« スーパー歌舞伎な喜劇を見る | トップページ | 染五郎の松王丸! »

2015.03.18

藪原検校、ふたたび

3月18日(水)  「藪原検校」  13:30〜   於・世田谷パブリックシアター

  2週間ぶりに再見。今回は1階B列左端から。初演、再演を合わせて5回見たうち、1階の左側からは初めてになる。一番舞台に近いし。こまつ座のサイトでこれを見つけたから買っちゃったのよねー。どこでもよければ、もっと安く入手してますっ(断言)。

席に向かってる時に、会場係の人が白杖の男性をエスコートしていて、「A列の9番ですね」と言ってたから、「あら私の前の席」  劇場で目の不自由な人と一緒になるのは初めてじゃないけど、演目がこれですからね、しょうじき最初はちょっと気になった。……けどすぐに忘れました。

それはともかく。やはり、近くで見ると、上からではよくわかってなかった細部も見えて、楽しかった(もちろん逆に見えづらい部分もあるんだけれど、とにかく近くから見るのが主眼だから)。そして、さらに一層、山西惇・盲太夫に聞き惚れた。それと、杉の市の師匠である琴の市などを演じた春海四方の細かい芝居とかもね。
いっぽう、売り物(?)である早物語は、意外にも少し舞台から離れて見た方が楽しいかも、と。しかしやりたい放題ですな、萬斎・杉の市。発声や体の動きなど、狂言で培ったものをフルに発揮してるよ。

大鷹明良もいろんな役(役名が書いてあるにだけで7つある)に大活躍。パンフレットによると、前回公演では8キロ痩せちゃったとか。結解(けっけ)や松平定信の役が特に印象的。

今日の公演が終わって、残り2ステージ。完走も間近ですね。最後まで皆さん怪我なく、頑張ってください。そしてちょうど1週間後には、今度は萬斎さんの狂言を見る予定  まったく走り続けてるわね、萬斎さん。

 

|

« スーパー歌舞伎な喜劇を見る | トップページ | 染五郎の松王丸! »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパー歌舞伎な喜劇を見る | トップページ | 染五郎の松王丸! »