« 美術館映画その2 | トップページ | またしてもコバケン指揮で »

2015.03.06

再演! 萬斎・藪原検校

3月4日(水)   「藪原検校」 13:30〜  於・世田谷パブリックシアター

作/井上ひさし  演出/栗山民也  音楽/井上滋  美術/松井るみ  出演/野村萬斎、中越典子、山西惇、大鷹明良、酒向芳、辻萬長ほか//ギター奏者・千葉伸彦

  2012年、「井上ひさし生誕77フェスティバル」の中で上演されてから(そういえばチケット集めて記念品=チケットケースをもらったんでした)、二度目となる萬斎さんの藪原検校。
しかーし、今回はキャストが大幅に入れ替わっての上演で、あら浅野和之さんは? 小日向さんに秋山菜津子さん、熊谷真実さん、山内圭哉さんは?……という感じで、正直、見にいくのどうしようかな、と思ってた。だからチケットも買ってなかった。安くなるはず、と読んだからでもある。

  が、この3月4日にアフタートークが企画されて(一般発売日よりも後に)、メインキャストが登壇するとあっては、やはり行かねば、と。でもちょっとケチってA席=3階(1列センター)を、こまつ座のチケットサイトで購入。公演日が近くなってからはA席の定価よりもS席が安く出たりしてちょっとガックリ来たけど、でも3階から見るのは思った以上に楽しかった。

  いざ開演! 劇場内がほんとに真っ暗になった瞬間、初演舞台をありありと思い出した。←実は2回?見てる(3回かも)。あの始まり方はほんとに秀逸だと思う。ただ、けっこう長いと感じる闇の世界(盲人の世界?)に浸るには、前回は近くの話し声が、今回は1階席にぼーっと浮かぶスマホ画面の明かりが、少し邪魔をしてたなぁ。

キャストが替わって個性的な役者さんが少なくなった分、アンサンブルに重きを置いてるようにも思えた。とはいえ、やっぱり前回は浅野さん、今回は山西さんの演じる盲太夫=語り手の重要性は大きいわけで……全くタイプの違う盲太夫が、とてもよかった。見た目同様、少しゴツゴツした感じがね。

あと、杉の市の母親にしても、お市にしても、濃さが3割くらいは減ってる感じではあるけれど、まあそれはそれで、バランスは悪くない、かも。そう、とにかく(のちの二代目藪原検校)杉の市の存在が、より強さを増すという意味ではね。全く、萬斎さんってば稀代の悪人を楽しげに演じることよ!
ただ、やっぱり熊谷真実の母親役はよかったな、と改めて思う。絶命するときの歌はどうしても彼女の声がよみがえる。声の印象もあるだろうか。今回の明星さんがどうこうというのでなく……それで思うのは、辻萬長さんの役は前に小日向さんだったけど、冒頭の魚売り(杉の市の父)のいかがわしい小物感とか、塙保己市の底の知れなさとか、少し萬長さんのニンではない気がする。

(ここで唐突に思い出した。もっと前に古田新太で見たときの田中裕子はエロティックだったな。秋山菜津子、中越典子ともに、そんな感じじゃないのは、栗山演出だからか)

……などなど書いていたら、また見たくなっちゃったよ。あはは〜。

*過去の日記を探したら、初演は3回見てました。2回かと思ってた。そして上からも見てたんだ。

|

« 美術館映画その2 | トップページ | またしてもコバケン指揮で »

演劇」カテゴリの記事

コメント

どーもどーも、コーヒーごちそうさまでした
保己市、バンチョーさんだとシンプルな善人でしたね。そうなると杉の市もシンプルな悪いヤツで、善悪がわかりやすく淡白だった気がします
杉の市が可愛いとは思えても、公に支持できない感じ
保己市に、正直で正当で合理的だからこそイヤな印象があるともっと恐ろしいですよねー

投稿: 猫並 | 2015.03.06 22:28

猫並さま
あはは、期限内に使えてよかったです。でもSePTの会員サービスは、コーヒーチケットじゃなくて三鷹みたいにポイントにして、もっと安くお芝居のチケットを買えるといいのに。

そう 保己市がシンプルな善人だから、萬斎・藪原検校があんなに楽しげな悪人だったんですね。前回こんなにだったかな?でしたもの。ガッテンしちゃった。でも、こまつ座といえば萬長さんだから、この配役だったんでしょうか。

投稿: きびだんご | 2015.03.07 09:44

 私は今回初めて『藪原検校』を観ました。
 杉の市が常磐道を通って日本橋にやってくる。その日本橋の風景と喧騒の描写が「いいなぁ」と思いました。シンプルなセットを通して、頭の中で江戸時代の日本橋の様子が浮かんできました。

投稿: ケイジ | 2015.03.07 13:19

ケイジさま
いや〜、三谷芝居以外はあまりカブらないと思ってるので、油断しましたw
そうそう、日本橋 ケイジさんの散歩コース? 庭 杉の市が東北から旅をしてきて(盲太夫泣かせの地名の羅列)、辿り着いた日本橋の賑やかさを、あの声の重なりなどで表現するのって、秀逸だと思います。ああいうシーンに出会うととても嬉しいです。
ところで、やっぱりもう一度見ることにしました 次があるかはわからないし。

投稿: きびだんご | 2015.03.07 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美術館映画その2 | トップページ | またしてもコバケン指揮で »