まあ準地元ですから)。ほんとの地元・調布は今イチなのがなんとも……

さて、コンサートは「オール・フレンチ・プログラム」。ピアノのエリック・ル・サージュは今まで何回か三鷹に来てるんだけど(レ・ヴァン・フランセなどで)、聞いてなかった。勿体なかったなー。というくらい、彼のピアノにもすごく魅了された。そう、デュオのリサイタルなのよね 正直、樫本さんは有名だから聞いてみよ、というくらいだったのにね。

その樫本さん、いや〜、甘いというか優しい音が「歌ってます」という感じがしたな。ずっと聞いていたくなる。テクニックとかすごいんでしょうけど、そんなのは感じさせなくて、うん、歌ってたよ。

休日に都心まで出なくても、こんな素敵なコンサートを楽しめるなんて、ほんとラッキー。いい一日でした

|

« 能楽堂以外で、能を見る | トップページ | こってり歌舞伎を楽しむ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 能楽堂以外で、能を見る | トップページ | こってり歌舞伎を楽しむ »